無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

卵味

横手市内にある『秋田ふるさと村』が翌日の行き場所となった。

Img_0001
Img_0027
Img_0028
子供にとっては、格好の遊び場だった。

Img_0025
Img_0037
Img_0046
Img_0047
一部訂正。楽しんでいる大人もいた・・・。

Img_0041
皆様、楽しんでいただけたようで何よりでございます・・・。
Img_0005
横手に来た記念だと思い、昼食は『横手焼きそば』にした。目玉焼きの黄身を焼きソバに絡めて食べたけれど、コレもありだと思った。ご馳走さまでした。

Img_0004_2
こんな施設が青森にもあったら、子供達の想像力も地域愛も磨かれるだろうなぁ・・・と思った。

その一方で、こんな施設が県内にあったら、金欠にますます拍車がかかるかもぉ~と思い出しながら、1時間後に迫った次男の帰省を待っている文月の夜fastfood

2014年7月30日 (水)

乗り乗り

動物園に隣接する遊園地に着いた頃は気温も絶好調だった。Dsc02677
温度計は34℃。こんなに暑い中で遊園地を楽しめるんだろうかぁ・・・と心配したけれど、その心配は杞憂に終わった。子供は、コレがあればいいのかぁ・・。

Dsc02680

それにしても、電池も入っていないのに、チビッ子はよく動く・・・。Dsc02691
Dsc02690
Dsc02705
皆様、楽しそうなご様子。盛り上がっていただき、何よりです・・・。

Dsc02694

Dsc02695

よくもまぁ、こんなに怖いものに乗るよなぁ・・・。
Dsc02712
Dsc02713

Dsc02718
Dsc02684
あらっ、アンタも乗ったのかぁ・・・。その重さに耐えられるマシンって我慢強い。

Dsc02682
私も一緒に乗ろうと誘われたけれど、もう高い所はご免だったので、丁重にお断りして、地べたで水分補給させていただいた。あ~、お水が旨いこと~。

Dsc02679
遊園地の乗り物も一通り乗りこなし、宿へと向かうことにした。目指すは横手市。

秋田市から1時間半ほどの道中だったけれど、当然のように皆様はご就寝。運転する立場からすれば、羨ましい限りでございます・・・。

そして、奥さんが予約していたホテルに無事到着。高い所をはしごしてハラハラしたけれど、何とか事故もなくチェックイン。

Dsc02727
ホテル内の温泉で疲れを癒した後は、晩飯を兼ねて市内探索に出掛けた。どこまでもタフな家族だった。

Dsc02730
夕日を借景にした横手駅が綺麗だったけれど、それよりも、今は空腹が勝っていた・・・。

Dsc02732
晩飯も盛り上がったけれど、明日は何が待っているのかと思うと、簡単には酔えない気がした文月の晩carouselpony

2014年7月29日 (火)

アルバイト代

貴重な休日を秋田行きに費やしたため、疲労回復どころか、疲労感たっぷりの月曜日だった。

良く言えば「運転ボランティア」だったのか、はたまた単なる「運転代行」だったのか・・・。

それはさておいて、今日も仕事の忙しさと暑さにより疲れを増幅させて帰宅した。

夕食後、しばらく経ってからテーブルに出された。

先日、秋田に行った際に「道の駅」で買ったらしい。

Dsc02736
大好物~。スイカやメロン、カキ氷よりも好きだったりする~。

これがないと、夏が来た感じがしない(笑)

Dsc02739
美味しい。ハハハ~♪

でも、ちょっと飼い慣らされたような気もした文月の夜cancer

2014年7月28日 (月)

平屋好き

今夏の最高気温と思われた土曜日に秋田県に居た。

休日出勤もないし、暑さも厳しいし、ゆっくり家で体力温存を図りたかったけれど、それを許してくれない家族がいた。

夏休みだし、私の休日出勤も終わりそうだし・・・、ということで奥さんが勝手に長女一家と秋田旅行の話を進めていた・・・。今のタイミングじゃなくてもよさそうな気もするけどぉ・・・。

青森から一路、秋田へ。トイレタイムと休憩を兼ねて「道の駅てんのう」に立ち寄った。

Dsc02646
過去に4~5回立ち寄ったことがあったので、ここはできることならスルーしたかった。

お土産を物色しているうちは、まだいい。

Dsc02651
ここの「道の駅」タワーがそびえ立っていることは黙っておきたかったけれど、やっぱり発見された。あれだけ目立てば、誰だって分かるか・・・。

Dsc02653
一緒に登る羽目になった。眺めが良いのは分かるけれど、できれば登るのは避けたかった。

Dsc02650
もう暫く走行すると、また出現したものがあった。『ポートタワー・セリオン』。

当然、立ち寄ることになった。

Dsc02655
ここも以前に何度か立ち寄っていた。そして、そのたびに固まっていた記憶があった。

なぜ、平気で眼下を見渡せるのか私には理解できない。ここからの眺めは確かに悪くないけれど、窓際には一歩たりとも近付けない私。暑さのせいとは異なる別な汗が背中を伝う・・・。

Dsc02659

何故、地上100メートルの場所で窓側に居られるのだろっ・・・。

Dsc02658

2度も怖い思いをしたけれど、どうにか最初の目的地に着いた。建物は平屋建てだぜー、ははは~♪

Dsc02665
動物はいいな、動物は~♪高い所に登らなくても観られるしぃ~♪

Dsc02668
Dsc02676
Dsc02669_2
Dsc02674
動物達もきっと暑いんだろーな・・・と同情しつつ、動物園を後にして次の場所へ移動した。

Dsc02686
またまた高いモノがそびえ立っていた文月の土曜日penguin

2014年7月27日 (日)

尾行

数日前の話ばっかりが続くけれど、多少凹んだ出来事があった。

その日は、休日出勤を切り上げて、夕方の繁華街へ繰り出した。

飲み会が予定されていたからだった。

職場から、飲み会の会場までは歩いていける距離だった。

多少の疲れと、夕方独特の強い西日に伴う暑さから早く逃れようと思い、足早に会場へ向かっていた。

私の前方をお姉さん2人が歩いていた。後ろ姿から想像すると、65~70歳ぐらいだろうか。

Img_0179
一気に追い越して、飲み会の場所へ急ごうと思った。

2人のお姉さんとの差が縮まらない。

それどころか、気を抜いて歩くと、その差が広がりそうな雰囲気。

こんな筈はないと思い、再び足早に歩いたけれど、なかなか抜けない。

まるでストーカーのように、一定の間隔を保ったままの状況が続く。

私の前を歩くお姉さん達は、そんなことなど知る由もない・・・。

ついに追い越せないまま、2人のお姉さんは料亭のような居酒屋のような飲み屋さんに颯爽と入って行った・・・。

あのお姉さん達は競歩の選手?それとも俺の脚力が衰えたかぁ?

暑さにも関わらず急ぎ足で汗ばんだのに、何も結果が出ず、ガッカリ感だけが残った文月の夕方run

2014年7月26日 (土)

白濁

再び、数日前の出来事・・・。

急に思い立って、岩木山の麓まで走行した。走行したのは愛車だけど・・・。

Img_0025

途中で岩木山神社に立ち寄り、今年前半の健康に感謝し、今年後半の家内安全を祈った。ついでに、金銭運も祈った・・・。

Img_0027
なぜ、急に岩木山?

単に、入りたくなった足湯があった。

Img_0020
岩木山麓にある嶽温泉。

ちょっと熱っ!でも浸かっていると徐々にイイ気分。

Img_0022
この白濁したお湯が好き。バ●クリンをいれなくても白濁って凄い(笑)

Img_0023
家族連れで来ている人々も多い。

Img_0024
白濁したお湯の効能で、足だけ美肌になった文月の日spa

2014年7月25日 (金)

出没

ネブタ祭りの開幕まであと一週間。

毎日でも様子を見たいところだけれど、仕事も多忙を極めていたので、製作具合を気にしながら仕事に追われる毎日だった。

それでも、仕事の合間を見てネブタ小屋に時々出没していた。Img_0019
私のように、開幕を待ち切れない市民も少なくない。

今年の出陣を待つネブタの一部は以下の通り。

Img_0016
Img_0011
Img_0008
Img_0018
暗闇に浮かぶ煌々と浮かぶ姿が今から待ち遠しい~。

ネブタ祭り期間中の1週間はあっという間。そして、津軽の短い夏は過ぎ、秋が訪れ、やがて冬に・・・。

祭りの開幕をワクワクしながら待つこの時間が一番幸せな時かもしれない・・・。

まっ、今はそのことは考えずにいようと思う、文月の週末dog

2014年7月24日 (木)

源流

数日前の話。あの日も朝から暑かった・・・。

前日に「お前も来ないか?」と誘われていたので、朝から出掛けて行った。

高速道路を一路南下し、国道、県道、市道、農道を順に走行し、さらに林道を経由して目的の場所へ向かった。どれだけ、山奥に入るんだろ・・・。

Dsc_0060
目的地付近にようやくたどり着いたぁー。

そこには懐かしい顔触れの人々がいた。30年前からお世話になっている人、今もお世話になっている人、まだまだお世話になりたい人・・・。

Dsc_0012_2
朝から暑い日にも関わらず、山奥に集まったのには、一つの目的があった(当然だけど・・・)。

集まったメンバーは、『あおもりの川を愛する会』という団体で、県内を流れる河川の源流に標柱を建立したり、河川に関する講演会を主催したり、河川清掃奉仕活動を行なったりして、「川を大事にしよう」と活動をしていた。

私は会員ではなかったけれど、何年も前から交流があったので、「今年はお前も来ないか?」と声が掛かったのだった。お世話になった大先輩ばかりだし、断る理由もなく、今年は同行させていただいた。

そして、今年は津軽平野を流れる十川(とがわ)の源流に標柱を建立する計画だった。

Dsc_0025
Dsc_0034
Dsc_0053

みんなで力を合わせて、無事に標柱を建立することができた~。

Dsc_0055_2

参加者の中では年齢的に若い私だったけれど、殆ど役に立っていなかったかも・・・(笑)。まっ、とにかくめでたし、めでたし~。

Dsc_0065
無事に作業を終えて助手席の長靴もほっとしていた、文月の大量に汗をかいた日sweat01

2014年7月23日 (水)

記念日

連休3日目の7月21日。前日まで休日出勤続きだったけれど、この日は休み。ストレスもかなり蓄積していたし、休めるのは嬉しい~♪

まったりと過ごして、明日からの仕事に備えれば良さそうなものだけれど、暑さにも関わらず朝から出掛けた。

行き先は、青森市内の青い海公園。ネブタ小屋が建っているため、進捗状況が気になったからだった。

数日前にも進捗状況を確認したばかりにも関わらず、「きっと、続々と完成に近付いているはず・・・」と思い、再びネブタ小屋を見て回ることにした。

ネブタ小屋を見て回る前に、感謝を込めて聖徳公園に立ち寄った。この日が『海の記念日』からだった。

そもそも『海の記念日』が制定されたのは、明治時代に東北巡幸を終えた明治天皇が青森港から「明治丸」に乗船して函館を経由し横浜に帰還した日を記念したもの。

青森港が『海の記念日』に深く関わっていたので、私が今日休めるのも青森港があったから・・・。そう思って久しぶりに聖徳公園に立ち寄ったのだった。

Img_0006

肝心のネブタ。う~ん、いい感じ~♪

Img_0013_2
そのうち『ネブタ記念日』が制定される日も遠くないかも・・・。ははは~。

Img_0004_2
空の青と海の蒼に感謝した、文月の休めた日wave



2014年7月22日 (火)

英断

先日、次男が通う大学の青森県保護者会の総会が開催された。

開会時刻が午後2時半と早いため、この日も休日出勤に追われる身としては超~痛いけれど、出席しますと事前に伝えていただけに、ドタキャンするわけにもいかず、参加してきた。Img_0264
大学の教授や事務長から昨今の大学の状況を後援していただいた。とても勉強になった。勉強にはなったけれど、就職の厳しさを実感させられて凹みもした・・・。

Img_0267
部活動を通じていろいろお世話になっている保護者仲間と近況報告し、今秋始まるラグビーシーズンでの勝利を誓い合った。

Img_0270
翌日も休日出勤だったため、私にしては珍しく?二次会はご遠慮させていただいた。

翌日で休日出勤から解放されたことを思えば、今回だけは二次会欠席の英断も正解だったと実感した文月の仲間と再会した日wine

2014年7月21日 (月)

着々

先週の金曜日、仕事のついでに『ラッセランド』に立ち寄ってみた。

ネブタの製作小屋が立ち並ぶエリアをそう呼んでいた。

ネブタ祭りの開幕まで、あと半月。製作の進捗状況が気になっていた。

別に私が心配しなくても、ネブタ師の人が開幕にキチッと間に合わせてくれるのだろうけれど・・・。

ネブタを乗せる台車も、太鼓を乗せる台車も準備OKのようだ。

Img_0252
Img_0263
肝心のネブタの製作具合は・・・、と思い手当たり次第に製作小屋を覗いてみた。

Img_0244
ちょうど色付けの最中かぁ。

Img_0245
Img_0248
紙貼り作業が続いてる小屋もある。

Img_0246
このネブタは、殆ど完成間近のようだ。あとは台上げを待つばかりかぁ~。

Img_0251
Img_0250
あっ、もう台上げを終えたネブタも・・・。

Img_0255
なかなか勇壮な面。

Img_0257
Img_0256
全体的に順調な製作状況のようで、何より何より~。

Img_0261
あらっ?

「ちょせば まねはでな」(触っちゃ駄目だよ)

「色吹き付け中 めやぐかけます」(色吹き付け中です ご迷惑をおかけします)

Img_0260

完成までもう少しだし、いたずらでもされて破れたら大変だもんなぁ・・・。

祭りが確実にそこまで近付いてきていることを実感した文月の午後cancer

2014年7月20日 (日)

待望の

世間の3連休をよそに、昨日も今日も休日出勤だった。今日も職場に一番乗りぃ~。

それでも、6月から続いていた休日出勤が、遂にようやくなんとかどうにか、目途が付いた~♪

当然、ルンルン気分で帰宅した~。

イイ感じの青空だ、ははは~。Img_0004
今夏のプロジェクトが終わりかけているという心の余裕は恐ろしいものだ。炎天下にも関わらず、帰宅するなり少し目立ってきた雑草取りをした。

ついでに、数少ない庭木にも水をあげた。「おぉ、よしよしお前達も暑かっただろう~。熱中症にならないように、水分摂取しろよ」

Img_0008
居間に入ると、奥さんが昼寝していた。まっ、それはそれでヨシとするかぁ・・・。

そうこうしていると、玄関のチャイムが鳴った。この暑いのに、どなた様だろっ?

仕事上の付き合い先からのお届け物だった。

Img_0003
毎年すみません・・・。この借りは身体でお返しします・・・。

Img_0009
3連休も残すところ一日だけになってしまったけど、「久しぶりの休日だし、何をしてやろうかなぁ~」と思うと、今夜は眠れなさそうな気がする文月の日曜日sun

2014年7月18日 (金)

気持ちの整理

どうにか一週間を乗り切った。

明日も休日出勤だけれど、取りあえず今週の仕事は一区切り。

『カップMEN』君のように、黙々と仕事をこなすほど働き者ではないけれど、我ながら何とか乗り切った。Img_0186
一週間を乗り切った自分にささやかな褒美を買って帰宅した。

Img_0018

誰に知られることもなく、自分自身の気持ちに区切りをつけて、明日からの仕事に改めて向き合うおうというつもり・・・。

世間は明日から3連休、チビッ子は楽しい楽しい夏休みに突入するけれど、明日も仕事がんばろっ・・・。

今は余計なことを考えないで仕事に向き合う時だと改めて思うことにした文月の週末building

2014年7月17日 (木)

転換点

職場の部下が今日、交通事故を起こした。

車は横転し、大破。

幸いにも部下にケガ一つなかったのが救い。

疲れ気味で、注意力や集中力が鈍っているんだろうかぁ・・・。

中年のど真中だし、俺も運転は気をつけよう。

部下達もだいぶ走り続けてきたし、今は職場から少し疲労を解放してあげないと・・・。

Dsc_0002
思い切って、今度の連休は気分転換させよっかなぁ・・・と思いつつ、実は自分が一番気分転換したかったりする文月の木曜日snail

2014年7月16日 (水)

面々

次男の帰省まで、残すところ約半月。

それと同時に、ネブタ祭りの開幕まで残すところ約半月に迫っていた。

この日は、県庁の沿道にも観光客向けの桟敷席の組み立て作業が始まった。

Img_0232
ネブタの運行コースに桟敷席が設置されると、今年も確実に祭りが近付いているんだということを実感した。

さて、今年はどんなネブタが製作されているんだろ・・・と気になるところだけれど、ネブタ祭りが始まる前にクリアしなければならない仕事がこの先も待っていた。

職場の部下達も、早くネブタ祭りモードに入りたいはず・・・。

きっと、部下達は「部長、このプロジェクトを早く片付けて、土日は休みましょう」「ネブタ祭りがそこまで来てますよー」などとそれぞれ思っているに違いない・・・。

Img_0230
Img_0227

職場の面々のためにも、あと半月は頑張らないと・・・と思いつつも、なんだか部下達に似ている気がする文月の半月前foot

2014年7月15日 (火)

裏切り者

「ただいまぁ・・・。あーくたびれたぁ・・・」と言いつつ、玄関のドアを開けた。

どぉーん

Img_0159

「あービックリしたぁ・・・」

居間から「台所に持ってきてー」と奥さんの声。

現在使用中のウォーターサーバー本体が1年を経過したため、交換らしい。

(どうせ交換に来たんだったら、台所まで上がって交換していけばいいのにぃ・・・)とブツブツ言いながら台所に運んだ。

奥さんの仕事上の付き合いとかで、1年前から我が家にある。主に使用しているのは奥さん。

電気代もかかるし、わざわざ水を買う習慣が無いので、私は殆ど使用しない。私は水道水で十分だった。

けれども、仕事上の付き合いってやつは、世渡りする上でなかなか断りきれないのが常・・・。

そろそろ俺も試しに飲んでみるとするかぁ・・・と思いながらも、なんだか水道水に申し訳ないような気もする文月の夜japanesetea

2014年7月14日 (月)

青森駅近くの港に、部分的にではあるけれど砂浜を造成するというので、行ってみた。

その昔、そこの場所は青森港と函館港を結んでいた青函連絡船の発着場だった。

ちょうど砂を搬入している最中だった。

「いずれ、この場所で潮干狩りができればいいのになぁ・・・」と思いながら、少しの間だけど、工事を見守っていた。

Img_0215

「暑いから、とっとと戻ろっ」と思って、職場に向かおうとしたら、工事現場のすぐ横に、横たわっている人がいた。Img_0218
木の影で読書をしていたら、ついウトウト・・・といったところだろうか?

すぐ近くでは、工事用の重機が唸りを上げているのに、よっぽど疲れているんだろうか?

具合が悪いわけじゃなさそうだ・・・。

旅人?それとも罰ゲームかぁ?

俺のように、家出の果ての行動かぁ?

Img_0219
でも、木の影とは言え、この暑さの中で眠っていられることは羨ましくもあり、見習うべきものがあった。

今度、家出する時はアレぐらい図太くならなきゃ・・・。

心の中で「先生」と呼んでみた文月の午後sleepy

2014年7月13日 (日)

祭り

休日出勤、飽きた・・・。でも、この時期を乗り切らないと、夏は来ない・・・。

グダグタ言ったところで何も解決しないので、昨日も朝から夜まで仕事に精を出した。

その効果があった。自分一人だけでは、2日かかるところだけれど、共に休日出勤してくれた部下達が手分けして作業を進めてくれたお蔭で、1日で片付いた~。

部下達に感謝。部下の協調性のせいなのか、日頃の私の指導がいいのか~(笑)

とりあえず、今夏こなさなければいけない四つのプロジェクトのうち、二つ目のプロジェクトが完了を迎えようとしていた。嬉しい~♪

というわけで、今日は午後から高原のラグビー場に出掛けた。毎年恒例の青森県ラグビーカーニバルが開かれるからだった。

子供、高校生、大学生、社会人、そして女性も・・・。県内のラグビー選手、ラグビーに関わる人、ラグビー好きの人が一堂に会して楽しもうというイベント。

「今年は特に仕事が忙しいし、参加は無理だなぁ・・・」と諦めていたけれど、「二つ目のプロジェクトも目途が立ったし、やっぱり行くかぁ~」と思い立ち、奥さんと二人で急に出掛けることにした。

Img_0194
Img_0190
顔馴染みの人々、久しぶりにお会いする人、恩師の先生、次男の元チームメイトや後輩達・・・。そして懐かしいグラウンド・・・。

Img_0192
Img_0191_2

ここの風景は、いつまでも変わらないでほしい・・・。

Img_0193

懐かしい光景に元気をもらって、三つ目のプロジェクトに明日から着手することにした文月の日曜日snail





2014年7月11日 (金)

男の子、女の子

それは昨日の出来事だった。

列島を騒がせた大型台風の余波で、津軽も朝から降雨。

Img_0161
普通は重い気分で出勤するところだったけれど、朝から長男と次男からお祝いメールがそれぞれ届いた・・・。

さすがは我が家の男子どもだ~。気が効くというか、思いやりがあるというか、優しいというか・・・(父親に似て・・・)。

それに比べて、我が家の女子どもときたら・・・と思いつつ出勤した。

多少の残業をこなし、帰宅間近という時に長女と長女の娘(9歳様)からお祝いメールがそれぞれ届いた。

おっと、女子チームは時間差攻撃だったかぁ、ははは・・・。

それにつけても、奥さんからは音沙汰なしか・・・(笑)

仕事が片付き、疲れた身体で帰宅した。

夕食後に奥さんが「おめでとっ」

Img_0165
あっ、知ってたんかぁ・・・。

これはこれは痛み入ります・・・。わざわざどぉーも。

なぁーんだ、みんな知ってたのかぁ・・・・。とりあえず、「我が家の皆さん、あざーす<(_ _)>」

また、一年間にわたって一家の下働きとしてコキ使われてみるかぁ~、ははは・・・。

Img_0170
好むと好まざるとに関わらず、54歳に突入した文月の10日run

2014年7月10日 (木)

他力本願

強烈な台風の余波で、津軽も今朝から雨だった。一日中降り続くのも久しぶりのような気がした。

この降雨を一番待ち望んでいたのは、我が家の数少ない植物達(特に雑草達が・・・)。

日頃、手入れもしてあげないので、「あーぁ、嫌な家に貰われてきたもんだ・・・。ついてねぇー、俺達・・・」と思っていたことだろう、きっと・・・。

それでも、いじけずに今年も咲いてくれた沙良の花。

今年も咲いていただき、どーもぉー。

Img_0144

おっ、こっちも咲きそっ・・・。繭玉みたい。

Img_0148
もう一種類はクロビイタヤ。

Img_0150
カエデ科の広葉樹で、絶滅危惧種にも指定されている貴重な植物。

数年前に苗木を造園屋さんから譲っていただき、こんな我が家でも育ってくれた。

Img_0149

雑草とばかり格闘している我が家だけれど、このほかに杏の樹も植えてある。

この日の降雨で活力を取り戻しつつある我が家の花木の様子を確認しながら、他力本願の自分を再確認した文月の夕方bud


2014年7月 9日 (水)

日常

暑さにやられた昨日のことをもう忘れた訳じゃなかったけれど、今日は外出する用事があったので、いつもの道程を歩いて出掛けた。

車の移動も考慮したけれど、「遠くない場所だしぃ・・・。昨日は歩いていないしぃ・・・。ここで歩くのを止めたら負け犬みたいだしぃ・・・」という勝手な思い込みの末に歩くことにした。

Img_0153
いつもの神社の境内も暑っ・・・。

「きっと祀られてる神様も暑いだろーなー」

Img_0154
神様の心配をする余裕があるなら、我が身を心配すればいいようなものだけれど、いつもの地下道へと歩みを進めた。おぉ~、涼しい~♪

地下道でクールダウンしてから、いつもの公園に抜けた。

Img_0156
日陰で少し休息したいところだけれど、仕事が待っているし、公園を通過して目的地へ急いだ。

いつもどおりの一日も悪くない・・・。そう思った文月の体調が戻った日clip

2014年7月 8日 (火)

前触れ

多少の疲れを残していたのがマズかったのか・・・?

職場にいたにも関わらず、午後に少し頭痛に見舞われた。

いくらボロな職場だとはいえ、屋根はついている・・・。

建物の中にいるにも関わらず、夏バテの一歩手前?それとも、熱射病の前触れ?

幸いにも動悸や吐き気の症状はない。

どうにか一日の仕事を終えて帰宅した。

Img_0140
明日の晴れを前触れのように夕焼けがギラギラ・・・(笑)

Img_0141
忙しい7月も先は長い。少し肩の力を抜いてみることも必要か・・・。

Img_0142
夕日に向かって明日の頑張りを誓うのがドラマの定番だけれど、今日だけは明日の手抜きをこっそりと画策した文月のバテ気味の日cafe



2014年7月 7日 (月)

インパクト

休日出勤の影響か、雑草取りのせいなのか、月曜日だというのに午後から疲労感に襲われていた。この程度のことで・・・と思ったけれど、確実に歳のせいかぁ・・・。

ようやく、この日の仕事が終わり、帰宅する頃に大きな夕焼け。

Img_0136
運転するには眩しいけれど、明日も晴れるってことを良しとしよっ。

その一方で、過去最強レベルの台風8号が沖縄を中心に猛威を奮いつつあるということを帰宅後のニュースで知った。

号泣会見する県議が失笑をかっていると思ったら、今度は最大瞬間風速70メートルの台風・・・。インパクトがある話題・災害に事欠かない毎日・・・。

そんなニュースを見ながらも、疲労感に襲われて食事も摂らずにいつしか眠りこんでいた。

Img_0137
夢の中だけは平穏なひとときが流れていた文月の月曜日typhoon

2014年7月 6日 (日)

今日も取ったどぉ~

今日も休日出勤。それでも、効率良く仕事を片付けられたせいか、4時頃には帰宅できる見通しが立った。

「今から戻るから」と留守の奥さんにメールを入れてから帰宅した。それが誤りだった。

帰宅すると、奥さんが雑草取りをしていた。正確には、雑草取りを開始したところだった。

奥さん「お帰り。手伝ってー」

やっぱり、そうきたか・・・。やればいいんだろっ、やれば・・・。

以下、心の叫び・・・。

(コイツ、帰宅する頃を見計らって雑草取りを開始しやがって。今まで何してたんだよ・・・。ブツブツ・・・)

(あ~ぁ、肥料をあげてるわけでもなければ、栽培してるわけでもないのに、雑草のヤロー、こんなに伸びやがって・・・。ブツブツ・・・)

(俺って、ブツブツ多いなぁ・・・。ブツブツ・・・)

ようやく心の叫びが治まった頃に、奥さん「夕食の支度があるから、このへんで」

はぁ?

再び、心の叫びが・・・。

このまま雑草取りを終えたらツマラナイと思いながら、紫陽花の周囲の雑草取りを続けつつ、ポジティブになれることを探した。

探した。

探した。

雑草取りをしながら、楽しいことが思い浮かぶこずなど無いっ!

それにしても、我が家の紫陽花は毎年、奥手だった。いずれも。まだブロッコリー状態・・・。

Img_0134_3

アップで観ると、ちょっと気持ち悪りぃーな。中から何かが飛びだしてきそっ・・・。

Img_0135_2
それでも、ちょっと咲き始めのヤツも・・・。Img_0129_4
Img_0133_2

先週は殆ど降雨が無かったけど、今週半ばには久しぶりに雨も降るらしいから、それまではガンバ~♪

Img_0132_2
それにしても、今日も取ったどぉ~(笑)

Img_0127_2
帰宅を告げるメールはしないっ!と心に決めた文月の日曜日clover






2014年7月 5日 (土)

取ったどぉ~

今日から本格的に部下達との楽しい楽しい休日出勤が始まった。

職場の会議の席上、自ら余計な提案をしたばっかりに、部下達の3倍の仕事を抱えこんでしまったため、私だけ6月から休日出勤させていただいた。ありがたいことだ・・・。でも、頑張るしか他に手はなかった。

暑さも手伝って、仕事を終えた頃には少々ぐったりしたけれど、帰宅前に立ち寄る場所があった。

新青森駅・・・。今月末に帰省する次男の交通手段を急遽、新幹線にしたため、インターネットで予約したチケットを受け取っておこうと思ったからだった。

Img_0122
当初は高速バスでの帰省を考えていたけれど、ネブタ祭り直前のため、安い切符がなかなか探せないでいた。

予約できそうな高速バスもあるにはあるけれど、新幹線代金との差額が少ない・・・。

「バス代金と新幹線代金があんまり変わらないんだったら、新幹線にしてやれっ!190センチの男が窮屈なバスに11時間も揺られるのは可哀想だし、バレたら俺が奥さんにおこられればいいや・・・」と決断。

奥さんには「バスのチケットが取れないから、残念だけど今回は新幹線で帰省させるかぁ」と企てて、見事に企てが成功した(笑)

そして、みどりの窓口に立ち寄って、予約してたチケットを受け取った。

Img_0125_2
うぉー、自分が家出の時には使えない新幹線のチケットを取ったどぉ~♪

Img_0123

この改札を通り抜けて早く帰って来いと思った文月の土曜日bullettrain

2014年7月 4日 (金)

miso

冒頭から恐縮だけれど、久しぶりのラーメン。Img_0038
この暑い時期に・・・。

しかも味噌・・・。

野菜を多めに摂取できるのはいいけど、初夏に味噌ラーメンかぁ・・・。

周囲が味噌ラーメンというから、「俺も」と言った以上、最終的にチョイスしたのは自分・・・。

モヤシを一生懸命食べているけど、なかなか麺に行きつかない・・・。

それでも、小市民根性を丸出しで完食。ゲップ~。Img_0120
毎年のことだけれど、7月は休日出勤続きが待っていた。初夏だというのに、この時期は毎年、心が晴れない時期だった・・・。

Img_0052

滴り落ちる汗が、味噌ラーメンのせいなのか、休日出勤を前にした冷や汗なのかは区別がつかないけれど、ネブタ祭りを謳歌するためにも、7月のハードワークを乗り切ろうと満腹のお腹をさすった文月の午後noodle

2014年7月 3日 (木)

ハッパ

子供は、外で元気良く遊ぶのが一番。きっと、今も昔も変わらないことだと思う。

けれども、昨今は熱射病の予防は大切なこと。

遊びに連れていくのはいいけれど、そこの部分は大人が注意してあげないと・・・。

Img_0053
それにしても、子供は元気。もう何週目だろっ?また行ってしまった・・・。

Img_0042

そういえば、もう少しで夏休み・・・。

Img_0037
元気に夏休みを乗り切ってくれればいいなーと思いつつ、「お前も頑張れよ」と自分にハッパをかけていた文月の晴れ間sun

2014年7月 2日 (水)

未来に向かって歩き出そう。

数日前に、長女一家がやって来た。またもや・・・。

しかも、翌日は娘が9歳の誕生日だって・・・。

物質でのプレゼントは奥さんが事前に渡してあるはずだった。にも関わらず、また来たってことは更なる催促か・・・。

物質でのプレゼントよりも・・・と思い、近所のとある場所に3人だけで出掛けた。

ジャーン!三内丸山遺跡。Img_0012

Img_0024

我が家からは歩いてでも行ける距離だし、入場料も無料。いやいや、そんな理由ではなく、日本史の勉強のためっ!

と自分自身に言い聞かせつつも、「きっと、つまんねぇって思われるだろうな・・・。でも、俺ができることといったら、この程度だしぃ・・・」と自分自身に言い訳しながら、9歳様と6歳様を連れだって出掛けてみた。

近所にあるとは言いつつも、私自身もここに来るのは2~3年ぶり。

すぐに飽きるかなぁ・・・と不安視したけれど、意外とこれが受けたぁ~(笑)

Img_0009
Img_0011
9歳様と6歳様は遺跡を見るのが初めてだったので、何もかもが新鮮だったらしい。

特に9歳様は大きな興味をお持ちになられたご様子~。

Img_0013

Img_0015
Img_0023
屋外から『縄文時遊館』の館内に移動したけれど、相変わらず興味深げに展示物を見ていた。
Img_0029

Img_0032

Img_0031
Img_0033

縄文の服もよーくお似合いで・・・、ははは~(笑)

Img_0002

Img_0035

遠い遠い過去の人々から、いろんなことを学んだ様子の9歳様。館内の出口付近にあった縄文人と背景に書かれてあった言葉がシックリきた、文月(本当は水無月)の一日eyeglass

2014年7月 1日 (火)

交通手段

今年も半年が経過し、今日から7月。ということは、当たり前だけれど来月は8月。

津軽の8月といえば、ネブタ祭り。先日、ネブタ小屋をチラ見しにいったけれど、各小屋とも急ピッチで製作が進んでいた。

一方、次男は夏休み期間中に強化合宿が待っていた。合宿の前に部活動が一時休暇に入るため、部活動の解散がいつ頃になるのかメールで聞いてみた。

すぐに返信がきた。解散日は今月31日。解散したら、すぐに帰省したいらしい・・・。帰りたい気持ちは凄く分かるぅ~(笑)

奥さんは「帰省しないで、向こうでバイトでも見つければいいのに・・・」と言うけれど、私は早く戻ってきてほしい・・・。

まっ、帰省したところで、殆ど家には居ないだろうけれど・・・、ははは~(笑)

新幹線に搭乗すればギュイーンと3時間ほどで帰省できるところだけど、高速バスになりそうな予感・・・。Img_0405
Img_0001

11時間もバスに揺られるのは気の毒だけれど、ここは私に倣ってバスで帰省してもらうかぁ・・・。Img_0003
交通手段はともかくとして、ネブタ祭りが近い時期だけに、早く交通手段を予約しないと帰省できない恐れも・・・。

いろいろと葛藤しつつ、1か月後の帰省見据えていた文月の夜bus

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック