無料ブログはココログ

2019年3月16日 (土)

過剰な期待

帰宅したら、大腸がん検診の結果が届いていた。

いつもなら、しばらく熟成させた上で開封するところだけど、今回は真っ先に開封して中身を確認した。

Img_0575_2

強気の姿勢が功を奏したわけではないのだろうけれど、結果は『異状なし』。

「うんうん、そうこなくっちゃ(笑)」

4月には再び職場の健康診断が待っているけれど、きっとこの先も伊勢神宮のご加護が続いてくれるだろうと、わずかな賽銭で過剰な期待を抱いている弥生の週末

2019年3月14日 (木)

義理の熟成

3月も半ばだというのに・・・。

1か月前なら驚きもしない雪だけれど、今シーズンはもう降らないだろうと思っていた雪と再会することになろうとは。

Img_0578_2

久しぶりの降雪のせいで、案の定、通勤ルートの国道は通勤ラッシュ。

この時期の雪は、春を迎えるために必要な儀式のようなものだから、混雑は致し方ないこと。今朝の運転は急がず、慌てず、安全が第一。

さて、今日がホワイトデーだということを頭に刷り込まされていたので、1か月前に頂いたチョコが義理チョコだということは重々承知しつつも、世間様に倣ってお返しをする必要があった。

高級そうなチョコをいただいた手前、世間知らずの私でも多少は気を遣う。たとえ、くれた相手が身内であっても・・・。

個人的なわがままを言わせていただけば、一年中売ってて、昔から見慣れているこのチョコが一番好き・・・。

Dsc04546
バレンタインデーで頂いたチョコが、そっくりそのまま冷蔵庫の隅で熟成されていることはまだ黙っておこうと思う弥生の14日

2019年3月11日 (月)

追悼

昨日までの天気が嘘のように、津軽は朝から冷たい雨が降った。

その雨が帰路に着く頃には雪に変わっていた。

Img_0523
8年前もこんな寒い日だった。

電力を失った現代人の無力感を痛感しながら、身体を凍えさせていたあの夜を忘れずいよう。

全ての御霊が安らかでいられるようにと願う弥生の11日

2019年3月10日 (日)

私は、私は死にはしない~

唐突ではございますが、手元に一枚のCD。

なんと、『山内惠介』君の・・・。

Img_0572
今や数少なくなった歌謡番組を観ていたら、ここ2~3年の間に『純烈』と共にともに、なんとなくお気に入りになっていた。当然、同じテレビ番組を観ている奥さんが、今や私よりも気に入ってしまった。

4月27日には、県内初となる彼のコンサートも行われるらしく、そのチケットもゲットしている奥さん。

しかし、残念ながら、にわかファンの奥さんは最近の1~2曲を知っている程度。

そこで、過去の曲も覚えた上でコンサートに臨もうともくろんだ奥さんはBEST版のCDも急遽購入するという荒技を繰り出した。

そのお陰で、奥さんが愛車に同乗している時は常に彼の美声が流れている事態に・・・。

">

私的には『風連湖』をお薦めしたい弥生の日曜日

2019年3月 9日 (土)

お礼参り

大きな声では言えないけれど、昨日、ささやかな吉報が届いた。

ささやかだけれど、我が家にとっては待ちわびていた知らせだった。

去年、伊勢参りをしたお陰だろうなぁ、きっと・・・。

この時のために、予め伊勢神宮で予行演習をしておいて良かったぁ・・・(笑)。

Img_0331_2
ちゃんと伊勢神宮までお礼を申し上げに行かなきゃなぁ~と企てている弥生の深夜

2019年3月 5日 (火)

弥生の関門

去る者は追わず、来る者は拒まず・・・。

短かった2月はやっぱり一瞬のうちに彼方へ過ぎ去り、慌ただしい3月に取り込まれようとしている。

年度末の多忙な3月ではあるけれど、忘れられない日が今年も近づいている。

特別に意識をしないようにと心掛けてはいても、知らず知らずのうちに意識してしまうのは毎年のこと。

あれから丸8年が経過しようとしているのに、辛い記憶はいつまで経っても振り切れないものだということを改めて噛み締めているこの頃。

3月11日を目前にして、日増しに身も心も固まっていくような思いに囚われている弥生の日

2019年2月28日 (木)

