無料ブログはココログ

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月27日 (木)

LINE

お陰様で、津軽も今週は好天続きだった。Dsc_0044_2

見る見るうちに・・・とはいかないまでも、少しずつ積雪量も減り、春が遠くないことを実感していた。Dsc_0046_2

2日前に長女が誕生日を迎えていたので、その日の朝に「誕生日おめでとう」とメールした。

その日の夜になって、「ありがとう」とメールで返信があった。そして、「今は殆んどLINEばかり使っているので、メールの使用方法を忘れた~(笑)」とも書かれてあった。

そんなにLINEって便利なんだろうか・・・と思いつつも、LINEを使える側と使えない側に線引きされたような気がした如月の午後mobilephone

2014年2月26日 (水)

想像不能

仕事の都合で、五所川原市まで出掛けた。

青森市からは車で1時間程度。

立佞武多(たちねぷた)で有名(?)な街だった。043_2

無事に仕事は済み、青森市内に戻ろうとした。

五所川原市内を走行している途中に、目に焼き付いてしまった看板があった・・・。

1度目は自分の目を疑いながらも、通り過ぎてしまった。

再びその広告看板のある道までグルっと回ってみた。暇な私だった・・・。045_2

046

どんな治療をするのか、想像さえしたくなかった如月の昼hospital

2014年2月25日 (火)

ウインドウズショッピング

今に始まったことではなかったけれど、自宅で愛用しているPCの調子が今一つだった。

使い過ぎか?それとも使用方法が下手で、PCに負荷がかかっているのか?

買い替えるゆとりは無し。奥さんに言ったところで、理解は得られない。でも、このまま使用するにはストレスがかかる・・・。

そんなことから、「何か掘り出し物のPCはないかなぁ・・・」と毎晩のようにネットショッピングのサイトをうろついていた、調子が今一つのPCで・・・。

PCの画面からは性能や価格は分かるけれど、質感が分からないと思い、仕事の帰り道に近所の電器店に立ち寄ってみた。

手頃なPCがあったとしても即決して買える訳ではないので、アレコレと実物に触ることはせずに、「余り興味はないけれど、暇だから立ち寄ってみた」程度の雰囲気を出しつつ、PC売り場をウロウロしていた。

幸か不幸か、PC売り場には私を含めてお客は3人だけ。気兼ねなくリサーチできると思っていた矢先に背後から声がした。

「何かご不明な点があったら、お呼び下さい」

きたきた、早速、店員が声をかけてきた。30代と思われる男性店員だった。

無愛想にしているのも大人げないと思い、「はい」と返事した。

返事をしなきゃよかった・・・。その店員は、1m半程度の距離を保ちながら、私の背後にズーと付いてきた。

別に今夜買える訳じゃないのに、そんなにマークされると帰り辛い・・・。それとも、中年の万引き常習犯とでも思ってるのかぁ?

微妙な距離のままで背後に居られるお蔭で、PCの品感を確認するどころではない・・・。

そして、こっちから折れたぁ~。私「最近はウインドウズ8が主流なんですよね、へへへ・・・」

さっきから無言のままで背後に寄り添っていた店員が、「さあ、俺に何でも聞け!!」と言わんばかりに自信満々にしゃべり出した。

まるで、「無知な中年に教えてあげてやる」とでも言いたげに、その店員は最初から私を見下すかのように聞いてもいないことまで説明し始めた。

PCに対する知識では明らかに店員の方が上だと最初から自負していたので、PCのことで店員の知識に対抗する気もないけれど、かと言って、黙って説明を聞き続けてあげるほどのお人よしでもなかった。

私「で、結局はウインドウズ8の特徴を分かりやすく言うと、何?」

店員「便利になったことです」

私「それだけ?具体的には?」

店員「使ってみれば分かります」

私「はぁ・・・」049 ニ巡目の説明を聞くのは回避させていただくことにした、如月の背後霊から逃れた夜pc

2014年2月24日 (月)

キラリ、ギラリ

食料品が心細くなった次男のために、近所のスーパーで食料品を買って、そのまま次男が住む横浜の寮へ宅配便で送ることにした。Dsc_0017

ところが、先頃の大雪のために宅配便の遅配が発生しているらしく、いつ着くかは分からないと言われた。

まっ、生鮮食品を送るわけじゃないし、賞味期限が切れる前に付けばいいや~と思い、そのまま宅配便でお願いしたけれど、まだまだ大雪の影響が根強く残っていることを改めて思い知らされた。

スーパーから帰宅すると、我が家にも荷物が届いていた。私宛てだった。送り主は、仕事上の付き合いのある団体からだった。

いつものように奥さんの眼の奥が光った。キラリと・・・。

しぶしぶ、包み紙を開いてみた。038

あら・・・。再び、奥さんの目が輝いた。今度はギラリと・・・。

数の子の醤油漬けの詰め合わせだった。039_2

津軽ではご飯のおかずとしてポピュラーな存在だったけれど、安給料の私では詰め合わせなど買える身分ではなかった。

奥さん「どれから食べる?」

奥さんは完全にワクワクしていた。というよりも、自分宛てに届いたかのように、封を切ろうとしていた・・・。041

私「分かったってば・・・。ホントにもう・・・」042

ブツブツ言いながら一つだけ封を切ったけれど、次男にも一つ送ってあげたかった如月の夕食時riceball

2014年2月22日 (土)

ガブ飲み

社長の代わりに、懇親会に出席することになった。急な話だったけれど、「社命とあらば、参りましょう」ということで、ノコノコと出掛けていった。特段、ビールをガブ飲みしたわけでもないけれど、ヘロヘロになって帰宅した。

本当は一人で休日出勤し、仕事の進捗を図る予定だったけれど、今日も二日酔いには勝てなかった・・・。

食欲も湧かなかったけれど、買い物に出掛けたついでに、昼食はラーメンにした。060

059

あぁ、煮干し系スープが五臓六腑に染みわたるぅ・・・。Dsc_0016

仕事の進捗は図ることができなかったけど、こんな日もあるさ・・・、と自分に言い聞かせながら、スポーツドリンクばかりガブ飲みしていた如月の土曜日noodle

2014年2月20日 (木)

配慮

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長で、元首相の森●朗氏が今日、福岡市内の講演中に、ソチ五輪のフィギュアスケート女子ショートプログラムで16位になった浅田●央選手について、「見事にひっくり返った。あの子、大事なときには必ず転ぶ」と言ったらしい。その発言に対して、配慮を欠いたものだとの指摘が出ていた。

東京五輪を牽引し、成功させるトップの立場だけに、「配慮を欠いた」と言われてもしょうがないかもしれなかった。

森●朗氏は、日本ラグビー協会の会長も務めているので、これまで何度か直に同氏の話を聞く機会があった。まっ、これまでも同氏は、KY発言が少なからずあったので、今回の発言についても「残念だけど、同氏らしいなぁ・・・」との思いで受け止めた。

同氏の発言の善し悪しは別にしても、きっと関係者はもちろん、不特定多数の人がその発言にガッカリしたことだろう・・・。

失敗を責められることで、アスリートを目指す者が減り、競技を前にして委縮するようであっては悲しいこと。今回の失言は、東京オリンピック・パラリンピックを成功させ、日本選手が優れた成績を収められるよう、組織委員会会長として奮闘してもらわないと・・・。

008

ソチオリンピックもいよいよ終盤。心と喉で応援している如月の夜ski

2014年2月19日 (水)

通販生活

必要に迫られて、インターネットショッピングを余儀なくされているうちに、用もないのにそのサイトを見る機会が増えていた。41ubsi6kvsl__aa300_

81kq41al3ol__sl1500_

最近では、半ば日課のようにサイトを見ては、「あっ、コレ欲しい」「電器店で買うよりも明らかに安いじゃないか」を繰り返してつつも、福沢諭吉と疎遠の我が身を恨んでいた。

職場で、部下にそのことを告げると、部下B「俺も好きですよ。週に一度はジャパネットタ●タの社長の声を聞かないと落ち着かないくらいです(笑)」

あのハイトーンボイスにハマっているのかぁ・・・(笑)

今夜もネットショッピングのサイトを見ていたら、奥さんが「コートが欲しい」と言い出した。

奥さんの方を振り向くと、タブレット型パソコンで同じショッピングサイトを見ていた・・・。

「『婦唱夫随』だけは避けなきゃ!」と固く固く心に決めた如月の夜toilet

2014年2月18日 (火)

自分用

とっくに時期外れの話題になってしまったけれど、今年も貰った~。チョコレート~。

奥さんからは一日早く。長女とその娘からは数日前に。長男の嫁さんからも~。みんな身内だぁ~(笑)007

毎年、賞味期限切れになるまで、冷蔵庫に入れっぱなしにしている私の行動を読み切っている奥さんに「今年は早く食べれば?」と脅された。

ごもっともぉ~。

とりあえず1個頂いてみた・・・。

その横で、奥さんもチョコを食べ始めた。

あらっ?あんたも?

どうやら、自分用にと、別途に買ったらしい・・・。

今までのことを思えば、その行動が納得できた如月の夜capricornus

2014年2月17日 (月)

過疎に雪

日曜日の雪掻きのせいで、腰にガッツリと疲労が蓄積していた。職場で椅子から立ち上がるのも難儀だった。

土日の豪雪が嘘のような好天だったけれど、むやみに出歩くと悪化させかねないので、腰に溜まった疲労をごまかしながら、ズーと職場の中で仕事に汗を流した。自分なりにだけど・・・。Img_0111

夕方になるにつれて、腰は快方に向かっていた。きっと、自分なりに仕事を頑張ったせいに違いなかった(笑)

好天だったことに加えて、仕事も順調に片付き、腰の調子も回復傾向だったので、いつもはブルーな月曜日だったけれど、今日は少しハイな気分で帰途についた。

そのハイな気分のままに、帰宅途中にも関わらず床屋へ寄った。「気分爽快の時こそ、もっとサッパリしよっ!}という単純な思い付きからだった。

私に許されている床屋さんは、今流行りの格安床屋さん。頭の中身に合わせて外観もそれなりに、という奥さんの理論を実践してのチョイスだった。最近はズーと格安床屋さんばかりだった・・・。

それでも、この日の私はハイだっので、元気良く床屋さんに飛び込んだ。

私「バッタリと半分にしてほしんだけど」

床屋さん「はい分かりました」

歳を重ねるに従って、頭髪の過疎化が始まっているのはとっくに実感していたので、「バッサリと半分に」というのは少なからず抵抗がないわけでもないけれど、今日は潔くカットしてもらうぞー。

チョキチョキの時間が暫く続き、若い床屋さんが「後ろはこんな感じでどうでしょうか?」と言いながら、合わせ鏡で後ろ姿を見せてくれた。

見なけりゃよかった・・・。

髪の毛は確かに有る。有るには有るけど・・・。

頭髪が雪景色になっていたことに呆然としながら床屋さんを出た。足取りも重く・・・。

やっぱり月曜日はブルーが似合う日なんだ・・・と観念した如月の夜hairsalon

2014年2月16日 (日)

いつまでもあると思うな

土曜日に三沢市から無事に帰宅するなり、長女から電話に来た。

『今日、泊まりに行っていい?』

正確には『今日、泊まりに行っていい?』だろっ(笑)と思いつつも、来る者は拒まず!もちろん大賛成。

長女の段取りで、たこ焼きパーティになった。ご馳走さまデシタ。Img_0105

楽しいたこ焼きパーティの一方で、外の様子が気になっていた。時々、カーテンの合い間から外の様子をチラ見すると深深と降っていた。

明朝の雪掻きからは逃れることができそうもない様子なので、長女とのサシ飲みはほどほどにして、就寝した。

それが正解だった。明朝は今冬一番の積もり具合だった。しかも、春が近くなった時期に降る、特有の湿った重い雪・・・。Img_0107

長女の愛車もスッポリと雪に覆われていた。Img_0106_2

長女の娘と息子が「雪掻きの手伝いができる~」と大喜びの一方で、大人達は「あぁ、どこから手をつけたらいいんだかぁ・・・」

ご近所も皆、総出で雪掻き。長女達の手伝いのお蔭で、我が家はどうにか片付けられたけれど、高齢者だけの世帯にとっては一大事。いつまでもあると思うな、体力と家族・・・。覚えておこうっと。Img_0108

たこ焼きをご馳走してくれた上に、雪掻きまで手伝ってくれた長女一家がお昼頃に自宅に戻った。お礼はまた今度・・・と思いつつ、疲労でグッタリと横になっていた如月の午後clover

2014年2月15日 (土)

北寄

奥さんに「三沢市に乗せて行け」と前の晩から言われていた。

仕事だったらしょうがない、乗せていくかぁ・・・、というわけで、吹雪の中を朝から運転手をさせられた。

仕事はお昼過ぎに終わった。吹雪が強まる前に青森市まで急いで戻りたかったけれど、せっかく三沢市まで来たことだし、「昼飯でも食ってから戻るかぁ?」と奥さんに聞いた。反対するはずがないことを分かってたから(笑)

「行き先は任せろ」とばかりに、三沢市内から三沢漁港に針路をとった。行き先は『はまなす食堂』。三沢市に行かなきゃならないと知ってから、予め調べておいたぁ~(笑)005_2

田舎によくありそうな店名だったけど、ここの店で食べてみたいメニューがあった。

三沢市に連れて行け、と言われてから密かに調べていた。ジャーン!でたっ、『北寄(ほっき)丼』003_2

三沢市の冬の特産物「ホッキ貝」を使ったご当地グルメだった。貝好きの私だったけれど、なかなか冬場に三沢市を訪れる機会が少なかったので、食べたいと思いつつも、なかなかありつけないでいた。けれども今日は食べられるぅ~。

『ホッキ丼』をメニューに掲げているお店は三十数店舗あるらしいけれど、共通しているのは地元のホッキ貝を加熱して使った丼物なら全てが『ホッキ丼』。従って、各お店によって『ホッキ丼』もさまざま。『はまなす食堂』さんは、卵丼の上に、湯通ししたホッキ貝が乗っかっている。

お新香、味噌汁、ホッキ貝の酢味噌和えが付いて¥800。漁港に近く、価格は他店の『ホッキ丼』に比べて手頃~♬002_3

味も想像していた通りぃ~♬004_2

お店の奥さんも親しみやすくて、いい人だぁ~♬(忙しそうだったから、写真に撮るのは止めておいたけどぉ・・・)001_2

『ホッキ丼』を食べられるののも、12月~3月まで。「来月あたりに、また三沢市内で仕事がないかぁ~?」と奥さんに催促していた如月の土曜日fish

2014年2月14日 (金)

聖地

ソチオリンピックに注目が集まっていた中で、高校ラガーマンの聖地『近鉄花園ラグビー場』(大阪府東大阪市)が、これまで所有していた近畿日本鉄道から東大阪市に譲渡されるというニュースが先日報じられていた。Img_0063
Img_0060
一部の間では、既に噂になっていたことだったので、大きな驚きもなく受け止めていた。

むしろ、「民間から公共に移管されることによって、安定した管理運営が行なわれればいいなぁ・・・。なんたって『聖地』だから・・・」という思いの方が強かった。

老朽化が進行し、維持管理費がかさんで赤字続きだという話は聞いていたけれど、長きにわたって『聖地』を守ってきてくれた近鉄には「ご苦労様でした」という感謝の気持ちでいっぱいだった。

今後は、2019年秋に日本で開催されるラグビー・ワールドカップ(W杯)の開催会場(まだ開催会場は決定していないけど)の一つとして、そしてこれまでと変わることなく高校ラガーマンの聖地として存在し続けてもらいたいと切望していた。Img_0064
次男達が駆け、跳び、倒し倒された、思い出の聖地・・・。2年連続で応援する機会に恵まれた思い出の聖地・・・。Dsc00324
一人のファンとして末長い存続を期待しつつ、いつの日かまた熱狂の中に身を置いてみたいなぁ・・・と、グラウンドの芝の匂いと色を思い出している如月の夜cancer

2014年2月13日 (木)

一流

ジワジワと盛り上がってきたソチオリンピック。

実力通りの活躍をみせる選手。その一方で、期待されながらメダル獲得に届かなかった選手もいる。O0690038912559167247
参加いることに意義があると言われたのは遠い昔のことかもしれないけれど、一級のアスリートが集うオリンピックという場に立つためのたゆまない努力を想像すると、やっぱり凄いことだと思う。Nakitowatabelarge570

渡部暁斗選手がノルディック複合で銀メダルに輝いたこともさることながら、現地でキャスターを務めた荻原次晴さんが生放送中に涙を流したことに感動した。

田舎の青森では、荻原さんがキャスターを務めたテレビ東京は放送されないけれど、インターネットでそのことが話題になっていたので、「きっと放送された動画があるはずだ」と思い探してみた。仕事中に・・・。

今さら言うまでもないけれど、荻原次晴さんは双子の兄・健司さんとともにノルディック複合競技で活躍した選手。

荻原兄弟を中心に、日本選手はアルベールビル、リレハンメルと2大会連続で団体の金メダルを獲得していたけれど、その後、日本に不利と思われるルール改正の憂き目に遭い、20年間の長きにわたってメダルを獲得できないでいた。

金メダルという栄光と、その後の低迷を知っている先輩競技者だけに、お家芸と言われながらも勝てなかった重圧を跳ねかえした後輩のメダル獲得が誰よりも嬉しく、そして感無量だったことだろう。

生放送(動画)の中の荻原次晴さんは、「日本の皆さん、応援ありがとうございました・・・。本当にこの20年間、ノルディック複合は皆さんに期待していただきながら、メダルを獲れなかったんです・・・。本当に苦しかったんです・・・」と絞り出すのがやっとだった・・・。

そして、「暁斗、本当に良かったよ・・・」と言ったきり、言葉にならなかった。

一流選手だけが知る苦労なんだろうなぁ・・・と思ったけれど、いろいろ調べたら荻原次晴さんは現役選手を引退した後も、ルール改正により低迷していたノルディック複合選手のために人知れず苦労していることが分かった。

">

現役時代の努力だけでなく、第一線を引退した後も後輩のために尽力した一流のアスリートの涙は、自分にとって間違いなく今大会の記憶に残る一場面になった。

「帰宅してから何回観てるの?その動画」と背後から奥さんの声がしたけど、どうしても繰り返し観てしまう如月の夜ski

2014年2月12日 (水)

活力

好天に恵まれた上に、仕事も問題なく進んだ一日だった。

その割には、なんだか精神的に疲れた一日だった。

本来ならば「充実した一日だったぁ~」と振り返るところだったけど、「あ~ぁ、明日も仕事かぁ・・・」という雰囲気だった。

気分転換にシュークリームを買った。

ケーキよりも、シュークリームの方が身近に感じていたことに加えて、美味しい割には価格も手頃だった。Dsc02276
たった2人だけど10個も買った。

どうせ食べきれないから、明日食べればいいや・・・。

これで気分転換できるか否かは保証できないけれど、食べ終えた時に明日への活力が少しでも湧けばいいやと思って別腹に収容してみることにした。

奥さんの方が1個多く食べた。

別腹のポテンシャルの違いを考えたら、湧き出しかけた活力がしぼんだような気がした如月の夜japanesetea

2014年2月11日 (火)

桜の気持ち

先日、長女の娘(8歳様)にお風呂掃除の助っ人をしてもらっていた。

せめてものお礼にと、弘前市内で開催中の『弘前城雪灯籠祭り』に連れていった。

033
027_2
到着するまで行き先を告げないでいたので、会場に着くなり長女の娘も息子(6歳様)も喜んでくれたけど、それ以上に奥さんと長女が喜んでいた~。ちょっと複雑だけど、まっいいかぁ・・・(笑)009_2
041
024
029
036
雪の滑り台って、結構楽しそう。やっぱり、子供は外で遊ぶのが一番~♬014
020
022
桜で有名な弘前城も、開花となると約3か月ほど先のこと。園内の桜は雪に耐えながら、咲き誇るその瞬間をジーと待っていた。039
ひととおり祭りを楽しみ、身体が冷えてきたので、昼食は暖かいうどんにしようと提案した。全員「異議な~し」058
昼食代の出費にジーと耐えた・・・。桜の気持ちが少し分かった気がする、如月のお礼をした日cherryblossom

2014年2月10日 (月)

Mg

運動不足なのか、逆に疲労が蓄積しているのか、あるいは病気なのか、はたまた単なる歳のせいなのかは分からないけれど、頻繁に足がつっていた。いわゆる「こむらがえり」ってヤツだった。

足がつるのは以前からだった。けれども、以前は就寝中に足がつっていたのに対して、最近はPCを前に正座している時に足がつることが多かった。

インターネットでいろいろ調べてはみたものの、なんだか的を得た答えに行きつかない。調べ過ぎたせいなのか・・・。

けれども、一つだけ記憶に残っている一文があった。「マグネシウム(Mg)不足が一因かも・・・」というものだった。

単純なので、数日前の帰宅途中にスーパーで買ってみた。初めてのサプリメント・・・。

もちろん、Mg不足が原因なのかどうかも不明だし、高価なサプリメントなど買えるはずもないので、気休め程度でしかないけど、「気は心!」と思い、買ってやった。Dsc02274_2
ついでに、脂肪対策としてコッチも買ってみた。続けて飲まなきゃ意味はないだろうけど、まずは1本目がスタートだから~。Dsc02273_2缶コーヒーはすぐに飲んだけれど、サプリは数日経過した今日に至ってもまだ封さえ切っていなかった・・・。けれども、サプリを買った日以降、一度も足がつることはなかった。足がつらなかったから、サプリを買っていたことさえ忘れていた・・・。

とにかく、結論的には効果テキメン!買っただけで効果があるとは凄っ!サプリってそういうものなのかぁ・・・?

奥さんに「あんたの身体はいいね、単純で」と言われたけど、腹が立たなかった如月の得した気分の日foot




2014年2月 9日 (日)

クリック

関東地方や南東北地方にお住まいの方々には申し訳ないけど、土日の津軽は殆ど降雪はなかった。

天気予報には「降るぞ!降るからな!降るんだぞー!」と脅されていたので、それなりに用心はしていたけど、拍子抜けするほど降らなかった。

まっ、こんな日もたまにはないとねぇ~♬

お昼過ぎに突然、次男からメールがあった。

今度は何事だ?雪で滑ってケガでもしたか?雪国育ちの次男に限って、まさかなぁ~(笑)

メールの内容は『秩父宮ラグビー場の雪掻きをしてる~(笑)』

メールは写真付きだった~。

「お~、一面真っ白の秩父宮ラグビー場かぁ~。スケート場かと思ったぜぇ~(笑)」

1391930158347この日、秩父宮ラグビー場では『ラグビー トップリーグ2013-2014 プレーオフトーナメント ファイナル(決勝戦)』が行なわれる予定だった。

けれども、降雪の影響により、観客・選手の安全確保や、競技の運営が不可能と判断されたため、延期となっていた。次男達の大学ラグビー部員が、代替開催日の2月11日(火)には試合が可能なように、雪掻き要員として駆り出されたのだった。

『これも良い思い出かもぉ~(笑)』と返信してやった。

普段は音沙汰のない次男から届いた近況報告が何よりも有り難かったので、次男から頼まれていた例の品をインターネットで注文してやることにした。

壊れてしまったリュックの代わりは、コレでいいことにしよっ。81kq41al3ol__sl1500__2

それと、2、3日前から頼まれてたマウンテンパーカーっていう衣類は、たしかコレでいいはずだよなぁ・・・。結構な高額だから、できるだけ長く着てくれればいいなぁ・・・。Mv07612901d01b
インターネットで注文する商品を決め、支払方法を選択する段階になった。

私「リュックとマウンテンパーカーを注文するけど、口座引き落としでいいよね?」

奥さん「買ってあげたい人が払えばぁ~」

うっ、つれない返事・・・。

最後の注文確定ボタンをなかなかクリックできないでいる如月の午後pc

2014年2月 8日 (土)

助っ人

長女が子供を伴ってやってきた。ちょうど掃除をしようとした矢先のことだった。

「一緒にお掃除した~い」と言うので、いつもは一人でするはずの浴室の掃除だったけど、8歳様と仲良くすることになった。Dsc02270
Dsc02271
Dsc02272
う~ん、さすがに小学生ともなると、手を抜かずに一生懸命やってくれるなぁ~。

Dsc02269
花嫁修業にはまだ早すぎるけど、お手伝いは大事なこと。冗談のつもりで「すごくピカピカになったなぁ~。毎週来るかぁ?」と聞くと、「うん。楽しいからいいよ~」

掃除が済んだので、8歳様の功績を伝えようと「今日は〇〇〇(8歳様)がお風呂掃除をしてくれて助かったぜ~」と奥さんに伝えると、奥さん「あっ、ほんと。それで、あんたは写真撮ってただけ?」

速攻でカーペットにコロコロ(粘着テープ)を転がした如月の土曜日spa



2014年2月 7日 (金)

イメージ

仕事中に鳴った携帯電話のメールは次男からだった。珍しい・・・。

きっと何か良からぬことでも発生したんだろうか?と思ってメールを開くと、『リュックがついに壊れた~(笑)』

確かに、先日帰省した際にも壊れかけていたけれど、やっぱり壊れたかぁ・・・。

まさか、無理やり壊すはずもないよなぁ。高校時代から愛用していた物だし、母校の名前と自分の氏名が刺繍してある思い出の品だもんなぁ・・・。Img_0393
無きゃ困るだろうし・・・、かと言って次男が購入資金を所持しているわけもない。ここは福沢諭吉に縁遠い私だけど、なんとかしなきゃいけないだろうと思い、勝手にインターネットで代用品を調べて、『これでどうだぁ?』と写真付きでメール送信した。

「我ながら、なかなかカッコいいやつを見つけたものだ。次男のイメージに合ってるぜ~」と満足しながらの送信だった。81n1okfrzul__sl1500_
間もなく、次男から返信があった。その返答はイマイチだった。

その代わりに『こんなヤツをイメージしてたんだけどぉ~(笑)』と再び次男から返信があった。81ijwhji6cl__sl1500_
「うっ、値段が高っ!こんなヤツをイメージしてたのかぁ・・・」

帰宅して、奥さんに次男のリュックが壊れたことから始まって、メールのやり取りの一部始終を話した。

「今回は、アンタが正しい!」

珍しく支持されたことは嬉しいけど、次男のイメージしたリュックに近付けたい気持ちも捨てきれず、リュックに押しつぶされかけている如月の晩bag

2014年2月 5日 (水)

置き土産

履歴書の特技欄に書けると思えるほどの『子離れできない病』がピークに達している中、次男が再び上京する朝を迎えた。

津軽の2月らしい朝だった。惜別の雪にしては、ちょっと多いかも・・・。

001
お伴の荷物は、キャリーバッグ(本当は私の物)とリュック。いつものいでたちだった。002発車の時刻が迫ったので、入場券を買って、一緒にホームへ駆けあがった(正確にはエスカレーターだったけど・・・)。006
乗車予定の新幹線はホームに入っていた。これか・・・、東京までヨロシク・・・。005
他の乗客と共に車両に乗り込んだ次男。背後霊のようにして、私も乗り込んだ。

私「今度帰省する時は、きっとネブタ祭の頃だろうなぁ・・・」

次男「たぶん」

私「まとまった休暇が取れそうだったら、また戻ってくればいいじゃん」

次男「うん」

私「じゃ、また頑張れ・・・」

次男「うん」

そして、次男を乗せた新幹線は東京に向けて走り出した。

次男が車内から手を振っていた。少々恥ずかしいけれど、ホームから私も大きく手を振り返した。何度も・・・。がんばれ・・・。

そして、次男は津軽を後にした。

あーあ、行っちまったぁ・・・。007トボトボと一人ホームを後にして、職場に戻ろうとしたら、雲の合間から日差しが照らしてくれた。さっきまでは、あんなに吹雪いていたはずだったのに。011
次男の置き土産だったんだろうなぁと思い、車中の次男に感謝した如月の日sun

2014年2月 4日 (火)

季節還

暦の上では春近しを思わせる立春だったけれど、寒波のせいで、断続的な降雪に見舞われた今日の津軽だった。

仕事を終え、帰宅の途中に駅に立ち寄った。帰省中の次男が明日、再び大学生活に戻るため、上京のための切符を受け取らなければならなかった。002_2
できれば、上京する切符がもう1枚欲しかった気もした・・・。Photo_2
「たまには外食にしよう」という奥さんの発案で、近所の焼肉店へ出向いた。Dsc_0017_2
奥さんと2人で食事するよりも、3人で食事をしたほうが明らかに美味しいと思えたのは、次男が居るからなのか、焼肉だったからなのかは分からなかった。

こうしている今も、窓の外では深深と雪が降り続いていた。

立春を迎えて春が半歩だけ近付いたのかもしれないけれど、春が別れの季節でもあることを思えば、春がもう少し先延ばしされてもいいのになぁ・・・と溜息をついている、如月の上京前夜penguin

2014年2月 3日 (月)

旧交

明後日には再び大学へ戻る次男は、寸暇を惜しんで旧交を深めていた(遊び歩いていた)。

高校時代の部活仲間を中心に、クラスメイトとの再会の毎日。そして午前様の毎日だった。

昨夜も高校時代のラグビー部仲間の誘いにいそいそと出掛けていった。

私「何時に戻るんだぁ?」

次男「分からん。朝までには帰るけど・・・」

一夜開けて目覚めると、玄関に見慣れない靴があった。

奥さんに聞くと、同じクラスだったラグビー部仲間が次男の部屋に泊まったらしく、2人で朝まで高校時代の試合をビデオ観戦していたらしい。まっ、仲のよろしいことで・・・(笑)Dsc00448
Dsc00457
Dsc00495_2
仕事から帰宅すると、またまた2人でビデオ観戦していた。その研究熱心さがもう少し早かったら、花園大会でも優勝できたのに、惜しいことをした・・・。

当然、2人の会話に割って入り、無理やり旧交を深めさせていただいた、如月の福は内の夜snowboard

2014年2月 2日 (日)

光景

帰省中の次男は、束の間の休日をそれなりに楽しんでいた。

幸いにも雪掻きをするほどの積雪もなく、のんびりと家の中で過ごしたり、友達と再会したり・・・。かと思えば自主トレと称して、母校の高校へ出向いて後輩達を相手にラグビーの練習をしていた。

「自主トレに行くから高校まで乗せていけ」と言うので、一か月ぶりに次男の母校に行ってみた。Dsc_0017
おー、懐かしいー。休日にも関わらず、在校生がいるのは受験勉強のためか、それとも部活動のためか・・・。それにしても本当に懐かしい光景だった。Dsc_0018
自主トレを終えて帰宅した次男は、暖房の前に古新聞を敷き、雪上ラグビーで濡れたスパイクを乾かして、汗と雪で濡れたジャージの洗濯に取り掛かった。高校3年間の中で毎日毎日見てきた光景だった。Dsc_0040_2
あまりに懐かしい光景を目の当たりにして、いつまで自主トレ期間中だったらいいのになぁ・・・と心の中で思った、如月の上京3日前shoe

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »