無料ブログはココログ

2018年5月20日 (日)

忘備録(今更・・・)

5月も下旬だというのに、大型連休の話題。しかも4月のこと・・・。

お金はないけど、どこかに出掛ける気力と時間だけはある中年夫婦。思い立って上京することにした。

移動手段は当然、乗り慣れている高速バス。けっして率先して高速バスに搭乗したいわけじゃないけれど、経済的理由が主な理由・・・。
Img_0069
青森と東京を結ぶ高速バスはいろいろな会社が乗り入れているけれど、チョイスしたバスは〝安定〟の弘●バス。

Img_0072_4

しかも昼便。青森を朝に発って、上野に夕方到着するから、深夜バスと違って車窓から景色が楽しめる。
Img_0068
やはり地元のバス会社はイイ。乗務員にも平気で津軽弁で話しかけられる(笑)他社のバスに囲まれてもマイペース~♬

Img_0074
途中、『紫波SA』(岩手県)、『国見SA』(福島県)、『佐野SA』(栃木県)に停車。

Img_0071
Img_0073
Img_0075

サービスエリアに降りる毎に、地元の物産を物色する奥さん。「往路なのにお土産を増やすのかよぉ・・・」とくぎを刺しながら、どうにか買い物をさせない私。

それでも、ただでは起き上がらない奥さん。「じゃ、アレ買って!アレなら荷物にならないっ」

Img_0076

栃木県に立ち寄った記念というこで納得することにしよう・・・。

昼食として食べた山菜蕎麦も美味でした。

Img_0070
なんだかんだ言いながらも、高速バスの楽しみを堪能した卯月の大型連休bus

2018年5月17日 (木)

ローラ、安らかに

仕事中にスマートフォンにニュースが届いた。『西城秀樹さん死去』の報だった。

若い世代には感心が薄いニュースかもしれないけれど、私が10~20代にかけて男性アイドル歌手の最前線を走っていたスターの一人だ。

”情熱の嵐”、”ヤングマン”、”傷だらけのローラ”、”ギャランドゥ”・・・。全て知ってるし、全て歌える・・・。

若くして脳梗塞を患ったことは知っていた。しかも2度も・・・。リハビリを続けながら活動をしていたことは周知のとおり・・・。

きっと耳に届いているだろうけれど、亡くなったことを奥さんにメールした。我ながら「暇な私だ・・・」と思ったけれど、奥さんが若い頃、大ファンだったから。

奥さんの返信は冷静に思われたけれど、きっとガックリきてるんだろうなぁ・・・。

俺も1年半前に脳梗塞を患った身・・・。彼と同類と言うにはおこがましすぎるけれど、彼の生きざまを忘れず、健康に留意しながら暮らしていくことにしよっ。

Photo
奥さんに成り代わって、在りし日の雄姿に感謝する五月の夜shadow

2018年4月27日 (金)

来る者は、やはり去っていく。例年よりも長い冬が去り、ズーと待ちわびていた春は駆け足で津軽を北上していった。

Dsc03981
この桜に会えるのも1年先かぁ。毎年のことだけれど、散り際はやっぱり切ない・・・。

Dsc03987
1年後はどんな暮らしを送っているのやら・・・。この老木のように、生き生きと花を咲かせていたいものだけれど・・・。

Dsc03996
桜たちのように華々しくライトアップされなくてもいいから、確実に歩いていこーっと。

Dsc04012
加齢のせいだとは思いたくないけれど、今年の桜はいつにもまして綺麗だったと感じた卯月の晩cherryblossom

2018年4月24日 (火)

100周年の桜

仕事が一段落しかけていたので、日曜日も6時に飛び起きた。気合充実の証し、というよりは遠足が待ち遠しい小学生レベルの私・・・。

すると朝7時に長女から「お花見に行かないの?」と電話が来たので、渡りに船とばかりに「行ぐー。準備しとけー」と返事。

以心伝心というか、やっぱり娘は父親の気持ちをよーく理解しているものだ。まっ、よくよく考えれば、運転手と飲食代付きでお花見にいけるのだから、長女にとって私はカモなのだろう・・・。

今年で100周年を迎えた『弘前さくらまつり』。今も昔も人出は凄っ。明らかに地元の人、県外客、そして外国人、特に最近はアジア系が年々増加傾向のようだ。50年前は大半が地元の人ばっかりだったのに、世の中も変わったものだ。

Img_0030
例年に比べて5日ほど早咲きだけれど、公園内は満開直前のちょうどいい具合。

Img_0048
弘前さくらまつりと言えば、昔からサーカスとお化け屋敷。特にお化け屋敷は、津軽の子供の殆どが大人になるためにくぐり抜けなければならない鬼門だ。

Img_0032
私は頭がキーンとなるから食べられないけれど、暑くても寒くてもアイスクリーム屋さんはいつも大人気だ。Img_0018
大道芸も今はさまざま。昔ながらのサルまわしの周りは人の輪。

Img_0003
津軽三味線のストリートミュージシャン。その場に停まって、暫く聞き入った

Img_0004
ステージ上では、津軽民謡が連日の賑わいだ。一日中、聞いていても飽きないかも・・・。

Img_0034
そして、花より●●●。

Img_0006
インスタ映えを狙って、今年のおにぎりは特大。

Img_0008
運転手だから、もちろんノンアルコールぅ・・・。

Img_0015
肝心の花は・・・、満開前だったけれど、やっぱり綺麗でしたぁ~。

Img_0050
Img_0047
Img_0038
Img_0042
いろいろとコキ使われたけれど、まっ、みんな喜んでくれたからいいや。

Img_0044
誘ってくれた長女に感謝しつつ、100年目の薄紅色を堪能した卯月の日曜日cherryblossom

«思ってたんとちがう