食レポ

春になる前に行かなきゃいけない場所。そこは三沢市。

行かなきゃいけないわけじゃないけど、一度行ったら毎年行く羽目になっていた。

行く目的は、ただ一つ。何のことはない、北寄(ホッキ)丼を食べるという、それだけの理由。

三沢市の飲食店が、名産の北寄貝を使った丼を季節限定メニューとして食べさせてくれるのだけど、飲食店ごとのオリジナル丼なので、飲食店ごとに料理方法も、味も、見た目も異なる。でも、それがイイ。

貝好きの私としては当然、毎年お店を変えながら、いろんな北寄丼にお会いするのだけれど、今年もそのチャンスが訪れた。

今年お邪魔したのは、JR三沢駅の正面にある『きらく亭』さん。

Img_0571
駅前の食堂という雰囲気が何ともイイ。

店内もこんな感じ。このほかにカウンター席もあり、30人くらいは入れそうな食堂です。

Img_0570
テーブルの上には、醤油、ソース、胡椒、酢、唐辛子、割りばし、爪楊枝、紙ナプキン・・・。安定かつ安心の必須アイテム。

Img_0565
しばらく経って、テーブルに運ばれてきた北寄丼。

Img_0566
左半分が和風出汁でボイルした北寄貝、右半分が生の北寄貝。やっぱり、どっちも美味しいっ!

Img_0569_2
以上、食レポは超簡単に済ませておいて、次の北寄丼を楽しみにしている如月の土曜日

2019年2月23日 (土)

律義者

ある朝、居間の窓から外を眺めていたら、大きな影が上空を横切った。

その大きな影は、何度も何度も上空を横切った。

その陰の主は、隣の池で越冬していた白鳥であることは明らか。

雪解けが進み、春めいてくるこの時期は、シベリアに再び北上する時期・・・。

長旅に備えて飛ぶ練習をしているのだろうけれど、今回も無事にシベリアまで飛んでってくれればいいなぁ。

それから15分ほど経過した頃だった。今度は窓の外が白鳥の鳴き声で騒々しくなった。

ん?犬とかカラスにいじめられているんだろうか?

再び居間の窓から空を眺めたら、元気に鳴きながら、こっちを目指してくる白鳥がいた。

Img_0514
雪捨てのために開け放っているフェンスの隙間を目指してどんどん進んでくる。

今冬はあまり餌もあげられずにいたから抗議に来たんか?

それとも、旅立つ前にご馳走しろー!と催促に来たんか?

白鳥は躊躇なくフェンス外から、我が家の敷地に入ってきた。

Img_0518
フェンスの外まではちょくちょく来ていたけれど、フェンスのこちら側に入って来るのは初めてだ。Img_0519
きっと、何か言い分があるんだろうなぁ・・・。やっぱり、餌不足の文句?

Img_0520
白鳥との距離は1.5メートルほど。とりあえず、ここまで平気で近寄って来るってことは、悪い人間じゃないことは理解していただいてるようだ。ホッ・・・。

とりあえず、台所から残り物の食パンを持ってきた。

「甚だ恐縮ではございますが、これでよろしかったらどうぞどうぞ」。

しばらくすると、白鳥はフェンスの外に戻っていった。

Img_0516
こちらをジーっと観ながら、何事かをつぶやいている。

えっ?何?食パンで満足したわけじゃないってこと?

Img_0517
あれ以降、隣の池からは白鳥の姿を見ることも鳴き声を聞くことなくなった。

きっと、あの朝は律儀に別れを言いにきたんだろうなぁ・・・。

次の冬のことなど今は考えたくもないけど、また隣の池で越冬してくれればいいなぁと思う如月の別れの朝

2019年2月22日 (金)

低空飛行

一週間ほど前までは、一面真っ白だったけれど、長い冬もどうにか終盤に差し掛かっていた。

Img_0512
あれほど待ち遠しい春がイザ近づいてくるとなると、今度は一転して雪道が少しだけ愛おしくもある。

Img_0511
きっと、適度な距離感を保ちながら、真っ白な世界と繋がっていたいと心が思っているからか?

