無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

川っ!

八甲田で山の雰囲気をちょっと感じて、次なる場所へ移動した。

八甲田山を再び南下すること30分。着いた先は奥入瀬渓流。

「山」といえば、合言葉は「川」と昔から決まっていたしぃ~。

普通に撮影すれば、こんな感じ・・・。

Img_0022

シャッタースピードを遅くして、少し変化を・・・。Img_0025
さらにシャッタースピードを遅くすると・・・。Img_0028
同じ場所を撮影しているのに、流れに変化ができて、自己満足~♪Img_0029

撮影しているのは楽しいけど、奥さんの冷たい視線が背中に・・・。別に存在を忘れているわけじゃないけど、あと5分だけお待ち下さいませ・・・。Img_0030
もう少し南下すれば十和田湖に至るけれど、奥さんの顔に「腹減った」と明快に書いてあった。

この場は、腹ごしらえすることにしよっ、と思い「道の駅奥入瀬ろまんパーク」にGO!Img_0038
Img_0040
Img_0043
我が家のお昼ご飯にしては贅沢すぎるけど、ドライブに連れて行ったご褒美というわけで、奥さんが固い財布をこじ開けてくれた水無月の「川」の日sweat02





2014年6月27日 (金)

山っ!

先日のことだった。いつもの命令が下った。

「どこかに連れて行け!」

そう来ると思ったけれど、行きたい場所も特段なかった。

かと言って、出掛けないわけにもいかないらしいので、「しょうがねぇ・・・、行くか・・・」と急遽、出掛けることにした。

心の中では「近場で済ませよっ」と思いつつ、行き先を決めずに車を走らせた。

取りあえず、向かった先は八甲田山方面。Img_0018_2
しばらく走行して着いた先が酸ケ湯(すかゆ)温泉。Img_0007
最近では、日本一の積雪量として少し知られるようになった温泉地だった。生憎と入浴の準備もしていなかったので館内を眺めるだけ~(笑)Img_0008
Img_0009
少し離れた場所にある地獄沼で硫黄臭さを満喫した後、再び走行。この辺りには、まだ今冬の積雪が消えずに残っている場所もあちこちに。Img_0013

さらに車を走らせた末に着いた先は睡蓮沼。Img_0015
いろんな高山植物が自生しているけれど、私に分かるのはツツジだけぇ~(笑)Img_0016
「ひょっとしたら、つまらなかったかもしれないなぁ・・・」と思って奥さんの様子を見たら、意外らも山の雰囲気を楽しそうに満喫していた。ほっ・・・。

Img_0017_2
時には雑踏を避けるのも悪くないかもぉ・・・と思った水無月の「山」の日fuji






2014年6月26日 (木)

逆光の道

時は夕方5時。海沿いの道路を青森に向けて走っていた。

Img_0072
ジーと運転している場合ではないと思った。

Img_0064
梅雨シーズンにも関わらず、呆れるほどに綺麗な海辺の光景を目の前にして、ついつい車を路肩に停めた。Img_0071
夕焼けまでは、あと1時間くらいだろうか・・・。逆光の中で、水平線へと誘う、輝く海の道が延びているように見えた。Img_0066
キラキラ輝く水面をズーと見ていたいと思ったけれど、日が沈む前に職場に戻らなければならなかったので、後ろ髪を引かれる思いで、再び車を走らせた。

Img_00721
あぁ、このまま日が沈むまで眺めていたい・・・。

Img_0067
3分後に再び車を停めてしまった水無月の夕方sun

2014年6月25日 (水)

ライセンス

数日前に自動車運転免許の更新手続きを済ませてきた。

無事故無違反だったので(正確には違反を摘発されなかったので)、優良ドライバーとして短時間の講習だけで済んだ。

新たに交付された免許証は、以前のものに比べて少し厚みがあった。ICチップが埋め込まれているらしい・・・。何のためのICチップかは、知らない・・・。偽造防止のためだろうか・・・。

とにかく、無事に免許証の更新が済んで、颯爽と免許センターを後にした。

ルンルン気分で運転していると、あらっ、進路方向にパトカーが・・・。さっき新しい免許証になったばかりだし、今後も優良ドライバーとして更新するためにも注意しないとぉ~。Img_0051
そのパトカーの手前では、RV車が信号機に勝負を挑んだらしく、電柱が横たわっていた。RV車もタダでは済まなかったみたい・・・。Img_0049
Img_0050

若い頃に比較すれば、動体視力も低下しているだろうし、判断力も鈍っているかもしれないし、暴走中年は止めておこうと戒めながら、帰宅後に免許証をマジマジと見直した。Photo
ところが、少しだけ右側に顔を向けている自分の写真にどうしても引っ掛かった。

この免許証を5年間所持するのかぁ・・・と自分にガッカリした、水無月の残念な日car


2014年6月24日 (火)

地球の裏側へ

サッカーW杯ブラジル大会が真っ盛り。

日本の1次リーグ最終戦が6時間後に迫っていた。

ここまでの戦いでは結果を残せていないけれど、きっと明朝の試合では何かを残してくれるだろう。ふぁいとぉー。

さて、ラグビーでもW杯が来年開催される。

W杯に向けた強化が実り、日本代表チームは最近、諸外国とのテストマッチで10連勝!先週の土曜日はイタリアから初めて勝利を上げた~\(^o^)/05
世界ランキングも、つい先日まで14位だったのが、12位にランクアップし、ついに10位となった。

世界のベストテン入り~♪とついつい喜びたいところだけれど、まだまだ強化の道は続く。04
03
ラグビー日本代表の選手達からも、サッカー日本代表選手達の活躍を期待する声が上がっていた。Jrfu2014_photo_by_hnagaoka_02
サッカーに比べると、今のラグビー人気は低くなったけれど、ここはラグビーファンだけでなく、野球ファンも相撲ファンも一緒になって、地球の裏側で頑張っているザックジャパンへ声援を届けねば!

少し興奮しつつ、明朝のテレビ観戦に備えて早く就寝することにした水無月の晩soccer

2014年6月23日 (月)

東映

10日ほど前に業務で下北半島へ出掛けていた。生憎の天気だった上に、距離が遠くなるにも関わらず、わざわざ迂回して太平洋側に寄り道したのは、■▲●の建物を見たいためではなかった。

生憎の天気だったからこそ、見たくなった光景があった。Dsc_0107
Dsc_0108
Dsc_0109_2
そそっ、海だった。珍しくもないけれど、荒れた海が観たかった・・・。

Dsc_0110
Dsc_0114
Dsc_0115
Dsc_0116
Dsc_0117_2
Dsc_0119
ヘタレだから、海際までは行かないっ!遠くから眺めているだけ~。Dsc_0120
Dsc_0121
Dsc_0123
Dsc_0129
Dsc_0122
Dsc_0125
Dsc_0128
Dsc_0127_2
Dsc_0125_2
Dsc_0126_2
東映映画を何本も観たような気分に浸った水無月の水が沢山有った日wave

2014年6月22日 (日)

折り返し

ついに夏至を迎えてしまった。Img_0002
言うまでもなく、一年の中で最も昼が長くて、夜が短い日。

Img_0051

ってことは、昼の長さも今日がピーク。

これから半年後の冬至に向けて昼が徐々に短くなって、夜が長くなるのかぁ・・・。

Img_0003
本格的な夏を迎えるというのに、その先にある秋や冬の日暮れの早さを少し想像していた水無月の梅雨の合間clock

2014年6月20日 (金)

億千万の胸騒ぎ~♪

数日前の夕食後のことだった。

突然、テレビを観ていた奥さんが「郷ひろみのコンサートでも観に行こうかな?」と言い出した。

そう言えば最近、盛んにテレビで青森公演のお知らせをしていた。

加えて、殺虫剤のCMも毎日のように映し出されていたので、きっとその影響だろう・・・。

Photo
それにしても、昔は西城秀樹のファンだったはず・・・。

「何で、今頃になって郷ひろみ?」と聞いた。

「コンサートであの姿を観たら、何だか元気になれそうな気がする」と言った。Img_0001

(今以上に元気になる気かよぉ・・・)と思ったけれど、トリガーノズルでシューと吹き付けられそうだったので、言うのを止めておいた水無月の夜karaoke

2014年6月19日 (木)

湿原

思わぬ頂き物をしたので、何かお返しを・・・。

そう思いつつも、先立つものがないので、日曜日の午後になってドライブに誘い、頂き物の埋め合わせすることにした。

行き先を告げずに着いた先は、つがる市のベンセ湿原。奥さんは初めて。私は30年ぶり。Img_0040

今頃の時期は、ニッコウキスゲが咲いている時期だった。たまには、自然の花を観賞するのもいいかも・・・、という単純な発想。

幸いにも好天だし、彼方に見える岩木山も絶好調~。

Img_0022
Img_0037
Img_0036

ユリ科の花だったと記憶してるけれど、詳しい知識はない。見た目のとおり、黄色いユリのつもりで湿原を歩いて観て回った。

Img_0031
Img_0029

Img_0028
Img_0027
7月になると、今度は花菖蒲に取って代わるらしい・・・。Img_0033
奥さんは、今一つ興味が無かったのか、この日は感心が薄かったのか、どんどん先へと歩みを進めた。Img_0030
「おーい、あんまり急いで進むと、重みで木道が沈むぞー」

奥さんは、ますます先を急いだ。きっと、聞こえちゃったみたい・・・。Img_0024

湿原では失言禁止の看板も出してほしいと思った水無月の日曜午後tulip

2014年6月18日 (水)

隙間

日曜日の頂き物は、まぎれもなく『父の日』を意味していた。

日頃、家族のために何か役立っているわけではないけれど、「今後も頑張って働け」という期待とも、激励ともつかない意味が込められているんだろう・・・。

とりあえず、ありがたく頂戴させていただいたけど、過度な期待はご容赦願いたいものだった・・・。

">

とりあえず、この先も仕事と家庭のニッチな空間を居場所としつつ、気張らずにやっていくかぁ~と思った水無月のとある日snail

 

2014年6月17日 (火)

落ち着き

日曜日に、長男の嫁さんからいただいた。Img_0050

アロハシャツかな(笑)。似合うかどうかは別にして、この夏着てみよっ!あざーす。

その日の午後、奥さんが「買い物に連れて行け」と言い出した。

買ってもらった。夏物のブレザー。確かに軽~い♪Img_0047
さっそく、来てみることにするかぁ。あざーす。

続けざまに靴屋さんで靴も買ってもらった。Img_0044

しかも2足も~♪

サイズの大きな靴を探すのに日頃苦労しているので、「この際、2足買えば?」という言葉に甘えさせてもらった~。

Img_0045
あざーす、あざーす。

いろいろと周囲が優しいので、寝るまで少し落ち着かなかった水無月の日曜日present

2014年6月16日 (月)

先日、県立郷土館に行ったのには、再度観ておきたいものがあったことも理由の一つ。

その再度観ておきたいと思ったものが、『3代目ねぶた名人』の故・佐藤伝蔵氏による代表作『国引』。Img_0015
昭和47年に沖縄が日本へ返還され、国内が喜びに湧く中、制作者の佐藤伝蔵氏はこの時の喜びを“国を引き帰した”として『国引』に表現し、同年のネブタ祭りに出陣させた。

近年の最高傑作とされ、青森県立郷土館の開館当初から、同館にその主要部分が特別展示されている。

40年以上も前の作品なのに、未だに綺麗なのは、昨年修復したから。

修復以前の展示ネブタは、こんな感じ。511622bf7a08fc0f2327e06b1f445f12
修復前のほうが当然色あせているけれど、圧倒的に迫力がある。

ちなみに、出陣した本物の『国引』の運行風景がコレ。面の迫力が10倍も違う・・・。S47_3
「修復することは必要不可欠だけど、俺が知ってる『国引』とは明らかに違うような気がするんだけど・・・。面の迫力がないっ・・・」とガッカリしながら、郷土館の中を観て回った。Img_0010


Img_0007

Img_0011

Img_0017_2_3


Img_0014

縄文時代から近年までの歴史や民俗、暮らしを改めて観て回ったことで、「ここに生まれ育って、今も生きてるんだなぁ・・・」と何だか分かったような分からないような感想を抱いた。Img_0009


それでも、もう一つの懐かしい顔と再会できて良かったなぁと思った、水無月の郷土愛の日search










2014年6月15日 (日)

21世紀中年

一週間程前に、県立郷土館へ足を運んだ。Img_0001

企画展『おもちゃ百科図鑑~あそびの今昔~』が開催されているからだった。

八戸市在住の玩具収集家で、測量会社社長の安田勝寿氏が所蔵している1万点のコレクションの中から一部を展示しているもの。

何しろ、映画『20世紀少年』の3作全てに彼のコレクションが小道具として出演していた。言い方を変えれば、彼のコレクションなしには、映画『20世紀少年』は成立しなかったとさえ言われている。Img23
館内に入るなり、いきなり「マジ~ンGO~!パイルダ~ON~!」Img_0003
Img_0004
Img_0013
おぉ~、駄菓子屋さんのイメージ~♪

でも、デジカメのバッテリーがない・・・。事前の準備ミス・・・。しかたないので、スマホで撮影しよっ・・・。Dsc_0021_2
Dsc_0019
Dsc_0020
「光る海 光る大空 光る大地~   行こう無限の地平線~  走れエイトマ~ン 弾丸よりも速~く 叫べ胸を張れ 鋼鉄の胸を~♪」(昔の歌ならよく知っている・・・)
Dsc_0024_2
ブリキって、哀愁と郷愁の塊だぁ~(笑)

Dsc_0022
Dsc_0025_3
Dsc_0026_2

あっ、手前の旧・青和銀行(現・みちのく銀行)の人形型貯金箱、俺もいっぱい持ってたぁ~(笑)

Dsc_0027

Dsc_0028_2

Dsc_0029_3

今でも作ってみたいと思うプラモデル・・・。

Dsc_0030

これもレコード屋さんの前にあったなぁ・・・。Img_0005_2

羨ましいなぁ、いつまでも五十肩にならなくて・・。

Img_0002
アートは分からなくても、昭和の玩具は超~理解できる水無月の童心に戻れた日carouselpony

2014年6月14日 (土)

■▲●

金曜日は、朝から下北半島に向かわなきゃいけなかった。部下に行ってもらっても良かったけれど、敢えて自分で行くことにした。

青森からは2時間強・・・。遠い・・・。それでも、仕事とあらば参りましょう・・・。

Dsc_0106
仕事は予定通りに順調に片付いた。その余勢をかって、帰路は遠回りすることにした。すぐに青森に戻ればよいものを、また悪い癖が出始めた。

Img_0036
グイッとハンドルを太平洋側に切って、久しぶりに東通村を通過して青森へ戻ることにした。山里を暫く走ると、突然、立派な建物が次々に現れ始めた。

あっ、たしか中学校だったっけ・・・。Img_0034_2
こっちの村立体育館は、普通に見慣れた四角形。Img_0032
役場庁舎は三角形・・・。Img_0030
その隣に建つ交流センターは丸・・・。この交流センターは、教育委員会や議事堂も兼ねている。Img_0028
聞くところによると、この四角、三角、丸がそれぞれ天・地・人を表しているのだとか。

凡人の私には、分からない、ははは~。

Img_0033
Img_0029
それにしても、相変わらず、色といい、意匠といい、何とも言えない・・・。巨大なナマコか、ナウシカの『オーム』のようにも見える、ははは~(笑)

何度見てもグロいとしか感じられない、水無月の自分の美的感覚の限界を悟った午後building

2014年6月13日 (金)

定点観測

津軽も梅雨の真っ最中だったので、ご多聞に漏れず昨今は連日降雨。

それでも、梅雨の合間を縫って街なかを移動する場合は歩くことを続けていた。短い距離だけど・・・。

この日は、ちょうど小学生達の下校時刻だった。

長女の娘や息子も、今頃は下校時刻かなぁ・・・。そんなことも考えたりした。Img_0018_2
友達とふざけ合いながら下校する光景は、自分でも身に覚えがあるので懐かしくもあり、微笑ましくもあった。

間違いなく、俺にもあんな頃があったなぁ~。たしか、あったはず・・・。Img_0016
ここの神社の前を歩いて通るのも何度目になったことか・・・。

Img_0001
同じ場所を通過しているにも関わらず、日々いろいろな光景があって、いろいろな思いを抱くんだなぁ・・・と、ぼんやり考えた水無月の午後eyeglass

2014年6月12日 (木)

目にウロコ

先日、若手ネブタ師によるミニネブタ展を観に行ってきた。

それはそれで、将来のネブタ祭りに期待を抱かせるものだったけれど、館内で気に入った展示物があった。

高さ2メートルほどの『鯉のぼりネブタ』。

Img_0015
近付いてよくよく見ると、中央部のウロコだけがネブタの和紙じゃないことが目に付いた。

参加した市民が、ウロコの一枚、一枚に願い事を記入していた。絵馬のような、七夕の短冊ような・・・。

そして、一枚、一枚をジーと拝見させていただいた。

Img_0031
きっと、受験を控えた高校生だろうなぁ。
Img_0032
ははは~、叱らない程度に頑張ってママさん。
Img_0029

俺の子供時代よりも明らかに視野が広い・・・。
Img_0030
それぞれの願いが叶う日が来ればいいな・・・と柄にもなく思った水無月のほっこりさせていただいた日fish

2014年6月11日 (水)

本来の趣旨

「できるだけ歩くようにしよっ・・・」といったん決めたからには、連日のように歩くように心がけていた。単純だから・・・。

今日もいつもの神社を通り過ぎて、地下道を利用した。先日までの暑さの時は、日除け効果満点。昨今のような降雨時は雨除けにと、地下道の便利さを今さらながら痛感していた。地下道様、どぉーもぉー。
Img_0003

その地下道様の壁面はギャラリーになっていた。そのことは当然知っていたけれど、ここを通過することが目的だったため、どんなアートが最近展示されているのかなど気に留めることもなかった。Img_0012_3

どうせ、観たところで芸術のセンスもなければ、何を表現しているのかなど解釈のしようもない私なので、「何か描いてあるけど・・・」程度にしか思わずに、通過、通過、通過の毎日だった。

幸いにも、今日も人通りが少なかったので、ギャラリーを意識しながら通過してみた。

これは青函連絡船の八甲田丸を描いたであろうことは私でも分かった(笑)Img_0005
このあたりから、既に意味不明・・・。
Img_0006
Img_0007

いったい何だこれ・・・。

Img_0008
Img_0009_2

完全にピカソにしかみえない・・・。

Img_0010
地下道の中にある休憩スポットで、我が身の芸術センスのなさを今さらながら実感した。Img_0011
やっぱり、地下道は歩くために存在するんだと、固く自分に言い聞かせた水無月の午後art

2014年6月10日 (火)

orとand

先週末に職場内で大事な会議があった。

会議の数日前から、部下達に会議のテーマを伝え、会議の席上でそれぞれ提案できるようにと促していた。

そして迎えた会議。同席する社長を前に、部下達は1提案づつ発表した(予定通りだ、根回し成功)。

続いて私の番。部長の立場上、「A案またはB案、もしくはC案」の3案を提示した。

「いいね、それ。全部取り組んでくれ」

はぁ?

私が提案したのは、「A案またはB案、もしくはC案」

一方、社長は「A案とB案とC案のすべて」

私が提案したのは『or』

社長は『and』

しかも、取り組むのは私・・・。言わなきゃよかった・・・。

それ以来、頭の中を占めるのは、A案、B案、そしてC案・・・。

月曜日に再び寄港していたダイヤモンド・プリンセス号に搭乗して、逃避行したくなった。Photo
Photo_2
逃れられるのならば、この際、にっぽん丸でもいいけど。Photo_3
今夏は、いつもの夏よりも暑い夏になる覚悟をした水無月の会議のあとship

2014年6月 9日 (月)

締め括り

月曜日にも関わらず、グラウンドにいた。休暇をとったわけではない。ズル休みをしたわけでもない。試合会場に近い方面に仕事を入れただけ。

「午前中はシッカリと仕事を頑張ったことだし(自分なりに)・・・」と自分の心に言い聞かせて、グラウンドに向かった。

まっ、地球温暖化や消費税率アップに比べたら、私がグラウンドにいることなど大きな問題ではないっ!

とにかく、今日は高校総体の決勝戦!まして、相手校には7か月前の新人戦の決勝戦で苦杯を舐めさせられていた。その後の春季大会は勝利していたけれど、現チームにとっては1勝1敗の相手。因縁の相手だ。勝利で高校総体を締め括れ~。Img_0002
Img_0013
Img_0010
全校応援とはいかないまでも、スポーツ科学科の生徒達が応援に駆け付けていた。あぁ、懐かしい~、あのお揃いのTシャツ。Img_0012

厳しい練習の甲斐あって、終始リードを保ったまま試合が進む。いい流れ~。Img_0023_2
Img_0017_2
そして、ノーサイドの笛~。17対0で優勝!4連覇。通算では・・・、何度目の優勝か忘れたぁ・・・。Img_0028
表彰式を終えて、応援スタンドに駆け寄った選手達。Img_0029
Img_0030

7か月前の決勝戦で敗れたリベンジを果たせて良かったね。東北大会は厳しい戦いになるだろうけれど、本県代表としてファイトー。

試合終了後、すぐに次男へ後輩達の優勝を報告した水無月の月曜日sunで締め括るつもりが、急いで職場に戻った水無月の月曜日sun

2014年6月 8日 (日)

高揚感

今日は高校総体の準決勝だった。本当は昨日の準々決勝も観たかったけれど、八戸へ出掛けていたため、次男の後輩達を応援できるのは今日しか残されていなかった。

前夜に床屋さんで散髪し、少し高揚感を取り戻して試合会場に向かった。

グラウンドに着いて、まず恩師である監督さんに挨拶に行き、父兄仲間と合流した。

お~、幟旗が懐かしい~♪Img_0008

現役の選手達の父母は無論だけど、我々のような父母会OB&OGの姿も・・・。

試合の観戦と応援ももちろんだけれど、父母会OB&OGとの再会もこの日の楽しみの一つ。どーも、皆さんご無沙汰しております、引き続き今後とも宜しくお願い申し上げる今日この頃でございますm(__)m

『青北キャンディーズ』もお元気で何より~。Img_0013
この日の準決勝は快勝。おめでとー、この調子で、明日の決勝戦もふぁとぉー。Img_0009
高原のグラウンドは少しヒンヤリしたけれど、高校ラガーマンの熱気は今も昔も変わらない。Img_0011
Img_0010
久しぶりに芝の緑も目に焼き付けられ、親しい方々とも再会できたし、明日から再び頑張ろうと、その時は思った水無月の午後run

2014年6月 7日 (土)

面構え

休日だったけれど、仕事を入れていたため、朝から八戸市へ向かった。仕事自体は1時間程度の容易なものだったけれど、往復に4時間以上を費やすことが億劫だった。

それでも、予定通りに仕事自体は朝飯前~。

「帰宅できるのは嬉しいけど、このまま休日が潰れてしまうのもちょっとぉ・・・」という、いつもの小市民根性が頭をもたげてきたので、青森市内に戻ってきてから寄り道した。相変わらず小学生並みだった・・・。

寄り道した先は、青森駅前に建つ、青森市文化交流プラザ『ねぶたの家 ワ・ラッセ』。Img_0014

目当ては、館内で開催中の『ミニねぶた展~ねぶた師をめざして~」。Img_0025

ねぶた制作者の後継者を育成する一環として、現役ねぶた師から推薦された若手後継者によるミニねぶた5台を展示しているものだった。

5年後、10年後、そして20年後の青森ネブタ祭りを担うであろう製作者達の現状を知っておきたいと思ったから、是非行こうと思っていた。若い製作者の力量を知ったらからといって、お手伝いも協力もできるわけじゃないけど・・・。Img_0026
Img_0020
Img_0017_2
Img_0019

Img_0023

Img_0018_2

いい面構えだぁ~。Img_0019_2

Img_0016
将来が楽しみな力作にも出会って、寄り道した甲斐があった水無月の寄り道した日chick

2014年6月 6日 (金)

歩こ~♪

昨日の神頼みが叶ったかぁ?朝から小雨がパラついてくれたお蔭で、気温が下がってくれたー。

神頼みのせいではなくて、津軽も今日から梅雨入りしたせいだった。

いつも通りに街歩きをしたけれど、どことなく昨日までとは感じる景色が違った。Img_0013
Img_0023

公園の樹木や花々が「暑さから逃れて、やっと一息つけた~」と胸を撫で下ろしているように感じた。Img_0016_2
Img_0020
一番胸を撫で下ろしたのは私だったけれど、雨上がりの公園を歩くのは悪い気分じゃなかった。「歩こ~、歩こ~、私は元気ぃ~♫」ってかぁ~。Img_0018_2
Img_0025
公園が元気を取り戻したように感じた水無月の午後bud

2014年6月 5日 (木)

寄り道

街歩きをしていていると、決まってこの前を通過する。Img_0005

街なかにある神社。普段は詣でる人も殆ど皆無。Img_0008
普段は特段お願いすることもないので、素通りばかりしていた。Img_0007
今日は一つだけお願いしてみた。

もうちょっと、涼しくなりませんかねぇ・・・。Img_0009
願いが届いたかどうかは神のみぞ知る水無月の午後sun

2014年6月 4日 (水)

ダディクール

この時期に、ここまでの暑さは頼んでもいなければ、お願いもしてなかった。

にも関わらず、お陰様で本日も絶好調に暑かった。

例年なら、どんな近い場所でもエアコンの効いた車で移動してきたけれど、今年の私はまだ歩きを優先していた、現時点では・・・。

今日も街を歩いて移動していると気付いたことがあった。

季節外れの高温に、滅入っているわは私だけじゃなかった。Img_0014
Img_0024

皆、うなだれていた。かろうじて元気そうな奴もいたけれど、総じてクタ~となっていた。

ははは~、気の毒だけど暑さに滅入ってるのは俺だけじゃなかったぁ…(笑)Img_0026
Img_0027_3
地下道を通って、職場に戻ることにした。誰もいない地下道に私の靴音だけが響いた。無駄な公共投資と言われないように、一人だけど元気に降りていった。Img_0028

あらっ?冷っとして気持ちイイ~♫

壁面のタイルの気持ちいいことぉ~♫

街歩きにはうってつけのクールポイント~♫Img_0030
当面、街歩きの時は毎回通ろうと決めた水無月の午後tulip








2014年6月 3日 (火)

熟成

先日行ってきた健康診断の結果が職場に届いた・・・。Img5301619160001


『親展』の文字が妙に赤く思えるのは考え過ぎかぁ・・・。

どうせロクなことは記載されていないであろうことは、大方の予想がつく。

仕事で疲れた心身に、自ら負荷をかけるのはよしておこう。

明日できることは今日しない。慌てる乞食は何とかというし、果報は寝て待てということわざもある。

とりあえず、今夜は熟成させることにした水無月の夜memo

2014年6月 2日 (月)

無限

耐えられないほどではなかったけれど、連日、暑かった。

できる限り仕事では歩くよう心掛けていたので、連日の快晴はありがたくもあり、ありがたくもなしだった。Img_0010
業務を終えて帰路につく途中、毎日のように西日にさらされていたけれど、けして不快なだけではなかった。Img_0020
Img_0012_2
職場から自宅まで20分間だけを切り取っても、西の空は実にさまざまに表情を変えていた。

無限の色に照らされながら、柄にもなく少し見取れていた水無月の夕方sun

2014年6月 1日 (日)

最終兵器

明日からは再び忙しい一週間になるし・・・と思い、今日は休養に徹しようと思っていたけれど、昨日の長女一家に続き、今日は長男一家がやってきた。

奥さんが段取ったらしく、出掛けるはめになったぁ・・・。

しかも、出掛けた先で、3歳様(長男の長女)の世話を押し付けられたぁ~。

奥さん、長男、長男の嫁さん、1歳様(長男の次女)の4人は、仲良く買い物するらしい・・・。

この日の3歳様は、元気ハツラツそのものだった。Img_0015
全身にオロナミンCが流れているじゃないかと思うほど、よく動く。Img_0002
付き添っているはずのこちらが疲れた・・・。早く、4人と落ち合いてぇー。

4人と再会して、ようやくお役御免になったけれど、今度は1歳様のご機嫌をとらなきゃいけなかった。どうぞ、仲良くして下さいませ・・・。

Img_0022
仲良くなるには、例のアレでご機嫌を探るに限る!Img_0032
やっぱり、ソフトクリームは最強兵器だぁ。

当然、3歳様も嫌いなはずはないっ!

Img_0031
Img_0036
最終兵器のお蔭ですっかり仲良しになった水無月の午後chick


« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »