無料ブログはココログ

2018年6月17日 (日)

かぶり物

津軽半島の北部にある中泊町。ちょくちょく訪れる町だけれど、今日は目的を持って出掛けてきた。

日本海側に面した町なので、『ウスメバル』という魚を使った料理で町おこしに取り組んでいるのだけれど、3年ほど前にご当地グルメとしてデビューした『中泊メバル膳』に続き、津軽海峡メバルを使用した創作メニューを新たに10種類考案し、グランプリを決めようというイベントだった。

1
メニューは以下の10種類。お金と胃袋に余裕のある立場だっから、できるだけ多くのメニューを食べたいところだけど・・・。

2
メバルが格段に大好きというわけではなかったけれど、友達から「是非、来てねー」というお誘いがあったので、奥さんを従えて(奥さんの機嫌をとるために)やってきた。

Img_0004
着いた時刻が昼過ぎだったこともあり、残念ながら料理は殆どが売り切れ・・・。

どうにか食べられたのは、『中泊メバルのフライカレーうどん』。

Img_0008
カレーうどんの上にチーズを乗っけてバーナーで炙り、メバルのフライを乗っけたという、見たまんまの食レポしかできませんが、美味しかったです。

そうしてるうちに、「是非、来てねー」とお誘いを受けた知人が席に近づいてきた。

知人「ひさしぶりー。ようこそー」

私「ちゃんと、来たからね」

久しぶりの再会を祝して、なぜか記念写真。

Img_0006
それにしても、かぶり物が似合う~(笑)。

奥さん「友達って、あの人なの?」

私「そそっ、今は町長になっちゃった」

奥さん「エー、町長があのかぶり物・・・」

小銭でしか応援できない私だけれど、過疎化に歯止めをかけようと奮闘する姿勢にこれからもエールを送ろうと思った水無月の日曜日fish

2018年6月13日 (水)

通い慣れた道

もう10日ほど以前の話だけれど、忘備録のつもりなので悪しからず・・・。

その日は、朝から高速道路を南下した。

Img_0158
30分強ほど運転して、目的地に着いた。

Img_0195
そそっ、ここは通い慣れた高原のラグビー場だった。

気になっていた高校総体の試合観戦のためだった。

Img_0164
今となっては、次男の後輩達といっても、知っている子は殆ど皆無。

にもかかわらず駆け付けたのは、純粋に高校生の試合を楽しみたかったから。

応援の幟旗が懐かしい・・・。

Img_0170

そして、応援の父兄の皆さん、ご苦労さま~。

Img_0189
試合は、もちろん楽しい~。

Img_0176
Img_0173
Img_0178
後輩達は無事に勝利。翌日の決勝戦も勝利して優勝。おめでとうー。

Img_0181
次男がプレイしているわけではないので、超~お気楽に観戦させていただきましたー。

Img_0185
純粋にラグビーを楽しめるのはいいものだと再確認した水無月の土曜日t-shirt

2018年6月 3日 (日)

ブルー スカイ ブルー

土曜日の朝、家の掃除をさっさと片付けて、道の駅に出掛けることになった。

奥さんが「山菜を買いに行きたい」と催促したからだった。

山菜かぁ、悪くないな。俺も食べたいしぃ・・・ということで早速、家を発った。

愛車のBGMにはお気に入りの『竹内まりあ』のCDをセットしてあったので、快調にスタートしたら、奥さんが突然、「こっちにして」と言い出した。

奥さんが手にしていたのは『西城秀樹』のCD。先日、プレゼントしたものだ。

うっ。そうきたかぁ・・・。しょうがない・・・。

Img_0154
車内に流れる曲がすべて懐かしい。

数曲聞いていたら、道の駅に着いた。

無事に山菜をゲットして岐路についた。

当然、岐路の車内も西城秀樹の残りの曲。まっ、しょうがない・・・(笑)。

Img_0155
この青空に免じて、今日は秀樹ワンマンショーで納得することにした水無月の土曜日sun(※文中の敬称略)

2018年6月 2日 (土)

ボーっと生きてんじゃねーよ

連日のように暑い、暑いを連発しているうちに、いつの間にか6月に突入した。

Img_0103_2
よくよく考えたら、平成最後の6月らしい。

そのことを考えたら、一日一日を大切に生きようと思い立った。

けれども、結局のところ、昨日も仕事に追われるようにして一日が過ぎ去った。

きっと、平成最後の6月もこんな毎日の繰り返しで過ぎていくんだろうなぁ。

まぁいいや、来週から忙しくなるし、土日はボーとして過ごそっ。

躊躇することなく、いつもの自分に戻れる水無月の朝golf

2018年5月31日 (木)

「子」偏に「系」

5月27日は我が家の次男と、長男の次女の誕生日。それぞれおめでとうー♬

そして、この日は長男の長女(小2)と、長女の長男(小5)の運動会でもあった。分かりやすく言えば「子」偏に「系」の運動会だ。

いずれも近所に住んではいるのだけれど、ちょっとだけ学区が違うので、2校の運動会に行かなければならない日。奥さんはワクワクだけど、私は朝から疲労気味・・・。

〝絶好〟といべきか、〝生憎〟というべきか、朝から五月晴れ。しかも快晴。応援に行かないわけにはいかないらしい・・・。

Img_0107
最初は小5様の小学校へ。

4位じゃ駄目なんですかぁ?いいえ、4位でも一生懸命走れば立派なものデス。

Img_0073
徒競走を見終えると、すぐに小2様の小学校へ。

あぁ、間に合ったぁ・・・。あの子にしては立派な走りっぷりだ。

Img_0117
小学校の運動会は、やっぱりイイ。地域にとっては、年に一度の一大イベントだから、子供や孫が在学していなくても、ジジババが集まって来る。子供よりもジジババの数の方が多い気がする。あまり大きな声でジジババと言える立場じゃないけど・・・。

Img_0113
Img_0077
Img_0128
Img_0082_2
2校を移動しているうちに、いつしかお昼ごはんタイム。再び、小5様が通う小学校に移動。今日は長女が作った手料理のお世話になろっ・・・。

Img_0129
午後の競技種目も順調に進み、いよいよプログラム最後はクラス対抗リレー。全く縁のない子供達が走っているのだけど、やっぱり身体が熱くなる。

Img_0140
Img_0130
Img_0135
2校をハシゴして、クタクタで帰宅した頃にはすっかり日焼けしていた皐月の日曜日run

2018年5月30日 (水)

やめろと言われても~♬

歌手・西城秀樹氏が逝ってから半月ほどが経過しただろうか。

多くのファンに見守られて、お通夜や告別式が執り行われたという報道は私も見聞きしていた。

西城秀樹氏のファンだった奥さんは、逝去が報じられてからというもの、連日のようにニュースに耳を傾けては、若き日の雄姿を思い出しているようだった。

せめて、少しぐらいは慰めてやるかぁ・・・と思い立ち、こっそりとインターネットでCDを注文しておいた。

沢山のレコードを所持しているのは知っていたけれど、CDを持っていないため、時々は車中でも聞けるようにとの、優しい、優しい、旦那心(誰も言わないから自分で言うっ!)。

ところが、インターネット上では売り切れ続出。ようやく注文できたものの、今月中に発送できるかどうか・・・という品薄状態。

まっ、レコード屋さんに出向いて探しても同じ状況だろうと考え、キャンセルすることなく注文を継続していた。

忘れかけていたそのCDが、今日になって配達されていた。

Img_0001
中身のことを知らない奥さんは「また何か注文したの?」

私「うん、まぁな」

奥さん「ちゃんと自分で払ってよ」

私「お、おぉ」

言われなくても、そうするつもりなんですけどぉ・・・。

ジャーン!

Img_0002
ちょっとだけ見直してもらった五月の夜cd

2018年5月27日 (日)

忘備録(はやて編)

特に行きたい所があったわけじゃなければ、ココを観ておきたいという場所もあったわけじゃない、今回のプチ家出。

2泊3日の時間はあっという間に過ぎて、早くも津軽へ戻る段階になった。

東京を後にするのは後ろ髪をひかれる思いだけれど、往路の高速バスとは異なり、岐路は新幹線~♬

Img_0092
早くて、安全安心。これで電車賃が安かったら何も文句のつけようがない移動手段だ。

Img_0091
東京を発って、4時間ほど乗ったら、そこは見慣れた津軽。もうちょっと乗っていたいような、早く家に着きたいような・・・。

無事、新青森駅に着いたら、駅に飾ってあるネブタの面がいつものようにお出迎えしてくれた。

Img_0095
「遊んできたんだから、明日からの仕事を頑張れよ」と言われているような気がした卯月の新青森駅bullettrain

2018年5月23日 (水)

忘備録(田舎者編)

無事に上京を果たし(正確には横浜まで移動)、早速、どこ行く?ということになった。

Img_0084
こんな時にスマートフォンは便利そのものだ。なんとなく検索して、なんとなく見つけた場所があった。

『ららぽーと』・・・。

えっ?

千葉じゃなくて、横浜に居るんだけど、俺たち・・・。

なんで、最寄りのスポットに『ららぽーと』が出てくるんだろっ?

よくよくみると、『ららぽーと横浜』・・・。

えっ?横浜にも『ららぽーと』あるんかいっ。知らなかったぁー。

田舎者の私は、『ららぽーと』といえば船橋だという固定観念に縛られていた。

まっ、近いのなら行ってみよっ。

当然、この手の建物は奥さんが大好き。すぐに『ららぽーと横浜』へ移動することにした。

Img_0085
うわぁ、相当デカそう。

到着するなり、奥さんは目の色を変えて店内に繰り出した。

一方の私は休憩所の椅子に腰を下ろした。こんなに広いんじゃ、俺の気力じゃ巡回できない。

Img_0086
そして、ひたすら奥さんから連絡を待つ、待つ、待つ・・・。

奥さんは手ぶらでは戻ってこなかった。やっぱりなぁ・・・、と思った卯月の暑い日run

2018年5月22日 (火)

忘備録(あぁ上野駅)

中年二人連れの長距離バス旅も、無事に上野の地を踏むことができた。

ほぼ予定通りの到着。さすがは安定の地元バス。

それにしても、上野の街は変わったぁ・・・。

Img_0077
多くの飲み屋さんでこんなに賑わっているとは・・・。

長旅で多少の疲れはあるけど、少し足を延ばしてみようということで、アメ横方面へ。

Img_0079
Img_0080
Img_0081_2
記憶に残っている街並みだけれど、そこを通っている人たちが昔と違って若い気がする・・・。

30年以上の月日が流れたことを実感した卯月の夜snail

«忘備録(今更・・・)