Img_0513
最近は更新を怠っているこのブログも2月5日で丸8年を経過した。9年目は、いったいどんな一年になるんだろ・・・。

低空飛行の毎日で、モチベーションを保てない昨今だけれど、春になったら何か良いことが訪れてくれる思って暮らしてみる如月の週末

2019年2月17日 (日)

シークレット

光陰矢の如し・・・、あっという間に2月も半ば。

連日の雪かきや、病院での検査というネガティブなことの繰り返しで、ブログを更新する体力も気力も失っていたけれど、久しぶりのお天気は気持ちを前向きにさせてくれる。

なんといっても、雪かきをしなくて済むぅ〜♫

Img_0004
先週の14日はバレンタインデー。恐れずにハッキリ言えば、この歳になると、どーでもいい風習だ。

今年も長男の奥さんから貰った。義理とはいえ、ありがたく貰っておいたm(__)m

Dsc04542
さらに、長男の娘(小2)からも初めて貰った。長男の奥さんと手作りしたらしく、手紙付き。これもありがたくいただいておこうm(__)m

Dsc04543
そして、今年は奥さんからも貰った。十何年ぶりだろっ?いったい、どういう心境の変化があった?たぶん、義理チョコの余り物だろうけど・・・。

Dsc04544
各位様より頂戴したチョコレートを冷蔵庫の冷凍室にいったん仕舞い込むことにした。

扉を開けて、格納スペースを確保しようと冷凍食品を寄せていたら・・・、ん?え?あらっ?

Dsc04545
去年頂いたチョコレートを発掘・・・。また、やってしまったか・・・。

けっして粗末に扱っているわけじゃなくて、逆に大切にしているつもりなんだけど、毎年熟成させてしまう・・・。

とりあえず、このことは秘密にしとこうと思う、如月の久しぶりに晴れた日

2019年2月 9日 (土)

厳寒

節分が去り、立春を過ぎた途端の厳寒。

今シーズン最強の寒波のせいで、最低気温はもちろん、最高気温も氷点下。

しかも猛吹雪のオマケ付き・・・。

Img_0035
雪かきをしていて、露出した耳や鼻が痛いと感じる、この寒さはいつ以来だろう。

Img_0010
今日からの3連休は、県内各地で雪祭りなどが予定されているみたいだけれど、今回は見送って体調管理に励もっ・・・。

それに、先週CTを撮った病院で、他の検査もしなきゃいけないし、自分の体を知り、心を落ち着ける休日にしないと。

Dsc_0010
今まで知らなかったことが幸せなのか、はたまた無知なだけだったのか、話には聞いていたけれど、いろいろな検査があるものだぁ。

Dsc_0009
検査結果は厳しいものになることは予想されるけれど、この先、闘病ブログにはしたくないなぁと思う如月の厳寒日

2019年2月 3日 (日)

重い腰

雪かきしている間に過ぎ去った1月。

津軽に生きる以上、雪かきをするのは暮らしの一部になっているけれど、最近、雪かきをしていると息切れが激しくなっていた。

単に歳のせいだけではないだろうと勝手に思い込み、重い腰を上げて、かかりつけの医院で先生に相談した。

先生「それじゃ、CT撮ってみましょ。うちのクリニックにはCTが無いので、お向かいの病院を紹介します。そこで撮ってもらって下さいね」

向かいに最近開院した病院にいくのかぁ・・・、少しだけ不安になってきた・・・。

重い腰を上げて、ご近所の病院に出かけた。

Dsc_0007
1年ほど前に開院したばかりなので、来院するのは今回が初めて。

病院の廊下で名前を呼ばれるのを待っているけれど、他には誰もいない。シーンという音が聞こえそうなくらい静かだ・・・。

今日は休診日だから当然といえば当然だけれど、雑音でもいいから聞こえてほしい気もする。

Dsc_0003
窓から差し込む冬の日差しが廊下に規則正しく映り込んでいる。ますます静かだ・・・。

Photo
ここの病院に来るのも初めてなら、CTも生まれて初めて・・・。

初めてのCT撮影はすぐに済んだ。

Dsc_0004
そして、CTの結果がコピーされたCD-ROMを受け取った。

かかりつけ医の先生に見せなきゃいけないと思うと、ますます腰が重くなる如月の午前



2019年1月24日 (木)

心の栄養

休日ともなると、ついつい引きこもり生活に陥りがちな冬の津軽。

雪かきで汗をかいたら、家の中に入って体力を回復し、また雪かきをして、体力を回復する・・・、そんなルーティーンの繰り返しにインパクトを与えるため、映画でも観て、心にも栄養を与えようと思い立った。

映画を観るといっても、去年、『関ケ原』を観て以来のこと。

今年に入ってから初めての映画は何が相応しいんだろっ?

それ以前に、現在はどんな映画を観られるんだろっ?

パソコンで上映情報を検索した。

世間で噂になっていることぐらいは私でも知っている『ボヘミアン・ラプソディ』。

「よかったー」「観て損はない」っていう声も聞くし、やっぱり観ておいたほうがいいのかなぁ・・・。

最近、盛んに宣伝されている『マスカレード・ホテル』『こんな夜更けにバナナかよ』なんかも上映中か・・・。

とりあえず、『ボヘミアン・ラプソディ』を第一候補に挙げて、映画館に着いてから決めることにしよっ。

Dsc_0004
映画館は数か月ぶりだけれど、一人で観るのは数十年ぶり・・・。いつになく緊張。

Dsc_0005
空いてる・・・。というか、誰もいない。

半端な時刻に来たんだろうなぁ、きっと。

冷静を装って、上映作品と上映時刻を調べることにした。

えっ?

嘘?

souvenir the movie -Mariya Takeuchi Theater Live-』。

Banner_02_b

こんな映画も来てたのかぁ・・・。

どう考えても、竹内まりやさんのライブを映画化した作品。シアターライブって奴か・・・。

彼女のライブ自体が貴重だし、どう考えても彼女のライブは青森に来ない。今見逃したら、まりやさんには二度と会えないだろうなぁ・・・

チケット代が2800円と通常の映画よりも高いけれど、どうしても聞きたい(観たい)曲があるし、コンサートに行ったと思えば2800円は安いものっ!

上映時刻は約20分後。タイミング的にも、この映画しかないっ!

予定変更~♪、今年初の映画は竹内まりやさんに決定~♪

今回観るつもりだった『ボヘミアン・ラプソディ』は別の機会に・・・。『マスカレード・ホテル』も『こんな夜更けにバナナかよ』も縁があったらまた今度、ということで・・・。

Dsc_0008
館内に張られたポスターに背中を押されて席に着いた。

あらっ?誰もいない・・・。

多少ガッカリしていたら、チラホラと観客が入ってきた。明らかに平均年齢高っ!(あまり他人のことを言える立場じゃないけれど・・・)

徐々に気分が高まる中、ついに映画が始まった。

">

多少のネタバレを覚悟で書き記すが、デビュー40周年を記念して製作された今回の映画は、私の青春にほとんどドンピシャ。2000年、2010年、2014年に行われたライブの映像を中心に、インタビューや故郷の映像を交えながら進行した。

知っている曲がほとんどだったこともあり、寝落ちしている暇もない。

「マージービートで唄わせて」「駅」「プラスティック・ラブ」「カムフラージュ」「リンダ」、どの曲も良かったぁ・・・。そして、懐かしい・・・。

旦那の山下達郎さんによる音の作り込みが期待通りに凄い。二人の夫婦関係も垣間見れて興味深い(笑)。

やがて、一番聞きたかった(観たかった)「人生の扉」が映し出された。いつも愛車の中で聞き慣れている曲なのに、うかつにも涙が出ていた。

そして、アンコールとして歌われたであろう「不思議ピーチパイ」。10代の青春時代が思い起こされて、再び涙がジワー。涙腺弱すぎ、俺・・・。

40年間ありがとう。そして、これからも心にしみる曲を届けてほしいと切に願う睦月の初シネマ

2019年1月14日 (月)

近況

賑やかだった正月が去り、子供たちも自分達のフィールドに戻り、それぞれに仕事が始まった。そして、連日の雪・・・。私がブルーな気分になるには、十分すぎるほどの条件が揃っていた。

雪かきにウンザリしていた矢先の3連休は心身ともに救われること、この上ない。そして、何よりもありがたいのは、久しぶりの晴れ間。

Img_0564
この晴れ間だけが明日へのモチベーションになる睦月の3連休

2019年1月 6日 (日)

そして日常へ

明日は仕事初め。

初めから分かっていたことではあったけれど、年末年始の休みが他人様より多めだったためか、ブルーな気分は今日になってMAXに。

加えて、連日の降雪に伴う雪かきの疲労感は、明日の出勤を一層億劫なものにしていた。

さらに極め付きは、正月休みが明けた次男が再び津軽を後にした・・・。

移動手段は、我が家のためにあると言っても過言ではないほど乗車している深夜バス。

Dsc_0004
達者でなぁー。

Photo
次男は笑顔で車中の人になった。

Photo_2
あーぁ、行っちゃった・・・。

Dsc_0006
運転手さん、安全運転でお願いしまーす。

次男よ、風邪ひくな~。

Dsc_0005
今夜からは再び中年夫婦の二人暮らし・・・。

とりあえず、明日の初出勤の準備を急がないと・・・、と焦る睦月のブルーな晩

2019年1月 5日 (土)

兵どもが夢の跡

今となっては、騒々しくて、疲労感たっぷりの正月だったけれど、なんだか懐かしい。

Img_0554
みんな、今年も大過なく健やかに暮らしてくれたらいいなぁ。

祭りのあとはいつも淋しいものだと思い知らされる睦月の正月明け

2019年1月 4日 (金)

代弁者

我が家に似つかわしくないモノが冷蔵庫に・・・。

Img_0561
最近は、家で晩酌する回数も減り、飲んだとしても『第3のお酒』が精いっぱい。

しかも、プリン体ゼロだったり、糖質OFFだとか・・・。

冷蔵庫にビールが鎮座なさるなんて何か月ぶりだろっ?

さすがはお正月・・・。お正月パワーって半端ない・・・。よっ、お正月っ、日本一~♪

ニヤニヤしながら写真を撮る私を、奥さんがジーっと見ていた。

「いや、冷蔵庫が喜んでなぁと思って・・・。冷蔵庫の気持ちを代弁してあげようと思ってさ、ははは~」

今年は他人の心も分かる男を目指そうと思う睦月の3日

2019年1月 3日 (木)

第2ラウンド

初詣のおみくじ決戦で奥さんと次男に敗れたけれど、いつまでも敗戦を引きずってはいられない。

きっと、賽銭が少なかったせいだ。今度は消費税の分だけ金額を上積みすれば、末吉から脱却できるはず。

その時まで待ってろ、●●神社ー。

Img_0546
一年のスタートが末吉からで多少がっかりしていたものの、一年間の無病息災を願って、お守りだけはしっかりと調達させていただいた。

Img_0552
初詣を済ませた我々3人は、元日決戦第2ラウンドに臨んだ。

訪れたのは回転寿司店。ここで、末吉からの下克上を狙うのだ。

Img_0551
席に着いてから間もなくして既に勝負は決しつつあった。次男の食べるペースに追いつけない・・・。

下克上はあきらめて、おとなしく貝類だけ食べることにした睦月の元日決戦第2ラウンド

2019年1月 2日 (水)

元日決戦

多少の雪は降っているものの、津軽は穏やかな正月を迎えた。

一緒に年を越した長女一家もいったん帰宅し、我が家は再び3人ぽっちになった。

ボーっと正月番組を眺めていてもいいのだけれど、この時刻なら参拝客も少ないだろうと思い、夜になるのを待って初詣に出かけた。

Img_0543

向かった先は毎年、初詣させていただいてる神社。

毎年この神社に詣でている割には、あんまり効果がないような気がするけど、神社を変えるともっと良くないことが起こる気もするし、今年も同じ神社に詣でることしよっ・・・。

Img_0547
さすがに日中とは異なり、参拝客は少ない(笑)。

Img_0545
「今年こそは大金持ちになれますようにぃ!」とはお願いせずに、「去年はありがとうございましたぁ・・・」とあくまでも謙虚に3人でお参り。

初詣を済ませると、おみくじ好きの奥さんが案の定、「引くよ、おみくじ!」と吠えた。

正直、私は気が進まなかった・・・。一度もいい結果を残した実績がないから・・・。

そして・・・。

Img_0548
Img_0549
見事に奥さんと次男は揃って『大吉』。

Img_0550
笑顔の二人を横目に、こっそりとおみくじを開いた私は、『末吉』・・・。

えっ?なぜ、毎年こうなる?

勝ち誇ったような奥さんと次男には爆笑されたぁ・・・。

差別・・・。

えこひいき・・・。

来年からは他の神社で初詣してやる・・・。

「ここからは右肩上がりの人生が待っているんだ!たぶん・・・」と自分に言い聞かせた睦月の元日

2019年1月 1日 (火)

一年の計

雪かきで暮れた2018年。

一夜明けた2019年の幕開けも、やっぱり雪かきに始まったぁー(笑)。

Img_0536
Img_0537
Img_0538_2
今年もボチボチやっていくつもりの睦月の元旦




2018年12月31日 (月)

嵐の前

長男一家や長女一家が来襲し、てんやわんやになる前に、今年最後の更新。

お陰様で、今年もなんとか年を越せそうな我が家。

Dsc04481
亥年の来年はいったいどんな一年になるのかは全く予想できないけれど、大きな災害に見舞われない一年であってほしいと願うばかり。

Dsc_0094
皆様にとって、来ると年が良い一年でありますように。

そして、ちょっとでいいから我が家にも良い一年が訪れますように(笑)。

Img_0208
新年を迎える高揚感と慌ただしさの両方を抱えながら、大家族での年越しがやっぱり待ち遠しい師走の大晦日

2018年12月30日 (日)

身柄確保

年の瀬が迫る29日の晩、次男が帰省する予定になっていた。帰省は1年ぶり。戻って来る次男よりも、待っている私のほうが嬉しい~♪

帰省の手段は新幹線の最終便。列島が寒波に包まれている中、日本が誇る新幹線でもダイヤが乱れるかもしれないという予想は当たった。

車内の次男から「20分遅れの深夜23時55分に新青森駅に到着する」とのメールが届いた。

待ちきれない私は、少し早めに新青森駅に急いだ。外は猛吹雪。これじゃ、新幹線が遅れるのも理解できる・・・。

猛吹雪の晩らしく、新青森駅は人影がほとんどないっ!

Img_0530
エレベーターもご覧の通り・・・。えっ?たしか、これから最終便が来るんだよね・・・。それとも、もう来ちゃった?

多少の不安を抱えて改札口に向かうと、あらまっ、たくさんの人・・・。

Img_0534
みなさん、帰省客を今か今かと首を長くしてお待ちなんですね。痛いほど分かります、その気持ち。

Img_0533
子や孫を待つ親達なのか、恋人を待つ若者か。はたまた友達を迎えに来たのか・・・。人生いろいろなら、待ち人もいろいろ。

やがて最終便が到着し、改札口の外で待つ人々がそわそわしだした。改札の向こうから乗客が近づき、手を振る人、名前を呼ぶ人、思い思いに笑顔で再会。いい光景だ。

次男の身柄も無事に確保~(笑)。思いの外、元気そうで何より~。

これで安心して年が越せると安堵した、師走の猛吹雪の晩

2018年12月29日 (土)

雪かきの理由

列島中が年末の寒波にさらされている中、津軽も強烈な西風の毎日。

それでも、積雪量がこの程度で済んでいるのは嬉しいこと。

これも、ひとえに日頃の雪かきの積み重ねの結果というべきか、言い換えれば私の日頃の善行のせいというべきか・・・(笑)。

Img_0528
隣の池に飛来している白鳥も、連日の寒さが恨めしそうだ。

Img_0028
今年も残すところ、今日を含めて3日間。寒さは厳しさを増すばかりだけれど、いよいよ年末ムードも盛り上がってまいりました。

そして、今夜、最大の待ち人が一年ぶりに戻って来るぅ―――――。

Img_0497
楽しみが目前に迫っていると、日頃は億劫な雪かきもなんだか苦にならない―

よーし、帰省する次男を迎えるため、今日も雪かき頑張るどぉー(笑)。

今年も小学生レベルのままに年を越しそうな師走の29日

2018年12月28日 (金)

年末の大掃除

世間様より一足早い年末休暇は超~嬉しい。

一年間頑張った成果ともいえるけれど、一年間も頑張って、たった一日早く休めただけかよ?との見方もできないことはないけれど・・・。

とにもかくにも、今日は家にポツンと一人だけ。コタツで丸くなろうと、庭駈けずり回ろうと自由。奥さんに冷たい目で見られることはない~♪

かと言って、何もせずに休んでいられないのが年末の辛いところ。

朝のうちに雪かきをどうにか済ませた後は、クリーニング屋さんに出向いて背広の洗濯を依頼。帰宅後に待っていたのは、灯油屋さんや浄化槽屋さんの支払い。さらに、宅配便の対応も。

なかなか、ゆっくりとはできない・・・。

息抜きを兼ねてパソコンのスイッチをONしたら、年内にするべきことがあったー。

ブログにUPするつもりでデスクトップに仮保存されていた写真の数々・・・。

Img_0285
Img_0526
蕎麦の写真が多いな・・・。どこの蕎麦屋さんかはだいたい思い出せるけれど、何を思ってこの写真を保存したんだろ?

Dsc_0027
今度は中華そば・・・。いつ、何処の店で食べたんだろ?そして、何を書き記しておきたかったんだろ、俺は・・・。

Dsc_0023
あっ、このステーキはあそこの店だけれど、なぜ写真を仮保存してたんだっけ?きっと美味しかったんだろうけど、今はその記憶が舌に残ってない・・・。

Img_0008
今度はショートケーキ・・・。コイツは何のタイミングで食べたっけ?本当に食べた?

それにしても、やけに食べ物の写真が多いな・・・。

更に意味不明の写真が一枚!

Img_0245
夕闇の中、なぜ勝ち誇ったようにトウモロコシを掲げた?えっ?当時、何を思ったんだ俺は・・・?

とりあえず、恥ずかしい写真をパソコンから抹殺して、部分的に大掃除した気になった師走の28日

2018年12月27日 (木)

明日からは

甚だ恐縮ではございますが、きょう27日をもちまして、本年の仕事納めをさせていただきましたぁー♪

「年内に片付くのかぁ、この仕事?」と思われたのですが、老骨に鞭打った結果、思いの外にラストスパートを発揮いたしましたぁー♪

今日のお昼ご飯は職場持ちぃ~(毎日、職場で持ってくれてもいいんですけどぉ~♪)。

Dsc_0025
さぁーて、明日からは年賀状に取り掛かって、雪かきも頑張って、少しづつ大掃除もこなして、物置も片付けて、それからお歳暮も届けて・・・。

なんだか職場に出てるほうが気楽な気がする師走の御用納めの日

2018年12月23日 (日)

震え

平成最後のクリスマスを目の前にしながらも、中年夫婦二人だけになった我が家は今日も仕事中心。

一足早くクリスマスケーキだけはシッカリと食べたけれど、昔のようにツリーを飾るわけでもなければ、電飾もどこに片付けたやら・・・。

実に淡々と過ぎようとしていた日曜日だけれど、一つだけ心に残った映像があった。

きょう23日に誕生日を迎えられた天皇陛下の記者会見だった。

来年4月とされる譲位(退位)を控え、在職中の記者会見は今回が最後の会見になるかもしれない、とのこと・・・。

昭和天皇の崩御を受けて、平成の世を30年にわたって天皇を務められた陛下の声は何度も震えていた。

会見の様子を観ているこちら側の心も震えた・・・。

そして、58歳の我が身を振り返ると、昭和よりも平成を生きている時間が長くなっていたことに今日初めて気が付いた。

譲位なさっても、ご夫婦どうぞお健やかに。

Photo
日頃は天皇を崇拝しているわけでも、皇室を特別に敬愛しているわけでもないけれど、今朝、国旗を掲げておいてよかったと思った師走の23日

2018年12月18日 (火)

大河

小学生の頃に観た『天と地と』。

石坂浩二さんが上杉謙信役だったなぁ。

あれから49年。

近いところでは、『おんな城主 直虎』や『真田丸』『軍師官兵衛』『江~姫たちの戦国~』も観たなぁ。

『天地人』『篤姫』 も良かったぁ。

そして、『風林火山』はドラマもさることながら、テーマ曲は絶品だった。

タッキーが主役を務めた『義経』も悪くなかった。

そして、何度観ても感動する『利家とまつ~加賀百万石物語~』。

『炎立つ』や『独眼竜政宗』は東北が舞台だったし、『いのち』は津軽が舞台になっていたんだよなぁ。

懐かしいところでは、『おんな太閤記』や『黄金の日日』も毎週観た観た。

そして、今年の大河ドラマ『西郷どん』が先日、最終回を迎えた。

Img_0003
頂き物だけれど、味わって食べた師走の寒い夜

2018年12月16日 (日)

動機づけ

普通に仕事をしてても多忙だというのに、この時期、自ら仕事を増やしたぁ・・・。

仕事は沢山。けれども身体は一つ。

充実した年末年始を迎えるためには、やむを得ないところだけれど、精神的には非常に良くない・・・。

しかも、連日連夜の雪のせいで、メンタル的にも体力的にも辛い・・・。

Img_0529
それでも、こうして久しぶりに青空が拝めると、「来週も頑張ってみよっかなぁ~」とも思う。

Photo
相変わらず、実に単純な生き物だ。私って奴は・・・。

♪も~う幾つ寝ると~お正月~♪

年の瀬を乗り越えるためのモチベーションを探し続けている師走の繁忙期

2018年12月 9日 (日)

霜月の締め

平成30年も残すところ約3週間。

心を穏やかにして一年を締めくくる準備に入るとともに、新しい年にちょっと思いを馳せる時期であってもいいんだけど、依然として仕事に追われる日々・・・。

当然、ブログの更新も滞り、プチ家出の様子も尻切れトンボ・・・。

というわけで、プチ家出の締めくくり。

いきなりですが、帰路に着く直前の新宿は、11月だというのに華やかなこと、華やかなこと・・・。

Img_0520
Img_0522
Img_0523
Img_0521
そして、帰路は安定の高速バス。Img_0524
たったこれだけの更新さえままならない霜月のプチ家出の顛末

2018年12月 1日 (土)

平成の徘徊

急な家出の原因となった用事は、早々に片付いた。

平成最後の東京滞在になるかもしれないけれど、特に行きたい場所も、見たい所もなし。それ以前に、家出の軍資金も危うい。

というわけで、丸の内辺りをうろつくことにした。田舎の中年の徘徊とも言えなくもないけれど・・・。

Img_0514
Img_0505
Img_0508
暖かい日差しに誘われて、どんどん歩みを進めます。

Img_0506
きれいな銀杏並木に誘われるようにして歩いていると、目の前に見えるのは皇居。

Img_0512
Img_0513
そういえば、来年には皇居の主も変わるんだよなぁ・・・。

ほぼ同年代の皇太子さまが、来年は天皇陛下かぁ・・・。

それに比べて俺は・・・、ははは・・・。

Img_0516

Img_0518
新しい元号へと変わる前に、「天皇陛下、ご苦労様でした・・・」と心の中で思った霜月の午後

«勤労感謝の家出

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック