無料ブログはココログ

« 格闘中 | トップページ | 患者3 »

2012年6月21日 (木)

逃走不能

健康診断が行われた火曜日の夜、ラグビー部父母会で小宴を催すことが以前から決まっていた。決勝戦で敗れたとはいうものの、東北大会で準優勝という成績を残してくれた生徒達。その成績以上に、果敢に立ち向かっていった生徒達の健闘が嬉しかった私達。東北大会決勝戦が終わったその日のうちに、「準優勝を祝して乾杯しなきゃ」という話ができあがっていた。そんな機会を創ってくれた生徒達に、感謝した父兄達だった。

通常ならば欠かさず参加する私だったけれど、生憎と健康診断直後だったため、「実は、カクカクシカジカ・・・なので、今回は参加を見合わます。私の分も皆さんで楽しく飲んで下さい」と父兄仲間に伝えていた。皆さんに「え~」と言われたけれど、ここで飲んでしまっては、例年通りに胃からバリウムが旅立ってくれないので、心を鬼にして、固い決意のまま、お誘いを断ることにした私だった。

多少、後ろ髪を引かれつつも仕事を終えて帰宅し、疲れを癒していた夜8時半過ぎに電話が鳴った。父兄仲間からだった。私「もしもし、○○(私)です。こんばんはー」。父兄仲間「○○(私)ちゃん、来ないのぉ~?」。想像したとおりの電話だった。私「実はカクカクシカジカで、今夜は参加できないんです」。父兄仲間「みんな来てるから、今から来ればぁ~」。私「あっ、は、はい・・・」。逃れられない運命かぁ・・・。

台風の接近に伴って降り出した雨の中、会場に向かった私。「おざーす」と会場に入ると、ウォ~ともガヤガヤともつかぬ、異様な盛り上がりの父兄仲間達。あっけにとられていると、10秒後にその理由が分かった私。監督も来ていた。しかもOB会会長と父母会OB会会長も揃い踏み。盛り上がらないわけがなかった。Img_0231

「私情が入りこまないように」という信念から、父母会の飲み会には普段参加しない監督だったけれど、この日の監督はいつになく呑んでは語り、呑んでは笑い、再び呑んでいた。

そして、東北大会における選手一人ひとりの奮闘ぶりや活躍具合を話し始めた監督さん。普段は鬼のように怖い監督さんだけれど、その夜は選手達の戦いぶりを高く評価していた。そして「ケガしてる奴らが戻ってきたら、もっといい勝負をしてみせる」とまで語っていた。我が校の選手達を信頼している監督の姿がそこにはあった。

さて、健康診断直後の私は一滴も飲まないまま、監督の向かいに座らされて延々と話を聞かせていただくというありがたーい役目を担うことになった。夜中の1時半までその席から逃れることは許されなかった・・・。途中で「いっそ、呑んでしまおうか」とも思ったけれど、今後バリウムと大格闘することを思うと、呑まずに通すことにした。

結局、その夜は一滴も呑まなかったお陰で、監督さんと父兄仲間2人を愛車に乗せて無事に帰宅することができた上に、翌朝も二日酔いとは無縁でいられたことは収穫だった。

多少の睡眠不足はあったけれど、順調に仕事をこなしていると、あと15分でお昼休みという時に携帯電話が鳴った。登録していない電話番号だったので、ちょっと低めの声で「はい、○○ですが」と出ると、相手「○○です」。私「(○○って誰だっけ・・・)。どちらの○○さんですか?」。相手「△△高校の○○です。昨夜はどうも」。私「(あっ、監督。やべぇー)。あ、あ・・・、昨日はお疲れ様でございました・・・」。監督「○○さん(私)の車に、私の携帯電話がありませんか?今朝から見つからなくて」。私「あっ、今は会社の中ですが、駐車場に行って探してみます」。監督「どれぐらいで分かりますか?」。私「(どれぐらい、って・・・。すぐに探せということか・・・)。今すぐに駐車場に行って、車の中を探してみます。ダッシュします」。監督「すみません。宜しくお願いします」。私「はいっ、かしこまりましたっ!」

私なりに猛ダッシュして駐車場に行き、愛車の後部座席をみると、あ、あ、あった・・・。良かったぁ~(笑)。「ありませんでした・・・」と言おうものなら、「ちゃんと探しましたか?」と言われるはず・・・。見つかって本当に良かった、良かった。ホッ・・・。

速攻で高校に届けた水無月の監督から逃れられない日bar

« 格闘中 | トップページ | 患者3 »

コメント

よくぞ飲まずに我慢しましたね(笑)私が同じ立場だったらおそらく・・・・・でしたよ。それにしても監督さんの携帯 無事で良かったです。

良かったんですか、本当にΣ(゚д゚ )
宴会の席で1滴も呑まないとは…恐れ入りました!
決意の固さを再確認。…で、バリウムとはサヨナラ出来たんでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1467405/45755785

この記事へのトラックバック一覧です: 逃走不能:

« 格闘中 | トップページ | 患者3 »