無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

反応

長女の娘(9歳様)と息子(6歳様)の面倒をみることになった。

家の中でゆっくりと休んでいたいけれど、子供は外で遊ぶのが一番。かと言って、外は暑い・・・。

悩んだ挙句に、やっぱり外出をチョイスした。奥さんも仕事だったので、3人で海へGO。Img_0003
Img_0007
Img_0008
潮風にあたりながら、港を散歩することにした。これなら、健康的だし、福沢諭吉が留守でも大丈夫~。9歳様と6歳様の反応も悪くないみたい。Img_0001
日陰を求めて、ペイエリア内に建つ観光物産館(通称・アスパム)に立ち寄った。

津軽三味線の演奏を暫く聴いていたかったけれど、9歳様と6歳様の反応は今一つ。

Img_0020_2
「これなら少しは興味も湧くだろう」と思って、2階へ連れて行った。

Img_0029
Img_0031
Img_0036

案の定、9歳様と6歳様の反応は悪くなかった。

Img_0039
でも、やっぱりソフトクリームに最も高い反応を示した、皐月の最後の日wave

2014年5月30日 (金)

二元中継

W杯出場を決めたジャパンラグビーがきょう30日、秩父宮ラグビー場にサモアを迎えて試合が組まれていた。

相手は格上だけど、今のジャパンなら勝てる。ましてホームでの戦い。

ということで、帰宅するなり、テレビのスイッチを入れた。

それと、ほぼ同時に携帯のメールが鳴った。次男からだった。

『今、日本対サモア戦を観戦中~』

なにぃ~、俺が画面で観てる試合の現地に居るのかぁ・・・。羨ましい・・・。

『前半、調子いいね』

『五郎丸(選手名)、今日もナイスキック~』

『松島(選手名)、やるなぁ~』

試合終了まで、試合ぶりについて次男とメールでやり取りした。

途中で、試合の写メールも送信してくれたぁ~♫Dsc_0228

お~、今夜の秩父宮は熱いぜー。Dsc_0228_2
試合に勝利したことに加え、次男とのやり取りに夢中になったせいで、一週間の仕事の疲れも忘れてすっかり酔いが回っていた皐月の金曜日night

2014年5月29日 (木)

交換

数日前から携帯電話に頻繁にメールでお知らせが届いていた。それも、必ず勤務中に・・・。

煩わしいので放っておいたけれど、あんまりお知らせメールが届くものだから、ついにアクセスしてやった。

お知らせメールの内容は、ド●モポイントが今月末で期限切れになるから、ポイントを交換せよ!という趣旨のものだった。数千ポイントを何かに交換しないと、損するらしい。

自分の携帯、次男の携帯、おふくろの携帯、奥さんのタブレットPCの4機種分も毎月払っているんだから、そりゃポイントも貯まるだろう。

小市民なので、帰宅後に「何もせずにポイントを失うのももったいないしぃ・・・」と思い、ポイント交換サイトにアクセスしてやった。

音楽や動画、ゲームのダウンロードもできれば、商品との交換もできるらしい。そして、思いついたままに商品を指定した。

その商品が今夜届いていた。何も知らない奥さんは、「また、何か買いやがって・・・」みたいな怪訝な顔をしていた。

段ボールから出てきたものを見た、奥さんの表情が変わった。

Dsc02642
日頃の掃除、洗濯の一助になればと思ってのことだったけど、とっさに「少し遅くなったけど、母の日のプレゼント~。ははは~、は、は・・・」と口から出まかせでごまかした。

Dsc02645
しばらく手にとって眺めていた奥さんだったけれど、「せっかくだけど、●●(次男)に送ってやるかぁ」と言う。

それもありだと思ったけれども、その代わりの物を奥さんから催促されるだろうなぁー、とピンときた皐月の夜mobilephone

2014年5月28日 (水)

普遍

国立競技場がその主要任務を終えた日曜日は、長女の娘(小3)と息子(小1)が通う運動会だった。

自分が走るわけでもないのに、ジャージ姿で応援に出掛けて行った。気合入りまくりで・・・。

長女の息子にすれば、初めての小学校の運動会。スタート直前にも関わらず、相変わらず愛想はいい。そろそろスタートに向けて心の準備をすればよさそうなものだけど・・・。

Img_0002
まっ、自分なりに一生懸命走っていたから、いっかぁ~(笑)Img_0006


3度目ともなると、娘の方は落ち着いたもの。過度な期待はしなかったけれど、まずまずの走りっぷり。Img_0023_2


綱引きも、元気良く頑張っていた。少しずつ成長しているんだろうなぁ・・・。Img_0013

子供は、地域にとって宝もの。従って、田舎の小学校の運動会は地域のお祭り。地域全体で盛り上がる様子は、昔も今も変わらない。Img_0011

Img_0010

Img_0027

Img_0017_2_2
日差しが強かったせいかどうなのか、奥さんは朝からアイス。その光景もまた、昔も今も変わらない・・・。Img_0016


もう一つ、昔も今も変わらない小学校の風景に出合った。Img_0026

私の記憶にある二宮金次郎とは少し顔のイメージが違ったけれど、これも時代かぁ?と思った、皐月の小学校に居た日sports







2014年5月27日 (火)

5.27の二人

5月27日。次男の二十歳の誕生日だった。

遠く離れた地で大学生活を過ごしている次男に、『二十歳おめでとう』とメールした。

5月27日。長男の次女の一歳の誕生日でもあった。

近所に暮らしていたけれど、長男と長男の嫁さんに『一歳おめでとう』とメールした。

間もなく、次男、長男、長男の嫁さんからそれぞれ返信があった。

一歳様が二十歳になる頃には、次男は39歳。その頃には、理解あるオジサンになっていてくれるかな・・・。Dsc_0004


Dsc02223

私がこの世を去っていても、同じ誕生日同士の叔父さんと姪として我が家を盛り立てていってくれたらいいなぁ・・・と近未来を想像しながら、お祝の機会がそれぞれ早く訪れるよう期待した皐月の27日birthday

2014年5月26日 (月)

聖火

サッカーW杯(男子)が来月に迫り、なでしこジャパンはアジアカップで初優勝、大相撲は千秋楽で、プロ野球は交流戦真っ盛り、メジャーリーグでも日本人選手が活躍・・・。

そんな中、他競技に比べて注目度は低いかもしれないけれど、英国で来秋開かれるラグビーW杯の予選を兼ねたアジア5カ国対抗の最終戦が25日、国立競技場で開催された。ジャパンの選手達は香港に49−8で完勝し、8大会連続8回目のW杯出場を決めた~♫10378273_681351325255829_7544228837

10152423_681351378589157_1517113731

直接観戦することなど叶わぬ身の上なので、衛星放送(J-SPORTS)にかじりついて、ズーとズーと観ていた。W杯出場を決めたことも嬉しかったけれど、もっと嬉しい意味があった。

2020年開催の東京オリンピックとパラリンピックに向けて建て替えられる国立競技場の最後の公式競技がラグビーだったこと。そして、そのファイナルとなる試合でW杯出場を決めたことだった。

1969年の東京オリンピックの開・閉会式会場になったのを皮切りに、ラグビーでは伝統の早明戦、新日鉄釜石や神戸製鋼が7連覇を果たした日本選手権と過去に幾多の名勝負が繰り広げられてきた。サッカーの天皇杯や高校サッカーの決勝戦、そしてコンサート会場としても多くの人に夢と感動を与えてきた国立競技場。Futta1759

そしてこの日、東京オリンピックで幕を開けた国立競技場の聖火台に、再び赤々と聖火が灯った。ジャパンのW杯出場を願うように。Pn2014052501001730___ci0003_r

そして、ノーサイドのホイッスルが吹かれてラグビーW杯出場が決定した後、国立競技場に別れを惜しむイベントが行なわれ、聖火台の炎はますます鮮やかさを増していた。その放送にズーとズーと見入っていた。10169293_681351371922491_5495925819

国立競技場を外から眺めたことしかなく、その芝を踏んだこともないけれど、国立競技場の56年の歴史が日本のスポーツの歴史でもあると思うと、ジーンとした。

2020年の東京オリンピックとパラリンピックまでに完成する新しい国立競技場でも、向こう50年間にわたって様々な競技の大会が開かれ、名勝負が繰り広げられるのだろう。未来的なフォルムに負けないように、熱戦を期待せずにはいられない思いだった。

Bd26aa01c9d2682e9fea0c8029bcb7af

B99a260e3bcd218a1a365c21e229d67f_2 

今度のオリンピックまで生きていられたら家出してみたいな・・・と思いつつ、ズーとズーとテレビに見入っていた、皐月の聖地・国立競技場に別れを告げた晩t-shirt

2014年5月24日 (土)

名は体を表す

久しぶりに、晩飯をラーメンで済ませることになった。

奥さんの提案だった。

(なんだよ、晩飯を作るのがめんどくせーのかよ・・・)と思ったけれど、黙って従った。ラーメンもフイにしては大変だから・・・。

訪れたのは、割と近所にある、比較的新しいお店だった。奥さんが「一度行ってみたい」と言ってた。Img_0184

名前からして、ガッツリ系だった。

お店の名前にもなっている『醤油豪麺』を頼んでみた。他のメニューをみたら、これが最もノーマルに思えたから・・・。Img_0186

しばらくして出されたラーメンは、麺は太麺、山盛りのモヤシ、チャーチュ―は厚切り、スープは濃厚で、しかもスープには刻んだニンニクがドッサリ!

それ相当に美味しかったけど、ラーメンを食べ終えた後に飲み干した冷水がもっと美味しかったぁ~。若い時なら、この程度のガッツリ系は平気で食べられたはずなのに・・・。

もう完全に胃が中年仕様になっているとなぁと実感した皐月の夜noodle

2014年5月23日 (金)

放浪記Ⅱ(目的ver)

2度目の家出の目的を果たして、帰路に就く前に、試合を終えたばかりの次男と再会した。

近況を聞いておこうと思ったからだった。もっとも、1週間前の家出(1回目)の時も近況は聞いていたけど・・・。

1度目の家出と2度目の家出の間(1週間)に、次男は中古の50ccバイクを買っていた。正確には、我々が買わされていた・・・。

万が一、事故に遭ってからでは遅いし、「お前の心身だけじゃなく、チームらも迷惑がかかるから、絶対に安全運転を励行しろ。間違っても、飲酒運転(まだ19歳だけど)は厳禁だ」ということを伝える意味もあっての再会だった。Img_0134

1回目の家出の時は奥さんもいたけれど、今回は私と次男だけ。じっくりと話を聞いた。

大学生活のこと、部活動のこと、将来のこと・・・。そして、気持ち良く酔っ払ってしまった(私だけ・・・)。

バイクという心配の種は増えたけれど、取りあえず放浪の全目的は果たした皐月の夕方bicycle

2014年5月22日 (木)

放浪記Ⅱ(総括ver)

2週連続で家出をしたお蔭で、福沢諭吉とのご縁はますます薄くなり、体力は枯渇していた。

そのことは家出から戻るたびに、常々痛感していた。Dsc_0015

Dsc_0033

Dsc_0035_2

Dsc_0050

Dsc_0052

Dsc_0065

Dsc_0059

Dsc_0075

それでも、家出をしなきゃ得られない想いや光景もあるってことを改めて確認した、皐月の放浪を総括した日night

2014年5月21日 (水)

放浪記Ⅱ「負の遺産ver」

朝から好天だった日曜日。前日に休日出勤した分もゆっくりと過ごすつもりでいたけれど、そうもいかない事情があった。

繰り返していた家出の負の遺産は、まだまだ残っていた。

ズバリ、庭の雑草取りだった。

ご近所の手前、そろそろ重い腰を上げる時が来ていた。

「そろそろ雑草取りをしなきゃなぁ・・・」と分かっていながらも、行動が伴わず、ついに「そろそろ雑草を取ったほうがいいんじゃない?」と奥さんに言われた。ごもっとも・・・。「しょうがない。やるかぁ・・・」

先ず奥さんがゴミ袋を持って外に飛び出したそれから5分遅れで、私も外に飛び出した。しぶしぶだけど・・・。

奥さんは家の西側から雑草取りに着手していた。わざわざ並んで雑草取りをすることもないと思い、私は家の東側から雑草取りをすることにした。

それが失敗だった。お日様のよく当たる東側の雑草様は、成長具合も立派だったぁ・・・。

午前10時半に開始した雑草取りは、結局、午後3時まで続いた。

途中で「そろそろ昼飯を~」と思ったけれど、無言で雑草取りをしている奥さんを見たら、それを言える雰囲気にはなれなかった。Img_0209

11袋のゴミ袋を眺めて、「おぉ、取ったどぉ~」と一定の達成感はあったけれど、3日経った今も足首がカクカクしている皐月の夜bud

2014年5月18日 (日)

放浪記Ⅱ(ツケver)

相次ぐ家出のツケが見え隠れした一週間だった。

2度目の家出から戻った翌日は、職場の健康診断だった。

月曜日の朝から健康診断があるのも如何なものかと思うけれど、それを分かっていながら家出する自分は無鉄砲だった。

往復を深夜バスに揺られたせいで、お尻と腰には明らかに疲労が残っていた。

Img_0122_3

それでも真面目に前の晩から飲食をピタッと止めて、翌朝の健康診断に臨んだ。

身長はまたまた縮んでいた。

その分、体重は微増・・・。

いつ頃から定着したのか分からないけれど、相変わらずの高血圧。今年も3度も測ってもらった・・・。

詳細な結果は暫く先にならないと手元に届かないけれど、精密検査を免れない項目もきっとあるはず・・・。

生活習慣を見直すことは必須だったけれど、家出の習慣を見直すことができるかどうかは自分でも自信がない、皐月のツケに直面している夜cloud

2014年5月17日 (土)

あらっと居間の女王

今日は休日出勤のため、午後から八戸に向かわなければならなかった。

「せめて、午前中だけではまったりと過ごしたい~」というささやかな願いも聞き入れられることなく、朝から家の中の掃除を手伝わされた。

2週連続で家出してしまった身としては、逆らうわけにもいかず、黙って掃除を手伝った。

まっ、今後の家出のこともあるし、できることだけはしとくかぁ・・・。

どうにか掃除が済んで、綺麗になったとおもったら、『ピンポーン』とチャイム。

誰かと思えば、長男とその娘(3歳様)。これから映画『アナと雪の女王』を観に行くとのこと。シネマデートか、いいなぁ・・・。Chara_elsa

その2分後、「あらっ・・・」

掃除したばかりの居間は足の着き場がなくなった。Photo

うっ・・・。楽しそうに遊んでいる姿を見ると、さすが怒れない・・・、ははは~(笑)

我が家にも女王がいた、皐月の休日出勤前tulip

2014年5月16日 (金)

放浪記Ⅱ(西口ver)

  2度目の家出の目的を終えて、再び帰宅する段階になった。

今朝着いたばかりだというのに、もう帰宅かよぉ~。しかも、また深夜バスの旅・・・。

帰路のバスは新宿発だった。西口周辺なら勝手知ったる場所。疲れているくせに、また西口辺りを放浪することにした。よせばいいのに・・・。Img_0147

Img_0144

Img_0146

おっ、懐かしい~。NSビル、ワシントンホテル、都庁・・・。Img_0143

Img_0137_2

コンクリートにはコンクリートの綺麗さがあるなぁ・・・。Img_0136_2

さすがに財布もくたびれていたのでパワースポットを巡るのは諦めて、バスの搭乗時刻を待った皐月の西口の夜sagittarius

2014年5月15日 (木)

放浪記Ⅱ(言い訳ver)

相次ぐ家出の主たる目的は、次男と再会し、試合ぶりを観戦することにあったけれど、他にも家出したくなる理由はたくさんあった。

高校時代からの先輩達は、今も変わらずに頼れる先輩方だった。残念ながら、2人ともケガのせいで、今回の試合は出場できないでいたけれど、高校時代から面倒見のよい、心優しい先輩たちだった。この先も宜しくお願いします。Dsc042001

Dsc_0026

Dsc_0010

高校時代からのチームメイトで、今も同じラクビー部仲間の活躍を観るのも楽しみだった。1年生の時からAチームで活躍し、同学年では出世頭だった。今日の試合も頑張ろう~。Dsc_0021

次男の高校時代の後輩で、今春入部してきた後輩2人の様子も気掛かりだった。ホームシックになっていないだろうかと思い、試合開始前に声を掛けたら、2人とも元気そうで、安心した。Dsc_0006

Dsc_0005

そして、いつも暖かく受け入れてくれる保護者仲間や寮のおばちゃん(去年まで)と楽しく会話を交わすのも上京時の楽しみの一つだった。皆さん、今日も頑張って応援しましょう~。Dsc043861_2

Dsc050991

Dsc045611

そして、礼儀正しいチームメイトの存在も、グラウンドに足を運ばせる理由の一つだった。今年は絶対に一部復帰を果たすぞー!Dsc051131

とにかく、逢いたい人達が多過ぎる・・・と思う、皐月の家出の言い訳をする日fish

2014年5月14日 (水)

放浪記Ⅱ(見学ver)

ゴールデンウイーク後半の家出から戻ったら、バチがあたった。体力を消耗していたせいか、風邪をひいていた。

三度の飯よりテッシュペーパーが不可欠だった。にも関わらず、その週末の金曜日に再度、家出を試みた。今度は一人旅。

土曜日の試合に次男がAチームでフル出場する、と知ってしまった以上、黙って週末を迎えているわけにはいかず、「今夜の深夜バスは空いてないか?」と仕事そっちのけでスマホで深夜バスの空きを探していた。テッシュパーパーを片手に・・・。

探した甲斐があって、空席があった。奥さんに「俺、今夜のバスでもう一回行ってくる」とメールした。「どうぞ勝手に・・・」の返信を確認するとともに、数時間後に発車する深夜バスをスマホから予約した。

そして、土曜日の朝には再び東京に降り立っていた。体調は今一つだけど、グラウンドに行けば治る予定だった。Dsc_0006

今回は余計な放浪もせずにグラウンドに直行したお陰で、試合開始時刻まで余裕があった。大学のキャンパス内を改めて観て回った。許される範囲で・・・。Img_0129_2

Img_0110_2 

食堂も安い上に美味しそうだ。Img_0107

Img_0106

Img_0109

自動販売機は、どれか買うと校歌が流れてくるので、ついつい調子に乗ってお茶と水を2本も買ってしまった。Img_0130

キックオフが待ち切れずに大学構内を探索してしまった、皐月の放浪癖が染みついていた土曜日school

2014年5月13日 (火)

放浪記(デビュー編)

今年度最初の放浪の目的は、息子の試合応援に他ならなかった。

息子が所属するラグビー部は、A、B、Cチームで構成する。乱暴に説明すれば1軍、2軍、3軍で構成しているわけだけれど、急に家出することにしたのは、いよいよAチームで試合に出場すると聞いたからだった。

1年生の時もAチームに名前を連ねるチャンスが何度かあったようだったけれど、ちょうど耳の手術時期と重なったことなどから、1年生でAチームデビューは叶わずにいた。

Aチームでも、Bチームであっても、ケガすることなく与えられた役目をこなしてくれれば、それはそれでよいのだけれど、「いよいよAチームで出場かぁ・・・」と思うと、津軽の地でジーとしていられなくなって、急遽応援のために家出を決行したのだった。

加えて、昨年度の低迷を踏まえて、今年度からチーム強化に乗り出していたこともあり、今年のチームの様子が気になっていたことも大きな要因だった。

Img_0113

試合の前の晩に突然、息子に電話した。「近所まで来てるんだけど、寮から出てこられるかぁ?」

明日の試合のために休ませてやればいいものを、呼び付けて久しぶりに息子と再会した。

「明日の勝利(まだ勝っていないのに)と再会を祝して乾杯~」Img_0096

2か月ぶりの再会だけれど、3人で過ごす時間がとても懐かしく思えた。

その一方で、次男の頭髪がパーマ姿だったので、新鮮でもありつつ、ちょっと違和感もあっけれど、まっ、そのうち見慣れるだろっ。ちょっとは大人になったってことにしとこっ!

とにもかくにも今夜のビールの味は格別~♫(たいていは、毎回そう言ってるけど・・・)Img_0097

奥さんは、大学生活のことをアレコレと聞いていた。あんまり聞くものだから、息子に代わって私が応えてやろうかと思った。「フツー」って・・・。

明日の試合を控えて、あまりおそくまで拘束するわけにもいかず、「じゃ、今夜はコレぐらいにしとくか(名残惜しいけど・・・)。明日のAチームデビュー、ふぁいとぉ~」Img_0102

翌日は、早朝から関東地方を襲った強い地震で目が覚めた・・・。Aチームデビュー戦だというのに、こんなに揺れやがって、あぁ眠い・・・。

前の晩に息子を拘束したせいか、早朝の地震のせいか、私の応援が足りなかったせいか、息子のAチームデビュー戦は負けたぁ~。残念・・・。まっ、次は勝とうぜー。Img_0121

試合終了後、保護者仲間が撮ってくれた一枚をきっと忘れることはないだろうなぁ・・・と感謝した、皐月のデビューした日camera

2014年5月12日 (月)

放浪記(近代編)

浅草参りを企てたところまでは良かったけれど、人の波に圧倒されて気疲れしていた私達。まさに「浅草に参った・・・」の状態だったけれど、田舎者根性を発揮して次なる放浪場所を探していた。

人並みから離れるようにして隅田川沿いまで歩いた。「あっ、いい眺めだぁ~」Img_0045

そして対岸には、近代的な建築物が・・・。Img_0086

少なくとも、津軽では見掛けない光景・・・。 Img_0081

当然のように、次なる放浪先に決まったぁ~。高~い塔を目指して再び歩き始めた中年夫婦だった。Img_0041

Img_0037

Img_0035

額に汗して辿りついた私に比べて、奥さんの目は輝いていた。明らかに、あの上に登る気だ。わざわざお金を払ってまで、あんな怖い場所に登る奥さんの気が知れなかった。Img_0012

固辞に固辞を重ねたけれど、奥さんの勢いに押されて、しかたなくエレベーター乗り場へ向かった。しかし、神様はわたしに味方してくれた~♫入口には整理券を求める人、人、人・・・。

私「ははは~、残念だなぁ~♫せっかくここまで来たのになぁ~♫この人の多さだと、何時になったら登られるか分からないもんなぁ~(笑)」

奥さん「しょがないかぁ・・・」Img_0015

ははは~、人の波も時には悪くはないもんだぁ~♫。それでも、気を取り直した奥さんのリクエストにより、たくさんのショップが立ち並ぶ「東京ソラマチ」なる建物内をくまなく歩かされた・・・。

Img_0021

まっ、あの上まで登らずに済んだだけでも良しとするかぁ・・・。Img_0076_2

頭上に金のウ●チが乗っかっている写真は未だに見せていない、皐月の人波に救われた午後building

2014年5月11日 (日)

放浪記(昭和人編)

家出には、一つだけ目的があったけれど、それ以外は全く白紙のままに東京へ上陸していた。

目的遂行には時間が十分あったので、自然と「何処かに行くかぁ・・・」といい流れになった。

深夜バスに11時間も揺られ、体力も気力も十分に消費していたので、近場で、のんびりできて、何よりもお金がかからない場所を・・・。

空っぽの頭を振り絞った結果が、浅草・・・。我ながら昭和人だと思った。Img_0053

ところが、のんびりできる場所には程遠かった・・・。浅草って、こんなに人が集まる場所だったっけ?Img_0057

Img_0059

Img_0055

来てしまった以上はしょうがない。とりあえず、お参りするかぁ・・・。「明日の試合が無事に終わりますようにぃ―」Img_0063

Img_0065

それにしても、恐るべき人の波、波、波・・・。Img_0067

ヘロヘロになりながらも、「どんなに疲れていても、人力車のお世話だけにはなるまいっ!と見栄だけで放浪していた皐月の浅草参りdenim

2014年5月 9日 (金)

セレブ

前回の家出で鼻風邪をひいてしまったため、今週はティッシュペーパーと大の仲良しになっていた。朝から晩まで片時も離れることなく・・・。

まさに、今週の私にとっては生活必需品様だった。

どうにか今週を乗り切り、明日と明後日は体調回復Dayに充てるつもりでいた。

常識的には、誰もがそうするところだった。しかし、 馬鹿な中年は今宵も一人、深夜バスに揺られていた。体調も顧みずに・・・。 1399639776052.jpg

搭乗前に「鼻セレブ」だけはしっかり4個買った、皐月の無謀な夜 chick

2014年5月 7日 (水)

放浪記(いきなり本編)

終始、笑顔が見られた。それだけで家出した甲斐があった。Dsc_0038

Dsc_0020

Dsc_0032

試合に臨む次男の姿は何物にも代えがたい瞬間だった。

Dsc_0052

Dsc_0097

深夜バスに長時間揺られた疲労も忘れられた。相変わらず、単純だった。

Dsc_0050

Dsc_0071

3、4年生に交じりながらも臆することなく、よくやった(と思う)。Dsc_0060

Dsc_0039

息子から元気な姿をプレゼントされた皐月の「子供の日」t-shirt

2014年5月 6日 (火)

放浪記(序幕)

ゴールデンウイークも後半に入ると、県内各地でも桜が散り始めていた。

「津軽もいよいよ初夏に向かうぞ~」とポジティブに捉えられればいいのだけれど、「あーあ、せっかく待ち望んでいた桜が散っていくのかぁ・・・」というネガティブ志向が先に立っていた。

時節に逆らってもどうにもならないことは承知していたけれど、明らかに淋しさの比重が重かった・・・。

だからというわけじゃないけれど、思い余って家出することにした。何度目の家出になるのかは忘れたぁ・・・。しかも、今回も保護者同伴(奥さん)・・・、ははは~、は、は、は。

ゴールデンウイーク中だし、急に新幹線のチケットを取れるはずは無し!仮に取れたとしても、福沢諭吉は依然として行方不明。

その一方で、この時期に愛車で高速を走ることなど、ガソリンを撒き散らしながら、渋滞の盛り上げ役になるだけ。

おのずと、移動手段はパス。家出する身には、深夜バスが似合ってるかも・・・。

しかしながら、そのバスもゴールデンウイーク期間中は予約でほぼ満席。なんとか空席を探しだし、インターネットでチケットを確保した。ふふっ、これで家出できる~。

Img_0001

長時間の乗車でお尻が痛くなることは学習済み。しっかりと対策を講じれば、何とかなるっ!少しだけ家出準備を整え、中年2人の家出が今回も幕を開けた。Img_0003

南下するバスに一晩揺られた末に、どうにか無事に着いた。朝の陽ざしがビルに反射して眩しかった。Img_0004

「今日は何処を彷徨って、どこまで放浪してみようかなぁ」と思いながらアスファルトの上に降り立った皐月の4日早朝bus

2014年5月 3日 (土)

800グラム

数日前に、小荷物が届いた。

奥さん「あ、やっと来たかぁ」

私「いったい何だ?」

奥さん「お肉~」

私「何で肉が?」

奥さん「頼んでおいたから」

そりゃそうだろうけれど、なぜ肉が我が家へ?

奥さん「これ1万円相当なんだよねぇ。倉石牛だったかな?」

私「何ぃ~?1万円の肉?しかも倉石牛だってぇ?」

奥さん「そう。伝票にも、そう記載してある」

私「その1万円の倉石牛を買ったのか、お前?」

奥さん「まさか。仕事の施策で何か貰えるから、倉石牛にしてみたんだけど」

あぁ良かった・・・。

県内一とも称されるブランド牛が目の前に鎮座していること自体が信じられなかった。

封を切って、箱の中身を見た。内容量は800グラム。間違いない、倉石牛だ。Img_0023

800グラムで1万円とは、我が家の食卓に上がる食材の中で、後にも先にも最も単価が高いのは明白。我が家に不釣り合いだぁ・・・。

奥さん「暖かくなったけど、そのうちにスキ焼にしよっか?」

私「おぉ、そうするか」と言ったものの、次男の顔が思い浮かんだ。アイツにも食わせたかったけれど、保存しておくと冷凍焼けするかもしれないらしい。残念・・・。

倉石牛様のお披露目を終えると、長女に見つからないようにと、奥さんは冷蔵庫のズーと奥に倉石牛様を仕舞い込んだ。

俺が知らないうちに普段もそうしてるんだな、きっと・・・と気が付いた皐月(正確には卯月)の晩taurus

2014年5月 2日 (金)

カムフラージュ

5月1日を前に、注文していたブツがギリギリ届いた。

奥さんが「欲しい」と言っていたのを覚えていた。

福沢諭吉には縁が遠いけど、野口英世なら多少は親しみもあるので、高価なものではないけど、奥さんの誕生日に合わせて頼んでおいた。

気に入ってもらえたみたい。

というか、今までそれらしいことを殆どしてこなかったから、サプライズだったらしい。

まっ、そんなこともあるさ、ははは~。91hgmlflpl__sl1500_

これからの時期は紫外線も強いし、リボンが気を引いて顔をカムフラ―ジュしてくれるだろ(笑)

これを被せて今年もラグビー観戦に連れていくことになるのかなぁ・・・とボンヤリ思っている、皐月の年齢差が一つ縮まった日drama

2014年5月 1日 (木)

「子供の日」前倒し

実は、青森市内の公園にも花見に出掛けていた。花見好きというか、ジッとしていられない性分というか・・・。Img_0112

Img_0104

Img_0111

長女の家族を伴って出掛けた先は合浦公園(がっぽこうえん)。海浜公園なので、春は花見客、夏場は海水浴客で賑わう、青森市民憩いの場所だった。写真に海は写ってないけどぉ~(笑)Img_0083

Img_0095

Img_0092

寒くても、暑くても、子供はアイスがあればイイ子にしている~(笑)Img_0097

ついでに総合運動公園にも足を伸ばした。街歩きの延長のつもりで、少しでも身体を動かそっかなぁ・・・という魂胆だった。Img_0123

Img_0130

自分も身体を動かしたいけれど、あそこまでは動けないなぁ・・・。

Img_0114_2 

Img_0113

とりあえず気持ちだけはジャンプしていた、皐月(正確には卯月)のBG(ベビーギャング)の機嫌を取った日foot

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »