無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

一丁目一番地

年明けに、コンパクトデジタルカメラが壊れた・・・。正確には、カメラが壊れたのではなく、カメラを壊してしまった・・・。

そのカメラは数日間、行方不明だった。行方不明の期間中は、ミラーレス一眼デジタルカメラとスマホを多用していたけれど、ポケットに入るコンパクトデジカメはやっぱり重宝していた。

行方不明のカメラは、雪解けが進んだ数日前に出てきた。家の外のコンクリートの上に、無残な姿をさらしていた。

ポケットから雪の上に落とした後、あろうことか何度も愛車で踏みつけていたらしい。気の毒なことをした・・・。

壊してしまったことが分かってからというもの、コンパクトデジカメはやっぱり必要不可欠だと思い、近所の電器店やインターネットで手頃な商品を探す日々を送っていた。

何しろ、こっちは福沢諭吉とは疎遠の身。大枚をはたくこともできないために、性能や機能は二の次、三の次。低価格に抑えることが『一丁目一番地』。

数日間にわたって探した末に、インターネット上で運命の出会いがあった。その鮮やかなレッドの外観が以前から気になっていた。既に旧モデルとなったその商品は、電器店には陳列されておらず、インターネット上でしか購入できなかった。

「壊れたカメラと同じメーカーだし、価格の割にはそこそこの性能っぽいよなぁ~。うん、君に決めた~♬」

注文した!ワクワクする間もなく、翌日届いた。早っ!

新しいカメラが届くまでのワクワク感も1晩限り。こっちの注文を見越して、2~3日前から発送したんじゃないかと思うくらいに迅速。う~ん、今の時代は何事も早すぎる・・・。

宅配便で届けられた商品は奥さんが受け取っていた。奥さんには、ネット購入したことは勿論、コンパクトデジカメが壊れたことも、無残な姿で発見されたことも伝えていなかった。

パッケージには商品名が記載されていないかったため、奥さんはあからさまに「黙って何かを買いやがって・・・」みたいな顔をしていた。案の定、「何か届いてるけど、何を買ったの?」と聞いてきた。

カクカク、シカジカで・・・と正直に話した。あまり正直に話すのも何だし・・・と思い、もう1台のコンパクトデジカメが去年のうちに壊れていたことは黙っておいた。ははは~(笑)

届いた商品と早速、対面した。Dsc_0003
「お~、こんな色だった、確か・・・。派手なレッドで少々こっぱずかしいけど、この機種じゃないと、このメタリックなレッドは手に入らないしぃ~」

「そして、このスクエアで、ボクシーなデザインもいい。最近のカメラはラウンドフォルムが多すぎるから、手のひらが大きい俺にはこのぐらい厚みがあったほうがいい」

「なんたって、MADE IN JAPANだもんねぇ~。中〇製でもなければ、フィ〇ピン製でもないし、ちゃんと国内の製造や雇用にも配慮しちゃってるしぃ~(笑)」Dsc_0013_2
自画自賛だった~。当然、奥さんが呆れていたのは言うまでもなかったけど・・・。Dsc02247
Dsc_0025
Dsc_0035
1号機と2号機、そして3号機が復帰してご満悦だったけれど、「昨年壊れたカメラの代替品として4号機を早く探さないと・・・」と思い、『2丁目2番地』の商品をインターネットで検索し続けている睦月の最終日camera

2014年1月30日 (木)

織り込み済み

快晴~♬

今日だけの天気と分かっていても、雪解けが進むし、この時期に寒くないってことは何よりも嬉しい~♬Dsc_0013
放課後の児童達も、勉強が終わったことに好天が加わって、ウキウキしながら下校している様子。

Dsc_0005
Dsc_0006_3
でも、こんな好天の時こそ、注意が必要。解けた屋根雪が滑り落ちてきたり、ツララが真下を直撃したりするから、浮かれてばかりもいられないのが現実。Dsc_0009
Dsc_0010
津軽の子供達だから、その辺のことは織り込み済みだと思うけど、児童達が無事に行き過ぎる様子を向かいのコンビニから眺めていた。

無事に仕事が片付き、帰宅の途につこうとしたら、外は大雨だった。朝から気温が高めに推移してくれたせいで、この時期に降るはずだった雪は雨になっていた。

目まぐるしく変化する今日の天気。また雪解けが進むのは嬉しかったけど、その嬉しさを通り越し、少々凹むぐらいの大雨。温暖化の影響なのか、冬将軍の涙なのかは知る由もなかったけれど、もしも、この雨が雪だったらと思うとゾッとするほどの大雨になっていた。

天気予報の情報により、一転して明日は雪が降ることは織り込み済みだったので、雪解けを進行させてくれた雨を今日のところは恵みと思うことにし、濡れながら職場を後にした睦月の夜rain

2014年1月29日 (水)

クスリ

このところの津軽の天気は、ちょっと不思議な天気が続いていた。

あくまでも主観だけれど、ガッツリと雪が降るわけでもなければ、暖かいわけてもなく、雷が鳴ったかと思えば、湿った重い雪がノソッと降ってみたりと、落ち着かない日々だった。

連日連夜、雪が降り続くよりはいいのだけれど、旧暦のお正月も近いことだし、穏便に日々を過ごしたいなぁ・・・と願っていた。Dsc_0017_2
そんな中で、先日、職場に続いた年賀状に目を通していた。

一枚の年賀状が目に止まり、ついつい「ははは~」と声に出してしまった。Img1221137340001
職場の人達の協力なしには有り得ない一枚だった。

「きっと、イチ、ニのサンでジャンプしたんだろうけど、職場の人間関係が上手くいってるんだろうなぁ~」と微笑ましく思った。

クスリと笑える一枚を思い出しながら、自分の職場の雰囲気を観察していた睦月の午後mist



2014年1月28日 (火)

夜な夜な

次男が帰省して3日間が経った。

帰省以来、毎日欠かさず次男と二人で取り組んでいることがあった。

自動車の運転だった。

高校3年生の3学期に免許を取得済みだったけれど、あれから1年も経過していた。

「少しの距離でもいいから、毎日運転すれば感覚も蘇るだろう」という私の思惑と、「あー、免許があるから運転してぇー」という次男の意図が一致してのことだった。

けれども、35年間運転してきた経験から言わせてもらえば、初心者が運転するには津軽の冬道は厳しいものがあった。

従って、にわか教官役の私が助手席に搭乗し、次男の運転で近所をグルグル回るという行動を夜な夜な繰り返していた。Dsc_0015
近所の人からみれば、「〇〇さんちの父子は毎晩、車で出掛けてるけど、何やってんだぁ~」と不思議がられないよう、家を出る時は静かに発車していた・・・。Img_0374_4
ズバリ、下手じゃないけど、上手くもない!

狭くなった冬道を初心者が運転するのだし、運転する車両もミニバン、しかも助手席に親が乗っているのだから、その辺を差し引いてあげる必要はあるけれど、助手席の私は常に足に力を込めていた。

助手席にブレーキなどあるはずもないのに、必死に左足で床を踏みこんでいた。エアギターならぬエアブレーキってやつだった・・・。

連日、神経をすり減らしていたので、今夜は近所のコンビニ往復だけにしたけれど、雪が解けて早くドライな道を走らせてあげたいなぁと思いながら、明日の教習ルートを考えている睦月の夜rvcar

2014年1月26日 (日)

におい

二男の帰宅を待っていたのは、なにも私だけではなかった。

昨晩に早速、長男家族がやってきた。奥さんの手配だった。

今回は、長男の奥さんと、2人の娘達(3歳様と8か月様)も一緒。旧暦の正月には少々早いけど、合計7人での小正月にさせていただいた。

家に入るなり、8か月様にいきなり泣かれた。人見知りのお年頃になったのか、去年までとは異なり、どんなにあやしても、泣かれた。けして怪しい者じゃないのに・・・。Dsc02214
一方、3歳様はというと、よく遊び、よく食べ、良く話す。とても中年の私の手には負えないので、次男に任せた。「帰宅したばかりで悪いけど、お前、俺の代わりに何とかしろ・・・」

すると、3歳様だけじゃなく、人見知りのお年頃のはずの8か月様までが機嫌よさそうに次男と遊んでいた。Dsc02219
なぜだろっ?次男とは1度しか会ったことがないはず。少なくとも、私とは何度も会っている。父親である長男と、次男を間違えてるのか?いや、顔はあんまり似てない・・・。ひょっとして、気付かないうちに加齢臭を撒き散らしているのか、俺・・・。

その後も3歳様はズーーーと次男の膝の上で遊んでいた。3歳様にとっては、次男に長男と同じ匂いを感じているんだろうか・・・。Dsc02225
息子達は「匂い」で、俺は「臭い」なんだろうか・・・と思ったら、無性にファブ〇ーズを試したくなった睦月の夜pig

2014年1月25日 (土)

特権

今回の次男の帰省は、コストを考慮した結果、高速バスにさせてもらった。

身長190cmの次男にとっては窮屈極まりないと思った。185cmの私でさえ窮屈なのだから、推して知るべしだったけれど、帰省できることを良しとして今回は勘弁してもらうことにした。

青森駅の到着予定は朝6時50分だったけれど、大抵は30分から1時間は早く到着するのが相場だったので、6時から青森駅で待ってやることにした。

幸いにも外気温は4℃もある・・・。日頃の行ないのせいか・・・(笑)Dsc02204
しばし待つこと20分。東京発の高速バスが来たぁ~~~。Dsc02207
乗客の中に交じって、同じ大学のラグビー部仲間とともに次男が降り立った。おぉ、ちゃんと乗ってたかぁ~(笑)Dsc02208
10時間半のバスによる長旅で、寝不足気味だったこと以外は元気な様子。懐かしのキャリーバッグも壊れずにお元気な様子でなにより~。Dsc02210

駅から自宅までの帰路車内では、いつになく饒舌だった次男と私。正月に帰省した歳は余り時間がなかったため、聞きたいこと、話したいこと、教えたいことがお互いに山積していた。

自宅で待つ奥さんと次男が再会する前に、迎えに行った者の特権としてアレコレ聞き出していた、睦月の出迎えの朝sun


2014年1月24日 (金)

案ずるより・・・

予想外に次男が一時帰宅することになった。大学の授業も部活も10日間ほど休みに入るらしかった。寝耳に水だっけれど、それはそれでOKの私だった。

一方、奥さんは、「えっ?この前、お正月に帰省したばっかりなのに、また往復の交通費がか・・・」と額のシワを深くした。

まっ、交通費のことを考えればその気持ちも分からなくもないけれど、「きっと内心は会いたいに決まってるだろう・・・。素直じゃねぇーなぁー」と思いつつも、次男の交通費を捻出してもらわなければならなかったため、奥さんの機嫌を損ねない程度に過ごしていた。

正月の帰省時は、友達との再会に忙しかった次男と、今回はゆっくりと話せると思うと、明朝の帰省が楽しみではあったけれど、心の中の3割程度は「休みが終われば、また大学へ戻っていくんだよなぁ・・・」という思いが占めていた。正月の帰省が終わり、上京する時の光景が染みついていたからだった。Img_0396
Img_0401
Img_0404_3
Img_0400_2
Img_0405
あ~あ、今回も休みが終われば、あの時のように戻っちゃうんだよなぁ・・・。

まだ帰省もしていないのに、10日後に再び上京することを今から想像してしまう性分がいつ頃から染みついたのかは分からないけれど、「まずは今年2回目の正月を楽しく過ごすことにしよっ!」と無理やりワクワクすることにしたけれど、明らかに子離れしていないことを確信している睦月の帰省前夜clock







2014年1月23日 (木)

男は黙って黒

数日前の日曜日のことだった。長女の家族が前の晩から泊まりがけで来ていたことは以前にも書き記していたけれど、翌日の続きがあった。

前の晩に長女と深酒をしたせいで、重い足取りで居間に降りた私だったに、長女はスッキリ顔。若さって羨ましい・・・と思っている間もなく、奥さんが「みんなで出掛けよう」と言い出した。ほっといてもらいたかったけど、久しぶりだったので運転手代わりを買ってでることにした。

行き先を尋ねると、4月に小学校に入学する息子(6歳様)のために「学用品を見に行きたい」と言う長女。その希望を聞いて、ショッピングセンターに向かうことになった。

筆入れ(最近はペンケース?)、下敷き、鉛筆・・・。今流行りのキャラクターものが整然と並んでいた。Img_0572
Img_0573
いろいろと見比べては悩んでいる6歳様だけど、お気に入りの逸品が見つかったらしく、私の方に歩み寄ってきた。ははは~、分かりました。買います。買えばいいんでしょ・・・。でも、なぜ売り物のランドセルを背負って文房具を選んでるんだろ?とその時は気付かなかった。Img_0569
Img_0574
文房具の支払いを済ませると、それまではジーとしていた奥さんが言い出した。「ついでにランドセルも決めちゃえばぁ~」

入学式までにはまだ時間はあるけど、年度末に向けてお互いに忙しくなってくれば一緒に買い物することもままならないしなぁ・・・、買いたいと思った時が、買い時ってやつか・・・。Img_0576
Img_0584
勢いに任せて「よし、今日ここで買え!」と言ったばかりに、私にとっては予定外だっけれどランドセル選びが始まった。

ランドセル選びの中心は奥さん。価格優先はもちろんだけど、使い勝手、重量、デザインなどを見比べているらしい。

そのたびに6歳様は次から次へとランドセルを背負わされていた。ちょっと気の毒だったけど、大人の都合に黙って付き合う6歳様こそ大人の対応に見えた~(笑)。Img_0583
Img_0577
そして、どうやらランドセルが決まったらしく、椅子に腰かけて待っていた私の前に6歳様がやってきた。

「それに決めたか。やっぱり男は黙って黒だよなぁ~。うんうん、なかなか似合ってるかも」と根拠のない褒め言葉しか言えなかったけど、そのうちに似合ってくるだろう~♬Img_0580
入学準備のための買い物が済んだ頃には、とっくにお昼を過ぎていた。昼食を摂りながら45年以上も過去になってしまった自分の入学式の頃を思い出そうとしたけれど、どうしても白黒写真のような風景しか思い浮かばなかった。Img_0589_2
まっ、当時の俺のランドセルも黒かったし、白黒の思い出でもいいや・・・と思い直した睦月の日曜日school

2014年1月22日 (水)

底力

昨日、あんなことを書き記さなければよかった・・・。

一転して今日の津軽は大寒波に見舞われていた。

撮影した吹雪の写真を改めて見るのも、UPするのも嫌気がさした。

大雪、風雪、波浪、雪崩、低温・・・、津軽に発令されていた注意報だった。警報よりはマシだったけれど、難儀な一日だった。

こんな日ぐらいは、大好きな天津飯でも食べなきゃ、楽しいことなど何一つなかった。Img_0501
帰宅後に奥さんと雪掻きに身を投じた。思いの外、今日の奥さんは戦力になった。いつもなら、率先して雪掻きしない奥さんだったけど、今日の積雪に覚悟を決めた様子だった。いつもは見せない動きで、みるみるうちに雪掻きが捗った。

凄っ!と思うと同時に、もっと早くから底力を発揮してほしいとも思ったけど、言わなかった睦月の凄~く降り積もった日snow

2014年1月21日 (火)

指名手配犯

季節は『大寒』。一昨年、昨年と2年続きの豪雪だったこともあり、ある程度の覚悟を持ちながら今週を過ごしていた。

目覚めると、真っ先にカーテンを開けて、外の様子を恐る恐る眺める習慣がついていた。まるで、刑事が張り込みをしていないかどうかを確認する指名手配犯のようだった。Img_0428
その指名手配犯の願いが少しは届いたのか、大寒の割には昨今の降雪量は耐えられるものだった。現時点では・・・。Img_0594
相変わらず朝夕の混雑は著しいけれど、今年はまだ1度も遅刻をすることもなければ、あまりの渋滞に「今日は職場に行くのをよそうかなぁ・・・」と思うこともなかった。Img_0597
ついつい油断しがちな昨今だっけれど、今夜、我が家の町内にグォーングォーンという怪しい音を撒き散らして除雪ブルドーザーがやって来た。

近所の道路の雪を除雪してくれるのはありがたいけれど、堅くて重い雪が家の前に残されていくので、その後始末が大変だった。

ブルドーザーが確実に我が家の前を往復している音が聞こえているけれど、今日は特に仕事が忙しかったため、かなり疲れていた。あの堅くて重い雪を片付ける気には今夜はなれなかった・・・。

明日できることは今日しないっ!と決め込み、今夜は外の様子を眺めないようにした睦月の夜house

2014年1月20日 (月)

アメリカン

それは、ズーと以前から台所のカウンターの片隅にあった・・・。

気にはなっていたけど、関わり合いを持つのはよしておこうと思い、見て見ぬふりを決め込み、ズーとスルーしていた。Dsc_0013
食後に飲んでいるいつもの日本茶が今夜、無くなりかけていた。

奥さん「あんたもコレ飲む?」

私「・・・」

聞こえないふりは何度も効かなかった。

夕食の後にコーヒーを飲む習慣もなければ、紅茶をいただくような私ではなかった。晩飯の後は日本茶だった。小さい頃から、そう決まっていた。

無理やり何かを飲む必要もなかったけれど、奥さんでさえ飲んでいるんだから・・・と思い、「アメリカンで頼む」と奥さんに注文してみた。薄ければ薄いほどいいと思った。

透明感のないスライム色が湯呑茶碗に注がれてやってきた。恐る恐る口に含んだ・・・。あらっ?

明日から毎日率先して飲もうと思った、睦月のおかわりした晩japanesetea

2014年1月19日 (日)

計らい

長女家族が泊まりにきた。奥さんと二人だけの静かな生活が毎日続いていたので、賑やかに過ごせるのは大歓迎だった。Img_0560

一緒にお風呂に入って、夕食を摂って、小学校や保育園の話を聞いて・・・。Img_0556
一番の楽しみは、私に似てビール党の長女と飲み交わすことだった。Img_0561
久しぶりにガッツリ呑んだ・・・。奥さんは呆れていた。

翌朝の雪掻きなど気にせず呑んだせいで、一番先に撃沈したけれど・・・。

長女の計らいのお蔭で、元気をもらって眠りについた睦月のサタデーナイトcat

2014年1月18日 (土)

嗅覚

大学進学のために次男が上京して、私と奥さんの2人だけになった我が家。時々は長男や長女の家族たち、来客があるとは言え、当然のように消費するお米の量は昨年までとは段違いに減っていた。

それでも確実にお米は減っていたらしく、奥さんが「お米の準備しないと・・・」と言い始めた。ついに実行の時だった。

実は、これまで精米されたお米を買っていた我が家だけれど、昨年の新米からは玄米を買っていた。食べる直前に精米して美味しく頂こう、という奥さんの発案だった。

インターネットで調べたら、幸いにも近所に精米機械を設置してあるホームセンターがあることを発見したので、30kgのお米袋を愛車に積んでノコノコと出掛けていった。

ここかぁ・・・。ご免下さい~(無人だけど・・・)。Img_0554
精米料金は10kgで100円。使用方法を眺めながら、挑戦してみることにした。精米レベルも5段階から選べるらしい。多様な消費者ニーズに応えるってやつか~(笑)Img_0553
30kgのお米を精米機械に注いで、300円を投入してスイッチON~!動いた~(当然だけど・・・)。Img_0547_2
さっきまで玄米だったお米が、みるみるうちに白いお米に生まれ変わって出てきた。何だか妙に楽しい~(笑)Img_0546
30kgのお米の精米料金は300円のはずなのに、なぜか200円で済み、100円のお釣りが・・・。美味しいお米になった上に、100円のキャッシュバック~♬ふふふっ、儲かったぁ~♬Img_0551

白いお米に変身した30kgのお米を再び愛車に積み込んだ。「精米したばっかりだし、今夜のご飯は美味しいかも~」と思いながら、帰路につこうとしたら、助手席に座る奥さんの携帯電話の着信音が鳴った。長女からだった。『今夜、みんなで泊まりに行くから』Img_0552
母娘揃って鋭い嗅覚を持ってると思った睦月の午後riceball

2014年1月17日 (金)

久しぶりに降雪らしい降雪もない一日だった。特に今週は降雪続きの毎日だったため、週末が待ち遠しかった。正確には、いつも週末が待ち遠しかった。

降雪がない分だけ、今夜の冷え込みは一層厳しかった。その証拠に、路面はいつにも増してツルツル状態で、スケート場と化していた。

細心の注意を払いながらどうにか帰宅すると、玄関に灯りが点いていた。珍しい光景じゃなかったけれど、ちょっと違和感があった。周囲を見回しても別に変わったことはなかった。

気のせいか・・・と思ったら、「お~。何だか明るい夜だと思ったけど・・・」と一人で感嘆した。煌々と月が輝いていた。月と対面するのは久しぶりだった。Img_0544_2
「冬の晩に月が出てるってことは、それだけ冷え込んでるってことか・・・」と思いつつも、凛とした空気の中で、ボーと月を眺めていた。

暫く月光を眺めているうちに、ついつい「ハクショーン!」とクシャミを発した。途端に、近所の犬が「ウォーン」と遠吠えした。Img_0540_2
私のクシャミに相槌を打ってくれたのか、不審者と思って吠えたか、狼に変身する直前の遠吠えなのかは分からなかったけど、凛とした空気の中で近所のワンコと一緒に月を眺めていたような気分になった睦月の夜fullmoon

2014年1月15日 (水)

3→2→1・・・

「成人の日」が過ぎると、学校は3学期。「成人の日」が1月15日に固定されていた頃から、津軽では「成人の日」までが冬休み、と相場が決まっていた。

そして、3学期の始業式に元気良く登校しようとする子供達をあざ笑うかのように、本格的な寒波がやって来るのだった。Img_0516
そして今年も、ご多聞に漏れることなく、寒波が居座っていた。

3車線の道路は2車線に。2車線の道路は1車線に。そして1車線の道路は・・・。
とっくに歩道には雪山となり、通学する子供も、通勤する大人も、車道を歩くことを余儀なくされていた。

当然のように雪道は滑りやすいため、車と歩行者が同居状態の青森では必然的に交通事故が多発していた。

悲しい現実だけれど、それも津軽の人々は織り込み済みで生活を続けていた。Img_0517_2
寒波の合間の青空は爽快に違いなかったけれど、解けた雪が夜に凍りつき、路面凍結による事故が多発するという悪循環もまた現実だった。Img_0520
地球温暖化が叫ばれて久しいけれど、冬の津軽に生きている限りは、それを実感するには程遠いほどの降雪だった。

無論、雪掻きに費やす労力、光熱費の負担も加わって、ネガティブなことばかりが多い津軽の冬だったけれど、「あと2か月間はこうして愚痴りながらもボチボチ暮していくんだろうなぁ・・・」と他人事のように思うことにした睦月の現実逃避したい夜sandclock

2014年1月13日 (月)

相手

昨日のドーナツのお礼ではないだろうけど、長女から夕食に招かれた。

降り続ける雪は外出を億劫にしたけれど、車で10分程度の距離だし、奥さんが「行く!」と騒ぐので、ノコノコ出掛けた。

着くなり、6歳様の餌食になった。クリスマスプレゼントで貰ったのか、お年玉で買ったものかは分からないけれど、お気に入りらしい鉄砲を持ち出してきた。相手をしろと言うことだった・・・。

Img_0508
長女宅にお邪魔するのは、今年初めてだった。改めて部屋を見回してみると、保育園で作ったと思われるものがあちこちに点在していた。「我が家も子供達が小さい頃はこうだったんだろうなぁ」と思ったら何とも懐かしいような気がした。Img_0513
夕食をご馳走になって帰宅すると、次男からメールが届いた。「先日頼んだ物は、もう送ってくれた?」

自分の部屋で使っていたBLレコーダーを、寮に送ってほしいと頼まれていたのだった。「おっと、こっちの子供の言うことも聞いてやらないと」Img_0515_2
できることは限られているけれど、こども達に必要とされているうちは相手になってやるーと思いつつ、週間天気予報ばかり気になっている睦月の大雪続きの日snow





2014年1月12日 (日)

大所帯

今日も寒い一日がスタートした。本当は、家の中でジーとしていたいところだったけれど、長男と長女から誘われていたので、保育園のイベントに出掛けることにした。長男の娘2人(3歳と1歳)と、長女の息子(6歳)が一緒に通っている保育園の発表会だった。

こんな寒い日に開催しなくても・・・、と思わないわけでもなかったけれど、BG(ベビーギャング)が3人も通っていることだし、遠い昔に次男も通っていた保育園だったので、のこのこ奥さんと二人で出掛けていった。

会場に到着すると、先に到着していた長女が私達を手招きした。席を見渡すと、長女、長女の娘(8歳)、長女の旦那の両親、長男、長男の奥さん、長男の奥さんの母親、長男の奥さんの祖母・・・。私達も含めると10人の大所帯に・・・。

まっ、これも家族の絆ってやつかぁ~(笑)。それにしても団体割引してもらえそう~(笑)Img_0429
Img_0447
それにしても、今のチビッ子はよく動ける・・・。どっかのダンススクールに通うチビッ子並みに飛んだり跳ねたり・・・。自分の幼少時代とは段違い・・・。

長男の娘(3歳)と長女の息子(6歳)も上手。少なくても、私よりは・・・。Img_0442
Img_0434
第二部は音楽会。長女の息子にとっては最後のイベントだし、楽しそうに演奏している姿が見られて何より~。Img_0469
Img_0472
無事にイベントも終了。BGも楽しかった様子で、何より何より。Img_0498
Img_0494

長男の娘(1歳)はさすがに出演しなかったけど、来年ガンバロ~。Img_0490
頑張ってくれたお礼にと、奥さんが「昼食をご馳走する」と言い出した。まっ、いいんじゃない。みんな頑張ったんだし~♬

食事が済んだら、みんなの視線が向かいのドーナツ屋さんに向けられた。今度は、その視線が何故か私に向けられた。Img_0500
Img_0505
無料でダンスや演奏を楽しむほうが間違いだったかぁ・・・と思いながら、レジに並ぶことになった睦月の日曜日snowboard






2014年1月10日 (金)

初出動

お陰様で、例年と異なって少雪の冬を過ごしていた。昨日までは・・・。

思い出したかのように冬将軍様が元気になったものだから、一夜明けると、このザマだった。Img_0406
20cm~25cmは積もっていた。どうやら冬将軍様は暫くは居座るらしい・・・。長居は無用なのに・・・。しかも、今日は100km離れた八戸まで出掛ける予定が入っていた。よりによって、こんな日に雪道を100km走行しなきゃいけないなんて・・・。Img_0409
除雪機械がフル稼働しているせいで、スリップさえ注意すれば十分に走行できるけど、信号に雪が付着して危険極まりない状態。それでも、お仕事とあらば参るとしますか、八戸へ・・・。Img_0411
いつもは2時間の道程も、今日は3時間を要してどうにか到着~♬太平洋側の八戸は殆ど積雪なし。同じ青森県内なのに、羨ましっ・・・。Img_0422
堅~い会議を終えて再び青森へ戻れるけれど、帰路は生憎の吹雪で視界は最悪・・・。こんな時はおとなしく後続に位置付けて、前を走行する車のテールライトを頼りに走行するに限る!

けれども、視界が悪いせいで、先頭を走行する車が次々に先を譲る。4台目を走行していた私がいつしか先頭を走るはめになっちゃった・・・。

こんな時は必ずと言っていいほど、意地っ張りな側面が顔をのぞかせる私。「おっしゃー、俺が先頭を走行してやる!お前ら、みんな離れずに付いてきなっ!」

お蔭で、神経を擦り減らして吹雪の中を走行することになった。遭難するかと思った・・・。Img_0425
無事に職場に戻った頃には、皆、帰宅直前だった。「いやー、帰り道が猛吹雪で、大変な目に遭った~」「ズーと先頭を走ることになっちゃってさぁー」と部下に武勇伝を伝えてあげたのに、部下達は「そんなことよりも、早く帰宅したい・・・」って顔。そりゃそうだよなぁ、こんなに降ったんだから、早く帰りたいよなぁ~、ははは~(笑)俺も帰りたいもん・・・(笑)

吹雪の中を走行してきた疲れを早く癒したかったけれど、帰宅後には一番疲れることが待っていた。Img_0427
去年買ってもらった新しいスノーダンプが初出動する番だった。新品なので滑りは最高だったけど、できればまだまだデビューしないまま、暖冬少雪の暮らしを堪能したかった睦月の週末snow

2014年1月 9日 (木)

水際

仕事から帰宅したら、宅配便が届いていた。昨年末に不良品交換を申し入れていたDVDの良品がようやく届いたのだった。Dsc02198
DVDを観て過去を振り返ってばかりいるわけじゃないけど、私にとっては必需品の一つ。

これで、再び熱い感動が蘇る~♬

梱包されていたDVDを大事に大事に取り出して悦に入っていたら、台所から「ちょっと、コレって大丈夫だよね・・・」と奥さんの声がした。

振り向くと、奥さんの手には冷凍食品・・・。

「ははは~、さすがに巷で騒がれている冷凍食品が我が家にあるはずじゃないだろ~(笑)いちおう確認してみるけどぉ~」と言って、奥さんから冷凍食品を受け取り、新聞とにらめっこした・・・

チ―ズがのびーるグラタンコロッケっかぁ・・・、なんか聞き覚えがある商品名・・・」

よくよく見ると『ア〇リ食品』・・・。しかも製造は『群馬工場』・・・。あらら、ドンピシャ・・・。

Dsc02193
Dsc02191
次男が高校生の頃は弁当用に冷凍食品を買う機会もあったけれど、高校を卒業してからは、ほとんど冷凍食品など買わない我が家に、世間を騒がしている冷凍食品が何故あったんだろっ・・・。

「おいおい、大変!!例の冷凍食品だぜ、コレ!」と奥さんに告げると、「きっと、去年買っておいたと思う・・・」と奥さん。

「とにかく、食べなくて良かった~。該当商品を回収しているはずだから、メーカーには気の毒だけど送り返すことにするかぁ・・・」という私に、「じゃあ、そうしよう」と奥さん。

当事者のメーカーが対応に追われていることを思うと気の毒のような気もしたけれど、再び良品との交換をお願いすることになった、睦月の水際で難を逃れた日riceball


2014年1月 8日 (水)

アミーゴ

仕事中に携帯電話が鳴った。次男からだった。

メールが来ることさえ珍しいのに、電話とは・・・。何か良からぬことでも発生したか?

事故か?

病気か?

大学生活に嫌気がさしたか?

ラグビーを辞めたくなったか?

それとも「情けないぜ 助けてくれ 例の奴等に 追われてるんだ もうダメかもしれない ミ・アミーゴ」とでも言いたいのか?

私「もしもし、俺。どうした?」

次男「仕事中にご免。テレビを買おうと思うんだけど・・・」

私「はぁ~?テレビ・・・?」

次男「うん。今、ヤ〇ダ電器に来てるんだけど、どんなのがいいんだろうと思って(笑)」

私「(アミーゴじゃなくてよかった・・・)。家で観ているのがシ〇ープのア〇オスだから、同じブランドなら慣れてて使い易いと思うけど・・・。で、お金はあるのか?」

次男「小型だったらギリギリ買えるかも」

私「あっ、そう。同部屋の先輩達に迷惑がかからない程度のサイズだったら、いいんじゃないの」

次男「了解~。じゃ、そういうことで・・・。どーもー」Sharp_image
ギリギリ買えるってことは、帰省した際にかき集めたお年玉を投入するに違いなかった。

本当はイザという時のために貯めておけばよさそうなものだけれど、長男や長女と違って、次男は昔から買いたいものは買うタイプ。高校時代から毎月の小遣いもすぐに使いきる開幕ダッシュ型だった。

相変わらずの性格だなぁ・・・と思ったけれど、電話をくれるようになったことだけはちょっと変わったなぁ~と職場でニヤニヤした睦月の夕方tv

2014年1月 7日 (火)

楽しくハッピーに!

書き残したいことは多々あるけど、まだ次男のことになるので、趣向を変えることにした。

正月早々どうしても気になって気になって忘れられないポスターがあったので、当然のように写メに残した。

それは、次男と行った焼肉屋さんに貼ってあった。

Dsc_0019
いくら津軽弁がなまっているといっても、「カシス」を「カツス」とは言わない・・・。

「シャルドネ」を「ツャルドネ」などと本格的(?)な発音もしない・・・。

「『楽しくハッピーに!』って書いておるけど、たしかにハッピーかも~(笑)もしも飲んだら、超~なまるべなぁ・・・」と次男と2人で初笑いした、睦月の楽しくハッピーだった日wine

2014年1月 6日 (月)

元どおりっ!

晴れ間がのぞいているうちに、次男を送り出せて良かった。Img_0390

Img_0391_2
本当は、新幹線が運休するのも悪くないなぁ・・・と罪深いことも思ったりしたけど、どうせ上京しなきゃいけない身なら、晴れ間に津軽を発つことができたことは何よりだった。Img_0368
そして、今日から社会が動き出した。私も社会の末席に身を置く者として職場に復帰した。次男も今日から部活が再スタートしたことだろう。

職場では忙しさで気が紛れたけれど、帰宅すると奥さんと二人だけの生活が再び待っていた。

まっ、元の暮らしに戻っただけだしぃ・・・と強がってみることにした睦月の社会が動き出した日building

2014年1月 5日 (日)

フレーズ

きっと帰ってくるんだとー、お岩木山で手を振ればー。

あ~ぁ、ついに行っちゃったぁ・・・。Img_0405
帰ってこいよ~のフレーズがよぎる、睦月の次男が再び上京した日bullettrain

2014年1月 4日 (土)

濃い影

年末年始の休暇も明日で終了。「あと2日も休める」と思えばいいのだろうけれど、「もう2日しか休みが無くなった・・・」というネガティブ志向のまま、今日を過ごしていた。

比較的穏やかな天気に恵まれた今年の津軽だったけれど、今日は朝から雪が降り続けていたことに加えて、次男が明日再び上京することも気を重くしていた大きな要因だった。Dsc_0013
もう少しゆっくりと休ませてあげたいけれど、再び部活動が始まる次男は明日の新幹線に搭乗することになっていた。残り少ない時間を惜しむように、次男の合宿所に送付する食料品を調達し、外で食事を済ませて帰宅した。Dsc_0015

Dsc_0017

出勤の日が近付く中で、断続的に降り続く雪。そして再び上京する次男。光が強ければ強いほど影が濃いように、楽しい時が長ければ長いほど終焉は淋しいものだった。

せめて明日は晴れ間の津軽から送り出してあげたいと願っている睦月の上京前夜snow

2014年1月 3日 (金)

距離

去の12月28日から始まった年末年始の休暇も、とっくに折り返しを過ぎ、今日で正月も3日目。ゴロゴロしているうちに、帰省中の次男が津軽に居られる時間も残り少なくなってきた。

年が明けても、次男は高校時代のラグビー部仲間達との再会が忙しくて、家を空けることが少なくなかったけれど、今日は実家を訪ねた。次男と母が再会するのは約1年ぶりだった。

母は息子の私よりも、孫の次男に逢いたかったのだろう(笑)次男から大学生活やラグビー部の話を聞いて、目を細めていた。連れて行って良かった・・・。

帰路の途中、毎年詣でる神社へ立ち寄った。ちょっと遅くなったけど、今年の初詣だった。Dsc_0020
毎年お願いしているわりには、毎年のように福沢諭吉とは疎遠だったけど、今年こそは福沢諭吉と仲良しになれるように願った~♬Dsc_0022
次男は、正月からお賽銭に困窮していた~(笑)Dsc_0021とりあえず、実家を母を訪ねられ、初詣もできて、延期していたことぱできたけど、福沢諭吉との距離は延びたままだった睦月の我が家snail

2014年1月 2日 (木)

延期

お正月のうちは笑って過ごして、福を招き入れるつもりだったけど、子供達は勝手に出掛けてしまい、奥さんは食っては寝るダラダラ生活・・・。そういう自分も少々の二日酔いとあっては、笑いながら過ごすどころか、ガッカリしながら元日を過ごしていた。

当然、初詣も今日以降に延期するはめになるし、奥さんが行きたそうにしている初売りも延期。実家や親戚巡りも延期した。

それでも、正月恒例の大学選手権や花園大会といったラグビーの大きな大会もあれば、実業団や大学の駅伝も目白押しだったので、スポーツ系を中心にテレビ観戦に夢中になっていた。ほかにしたいこともないし・・・。

その箱根駅伝が今年も今日から始まった。ラグビーと駅伝の違いはあるけど、今年も次男の大学を応援していた。去年に続いて優勝してくれれば、次男のラグビー部にとっても弾みがつくはずだし・・・。

2014
長丁場の箱根路で襷を繋ぐランナーや、日本一を目指して楕円球を追うラガーマンを観ながら、延期したものを今日こそ実行しようと思わされた睦月の午前sports

2014年1月 1日 (水)

勢揃の余韻

2014年元旦。目覚めの体調は今一つ。いや、今二つといったところ・・・。長男、長女、次男と子供達3人が久しぶりに勢揃いしたことを良いことに、調子に乗って昨夜は呑み過ぎていた。

当然、初日の出など拝めるはずもなく、二日酔いを抱えながら起床した頃には、とっくに周囲は明るくなっていた。昨日までの早起きしていた自分はどこにいったやら・・・。

少々の頭痛を抱えながら、今年初めての国旗掲揚~♫Img_0388
今年最初のコーヒーを飲みながら、昨夜のことを思い出してみた・・・。Img_0367
紅白歌合戦で、「あまちゃんファミリー」勢揃いに気を良くしていた時間帯はシッカリしていた。AKBが登場した頃からだいぶ記憶がモヤっとしていた。この日の天気のように・・・。Img_0389
「一年の計は~」とも言うし、大急ぎでシッカリしようと試みている2014年元日horse

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック