無料ブログはココログ

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

静寂

広大な弘前公園の敷地内では、ライトアップされた桜とお城の競演が主役だけど、その主役の陰で、今年と提灯が灯っている個所がある。

そこは、護国神社。

Dsc03460
言うまでもなく、国を護るために戦争で亡くなった御霊を祀る神社。

父の兄達も眠っているので、小さい頃から祖母に連れられて何度となく訪れたことがある。

公園内の花見客は多いけれど、ここを訪れる人は少ない。公園内の雑踏とは一変して、境内は静寂・・・。

Dsc03463
奥さん「今年も拝んでいくんでしょ?」

私「うん」

Dsc03462
幾多の英霊があったからこそ、こうして桜を愛でていられる自分がいることを今年も忘れないようにした卯月の晩shadow

2015年4月29日 (水)

付き物

どこまでも続く観桜会ネタ・・・。

津軽の観桜会につきものと言えば、唄。もちろん津軽民謡。

Img_0506
岩木山を背負い、お城と満開の桜の下で熱唱する津軽民謡を聞いていると、この地に生まれて育ったことの歓びもさることながら、ただただ目頭が熱くなる・・・。

Img_0507
今年はマイカーだったので、飲酒ができないのは少し残念だけど、団子と焼きソバ等でお腹を満たして、観桜会を満喫した。

Img_0457
Dsc03464
桜を観ているというよりも、桜に見られている感じだけど、今夜はそれもイイ・・・。

Dsc03467
たまには朝が来なくてもいいなぁとさえ思った卯月の夜cherryblossom

2015年4月28日 (火)

妖しさと県民性

観桜会・・・。

文字通り、桜を愛でるために行くんだけど、それは即ち人波に遭うことでもある。

Dsc03406
Dsc03407_2
擦れ違う顔が、みな楽しそうだ。

皆さん、津軽の桜を待っていたに違いない。

Dsc03410_2
Dsc03415
いったい、公園内にどれだけの人がいて、どれだけのカメラがあるんだろっ?

かく言う私もカメラ持参だけど・・・。

そして、周囲が暗くなるのにつれて、輝き出す屋台の妖しい灯り。

Dsc03459
Img_0502_2
老若男女が惹きつけられていく・・・。

Img_0501
Img_0508
Img_0503
9時を過ぎても人波は途切れるどころか、観桜会は佳境を迎えていく。

Dsc03472
花見に費やす時間と、費やすお金が日本一といわれるだけのことはある・・・。

そういう自分も朝まで居ても見飽きることはないだろうなぁ・・・と思う、卯月の県民性を思い知った晩cherryblossom

2015年4月27日 (月)

狂気

闇に浮かびあがる夜桜

Dsc03515
Img_0510_2
ライトアップされた城

Img_0532
Img_0528
そして煌々と輝くお月さま

Img_0524
Img_0522
ちょっと狂気にも似た取り合わせだと思った卯月の晩moon3

2015年4月26日 (日)

意気投合

やっぱり行ってきた、弘前公園・・・。

Img_0468

Dsc03429
石垣を修繕するため、お城は間もなく曳き家工事が行なわれる予定になっていた。

この位置にあるお城を眺められるのも今年の観桜会まで。

小さい頃から親しんできた、石垣の隅に構えているお城の姿も、来年から暫くは眺められないと思うと、行かないわけには行かなかった。

今年は夜桜に標準を合わせて、夕方に到着するように出掛けることにした。

Img_0462
Img_0473
公園に着いた頃は、まだ少し明るかったけれど、夕闇の支配が進むについて、ライトアップされた桜とお城が闇に浮かんでくるのはいいもんだぁ・・・。

Img_0490
曳き家工事に伴って内濠の水を抜いてあるお陰で、今年は濠からお城を眺められた。

Dsc03410_4
Dsc03474
Img_0530
Img_0538
奥さんは終始、「やっぱり凄い・・・」。同感・・・。珍しく意気投合した卯月の番cherryblossom

2015年4月25日 (土)

UNIどぉ~ん

下北半島出張のつづき・・・。

本州最北端の町・大間町。お天気が良ければ、モニュメントの向こうに北海道が見えるんだけど、今日は霧。

Img_0438

マグロの一本釣りで有名。当然、本マグロは一般庶民の私には縁遠い、ははは~(笑)

大間町の隣にある佐井村で昼食を摂ることにした。

Img_0436
中は、こんな感じ・・・。

Img_0434
この日はおばちゃん、ではなくて、お姉さま2人が切り盛りしていた。

Img_0435
あまり得意ではないため、日頃は食べないけれど、今日はウニ丼をお願いした。

ココまで来て、有名なウニ丼を食べない手はないっ!しかも、1500円。

Img_0431
一口食べた。

Img_0433
ん?

あら、おいしい~~~♪

ウニってこんなに美味しいものだったのかぁ・・・。

獲れたてのウニの甘さを生まれて初めて知ったぁ・・・。

とりあえず、奥さんには黙っておこうと思う、卯月のウニ丼を食べてみた日riceball

2015年4月24日 (金)

山川豊

本州最北の青森県の中でも最北端の下北半島。

今日は、その最北端の中でも最も遠い場所まで行かなければならなかった。

青森から東京まで3時間ちょっとで行けるのに、ここに行くのには4時間ぐらいの移動を要する。

部下に行ってもらってもいいけれど、直接依頼を受けたから行くことにした・・・。

下北半島の入口にそびえる釜臥山(かまぶせやま)。

Img_0419_2
釜臥山を過ぎると左側には陸奥湾。

Img_0424
そして、川内川(かわうちがわ)。

Img_0425
下北半島の山中深く進むと、もう人影は全くない。居るとしたら猿、熊、カモシカぐらい・・・。

Img_0426
Img_0427_2
下北半島の山中を縦断して、津軽海峡が近くなった頃に出現した縫道石山(ぬいどういしやま)。

Img_0428
佐井村(さいむら)にある岩山。珍しい高山植物の宝庫らしい。登ったことなどないけれど、この山の存在感は近付くほど圧倒される。

そして、景勝地の『仏ケ浦』(ほとけがうら)。

Dsc_0003
生憎の曇り空に加えて、沖合は霧だけど、4時間かけて来た甲斐があった・・・。

Dsc_0004
再び4時間かけて職場に戻った頃にはもう誰もいなかった。

疲れは蓄積したけれど、豊かな自然を確認できたせいか、天気の良い日に再度ゆっくり来ようと思った卯月の金曜日rvcar





2015年4月22日 (水)

春なのに

一日の仕事が終わりとともに、部下Bが自分の身の回りの整理を始めた。

「手伝おうか?」と声を掛けた。

部下Bは「ありがとうございます。でも、大丈夫です」と言った。

私の下で18年間にわたって一緒に仕事をしてきた部下Bは、間もなく会社を去ることになっていた。

退職を決意した理由も理解できたので、残念ではあるけれど、無理には引き止めることはしなかった。

荷物を片付け始めた部下Bの姿を見ていて、いろいろと感じるものがあった。

思い決断をした部下Bの前途を祝して、できる範囲で賑やかに送別会をしてあげようと思った。

Dsc02471
散る桜 残る桜も 散る桜

俺もいつかはそんな時が来るんだなぁ・・・。意外と近い将来かもしれない・・・。

ようやく満開の時期を迎えるというのに、その一方で別れが迫っている卯月のchair

2015年4月21日 (火)

ジャスト ア モーメント,プリーズ

す久しぶりに出掛けたついでに、ショッピングセンターに立ち寄った。

買いたい物があったわけではない(正確には、何か買いたくても買うためのお金もない)。

ズーと休日出勤が続いていたので、人混みを感じてみたかったのかもしれない。

店内に入ったら、奥さんが「別行動」と言い出した。

望むところだー。

特に気になる売り場も、欲しい商品もないので、待ち合わせの時間まで本屋で立ち読みをして過ごした。

待ち合わせの時間になったら、奥さんが買い物袋を抱えていた。何を買ったのかは知らないし、聞かないほうが身のため・・・。

ショッピングセンターを後にしようとしたら、奥さんが「ちょっと待って」と言うので、後をノコノコと付いて行った。

そして、Tシャツとズボンを買ってもらった。少しは春らしい格好をしろということか・・・。

Dsc_0025_2

再び店内から出ようとしたら、再び「ちょっと待って」と言われた。

今度は何を買ってくれるんだろ?

奥さんはドーナツ屋さんに入った。

Dsc_0023

あっ、そう。支払いは俺か・・・。

ドーナツで済んで良かったと思った卯月の休日t-shirt

2015年4月20日 (月)

確認

久しぶりの休日。奥さんにも黙っていた休日~(笑)

嬉しくて5時に目覚めたぁ・・・。

久しぶりに、自分の手で家の中の植物に水をやった。

長い間お待たせしてすみません・・・とお詫びを込めながら水やりをしたせいで、水量が多すぎた。アチコチでフロアが水浸しになったぁ・・・。

奥さんが起きる前に綺麗に拭かないと大変なことになると思い、一生懸命に水を拭き取った。朝から疲れた・・・。

フロアが乾いた頃に奥さんが目覚めてくれたのはせめてもの幸いだった。

出勤しようとしない私を不思議に思ったのか、奥さんが「何時に出るの?」と聞いてきた。

私「今日は出ない」

奥さん「もう休み?」

私「いちおう・・・」

奥さん「出掛ける?」

私「そうするか」

特に行き先も決めずに出掛けることにしたけれど、この時期に毎年見たくなる風景があったので、勝手に車を走らせた。

Img_0021
見たいというよりは、毎年この時期になると確認したい風景だった。岩木山とリンゴ畑。

子供の頃から見てきた風景は、やっぱり心が和む。

桜の花が咲く終わると、今度はリンゴの花が咲く番。

桜の咲き具合も少し気にはなるけれど、今日は岩木山とリンゴ畑だけで満足できた卯月の休日fuji

2015年4月19日 (日)

淡色

引き続き、十和田市の官庁街の話。

桜前線は確実に青森県にも北上していた。

平年よりも1週間ぐらいは早いらしい。

十和田市の官庁街通りも2分咲きから3分咲きだった。

Img_0388
Img_0390
Img_0387
桜の色は淡く、まだ白っぽいけれど、桜と松が競演する風景に、春到来を思った。

Img_0372
Img_0381
Img_0383
Img_0395
早く青森市まで北上してほしいと思いつつ、桜の開花を待つこの時期ならではの待望感も捨てがたいとも思っている卯月の土曜日cherryblossom

2015年4月18日 (土)

勤休日

久しぶりの休日~。ただし、休日は部下達だけ。

仕事のため、私だけ朝早くから十和田市に向かった。

仕事は1時間半ほどで片付いたけど、せっかく十和田市まで来たことだし・・・と思い、官庁街通りを散策した。

馬のモニュメントが各地に設置してるのは、古くからの馬産地の証し。

Img_0377
巨大な蹄鉄のモニュメンも・・・。ゴジラ用の蹄鉄か?

Img_0376
歩道に埋め込まれた蹄鉄がなんだかお洒落~。

Img_0385
そして、十和田市現代美術館は、今日も多くの人が訪れていた。ここの馬もお元気そうで何より~。

Img_0391
Img_0389_2

休日の楽しみは明日に取っておくつもりだったけれど、散策もできたし、こんな休日出勤もアリだと思う卯月の土曜日chick

2015年4月17日 (金)

肩の荷

抱えていた仕事がようやく一段落した。

2月から丸2か月間、長かったぁ・・・。

残業時の空腹を支えてくれたカップ麺、お世話になりましたぁ~。

Img_0177
「もう、明日からはフリーの身だ~」と思ったけれど、知り合いから連絡があり、明朝から十和田市で仕事になった・・・。

まっ、そんなもんだよなぁ・・・と半分だけ肩の荷を下ろした卯月の金曜日building

2015年4月16日 (木)

黄色い季節

県内各地でも桜の開花宣言が出されていた。

私の開花宣言も遠くない時期だと思われたけれど、まだ抱えた仕事が終わらない日々を過ごしていた。開花寸前の蕾といったところだろうか・・・。

昼食を済ませ、青森市内をあちこち歩いていたら、入学したばかりの1年生だと思われる姿が四方八方で目についた。

Img_0313
黄色のランドセルカバーと黄色の帽子。

黄色が眩しい~♪

そして、可愛い~♪

ウチの子供達もあんな時期があったなぁ・・・。

というよりも、自分もあんな頃があったんだろうなぁ、きっと・・・。

Img_0316
小学校は楽しいのかな?

友達と仲良く遊んでるんだろうか?

もう宿題が出されたんだろうか?

いろいろ想像したけれど、何より健康が一番!元気に明日も登校しよー!と願いを込めながら、黄色の後ろ姿を微笑ましく見ていた。

さぁて、俺も早く宿題を片付けて、開花宣言しようと思った卯月の午後school

2015年4月15日 (水)

幸せだなぁ・・・

まだ肌寒いというのに、クルーザーの船上に立っていた。

夏場だったら絶好のクルージングなんだけど、この時期のクルージングはハッキリ言って寒っ。しかも曇り空・・・。

着用したライフジャケットは分厚いけど、温かくはない・・・。背広の上に一枚コートぐらい着て乗船すればよかったぁ~。

と後悔する間もなく、航海が始まった。

以外に飛ばす・・・。それほどフルスロットルで航行しなくても・・・。

Dsc_0009
このクルーザーに乗船するのは2、3年ぶりなら、

海上から青森の街並みを眺めるのも久しぶり。

Dsc_0015

でも、次回はできれば暖かい日がイイんですけど・・・。

Dsc_0018

港内は波も比較的穏やかだけれど、防波堤の外は揺れるぅ~。

Dsc_0036

どうしてもフルスロットルで航行しなきゃ駄目?

船も揺れてるし、もう引き返したほうがいいんじゃない?

また今度ゆっくりと乗せてほしいんだけどぉ・・・。

などと心の中で何度かつぶやく私にお構いなく、クルーザーはフルスロットル。

Dsc_0051_2
無事に岸壁に着き、下船させていただいた。どーも、あざーす。

今度は是非、省エネ航行の時にヨロシク~。

Dsc_0077
仕事とは言え、季節外れのクルージングに少しだけ加山雄三気分を味わったけど、下船してから「幸せだなぁ♪」と思った卯月の午後ship

2015年4月14日 (火)

魚雷1丁

疲労感と睡眠不足、そしてストレスの3要素揃い踏みの日々。

こんな日常がいつまで続くのやら・・・(笑)

家の食事がマズイわけじゃないけど、気分転換のつもりで外食した。

とは言っても、庶民の私が行けるお店は限定的。

行った先は餃子屋さん。

「餃子とライスで〝魚雷1丁〟よろしくぅ~」

Dsc_0023
旨いので、もう1皿お願いすることにした。

「〝魚雷〟の〝魚〟だけをもう1丁~」

魚雷の美味しさに撃沈して、少しだけストレスを解消した卯月の夜cat

2015年4月13日 (月)

清き一票

昨日は県議会議員選挙の投票日。

相変わらずの休日出勤だけど、出勤前に投票所で清き一票を投じた。くたびれた清き一票だけどぉ~(笑)

Dsc_0024
休日出勤を終えて、開票結果が少し気になったので、テレビの開票速報を見ていた。

しかし、不覚にもいつものように睡魔に誘われたので、お断りするのは申し訳ないと思い、寝ることにした。

一夜明け、新聞に昨日の選挙結果が掲載されていた。

ボーとした頭で、新聞に目を通した。投票した候補者は当選していた。

これから4年間はしっかり県政を監視し、県民の負託に応えてほしい・・・とボーとした頭で思った・・・。

それにしても、投票率が51%とは・・・。過去最低らしい・・・。

選挙よりも楽しいイベントが昨日あったんだろうかぁ・・・。

みんな選挙に関心がないんだろうなぁ・・・。

政治に期待を持てないからかも・・・。

そういう自分も睡魔に負けて速攻で寝ていた卯月の統一地方選の夜sleepy

2015年4月11日 (土)

こみゅにけぇしょん

抱えている仕事も終盤に差し掛かり、ラストスパートのつもりで今日も休日出勤。

「よーし、今日も頑張った~(自分なりにだけどぉ~)。できる中年はやっぱり違うぜ~」

お蔭で今日も順調に仕事が片付き、意気揚々と帰路についた。

冷たいお茶でも買って、クールダウンしながら帰ろっ、と思い、帰路の途中でコンビニに立ち寄った。

目当てのお茶を持ってレジの前に立った。

ん?

何か雰囲気が違う・・・。(あっ、「いらっしゃいませ」って言われなかった。まっ、いいや)

レジのお兄ちゃん(以下、兄ちゃん)「ひゃくにじゅ・・・

え?聞き取れない・・・。

まっ、いいや・・・と思い、レジの表示板を見た。(128円って言ったのか・・・)

財布から130円を取り出した。札はないけど、小銭なら多少はある(笑)

130円を兄ちゃんに渡そうとした。

ん?

え゛――――。兄ちゃん、受け取らず・・・。

きっと、小銭を乗せるお皿のようなものの上に置くシステムなんだろうと思った。

え゛――――。そのお皿のようなものがない。

どうしろって言うんだ。

しょうがないから、レジのカウンターの上に130円を置いた・・・。

兄ちゃんは、私の130円をレジに入れた。

そして、2円のお釣りを私に差し出した。

どうやら、お釣りは手渡しするらしい。カウンターの上に置くシステムじゃなかったわけ?

お茶は買えたけれど、シックリしない。

あっ、レシートをもらってない・・・。

別にレシートが欲しいわけじゃないけど。普通はお釣りと一緒に渡すとか、「レシートはご入り用ですか?」ぐらいは聞くだろ――――。

ついでに言えば、買ったお茶はそのまま。

お茶1本ぐらいでビニール袋に入れてほしいわけじゃないけど、普通は「ここままでよろしいですか?」とか「袋にお入れしますか?」とか聞くんじゃなかった?

「いえ、このままでいいですよー」と爽やかに返答できないだろ・・・。まっ、いいけど・・・。

調子が外れたまま、店を出た。

休日出勤を終えた爽快感がいつしか消え去り、ガッカリ感だけが残った・・・。

Img_0305            (写真はイメージであり、実際の店舗とは異なります)

帰宅後、カクカクシカジカ・・・と奥さんにコンビニの一件を話した。

私「ちょっと変わってるよなぁ。気持ち良く買い物できなかった・・・」

奥さん「その店にはもう行かなきゃいいじゃない」

私「うん。でも、このままだと彼のためにならないと思うんだけど」

奥さん「アンタがその人の人生を心配しなくていいから」

私「ごもっとも・・・」

結局、そのコンビニで買ったお茶は奥さんにあげた・・・。

Img_0307

夕食を食べていても兄ちゃんとのやり取りが思い浮かんだ。

コミュニケーションは何処に行った――――!と心の中で叫んだ卯月の土曜日24hours

2015年4月10日 (金)

Step by Step

昨日は夕食後にコタツの中でちょっと横になったつもりが、ズーと眠っていた。

何度か奥さんが声を掛けたらしい。

そう言われれば、そんな声が聞こえたような、夢の中の声だったような・・・。

まっ、今となっては過ぎ去ったことだから、気にしないけれど、疲れがいよいよ蓄積してきたかぁ・・・。

仕事が片付いた時のことを想像しながら、明日も休日出勤するとするかぁ~。

Img_0294
Step by Step

一歩一歩ではあるけど、ゴールに近付いていることを信じつつ土・日も励もうと思いつつも、すでに今夜も眠たくなっていた卯月の金曜日sleepy

2015年4月 8日 (水)

道端

津軽の人々の信仰を集め、霊峰とも秀峰とも称される岩木山。

仕事を済ませた帰り道、道端に車を停めて、暫く見入っていた。

Dsc_0055
頂上は拝めなかったけれど、生まれた頃から仰ぎ見た姿は今も変わらない。

長く閉ざされた季節から解放され、桜が咲き、リンゴの花が咲き、遅い春が本番を迎える。

ネブタ祭りの頃に勝るとも劣らぬ時期が間もなくやってくると思うと、少しウキウキする(笑)。

抱えている仕事が片付かないうちは浮かれてばかりもいられないけれど、この景色は再びモチベーションが持てるきっかけになるぅ~。

Img_0276
何もない津軽の春だけど、何か大きなものを毎年与えていただいてるような気がした卯月の午後sun

2015年4月 7日 (火)

逆光

津軽の雪解けは確実に進んでいた。

仕事のため、久しぶりに弘前方面へ出掛けた。運転するには日差しが眩しいけれど、それも春ならではのこと。良しとしよっ。

津軽平野を南北に流れる岩木川は、雪解け水に、先日の大雨が加わって、褐色の水が勢いよく流れていた。春らしいといえば春らしいけれど、この次に見る時は、いつもの清らかな流れだったらいいなぁ・・・。

Img_0277
仕事の行き先は、白神山地の麓にある西目屋村という山村だった。県内で一番人口が少ない村だけれど、世界自然遺産に登録された白神山地と隣り合わせなだけに、自然の豊かさは折り紙付きだった。

リンゴ畑の雪解けも進んでいる様子。農家の皆さんがリンゴの枝の剪定をせっせと進めていた。お天気が良くて何よりでございます。

Dsc_0047
用事が済んで、村内の物産センターに立ち寄った。この時期はさすがに訪れる人も少ない。駐車場の一角に雪捨て場の高さもだいぶ減ったようだけど、まだまだ見上げる高さ。

Img_0273_2
昔ながらの春の風景は格別。厳しい冬を耐えた甲斐があったというもの・・・。

Dsc_0048
運転するには眩し過ぎる逆光さえも嬉しい卯月の火曜日bud

2015年4月 6日 (月)

春は曙!!

新年度も本格化。休日出勤を繰り返してきた効果もあり、多忙だった仕事も中盤から終盤に差し掛かろうとしていた。

ここまでくると、休みてぇ~とか、ストレスが溜まる~などと言ってるよりも、早くゴールインしてぇ~という思いの方が強かった。

いろいろと蓄積したもののせいに加えて、年齢も蓄積されているせいか、最近は起床が辛くなっていた。

今朝も奥さんに叩き起こされて起床したら、アラッ?

えっ?

この曲・・・。

懐かしい・・・。

なんで?

これって、あまちゃん?

テレビからは聞きなれた音楽と映像が流れていた。

やっぱり、あまちゃんだわ・・・。

私「あまちゃんだぁ~」

奥さん「再放送みたいだよ」

うぉー。

目が覚めた。

どうやら、BSで毎朝7時15分から再放送らしい。

うれしいんですけど・・・。また観られる・・・。

81scra3onhl__sl1400_
疲れてても、やっぱり朝はちゃんと起きようと思った卯月の朝sun

2015年4月 5日 (日)

里帰り

土曜日に休日出勤を終えて帰宅したら、家に見慣れた車が停まっていた。長女のものだった。

ズーと休日出勤続きだったため、会うのは久しぶり。

私「よぉ~、久しぶりぃ~」

長女「春休みだから、子供達と泊まりにきたんたけど」

私「望むところだぁ~」

新学期から4年生と2年生にそれぞれ進級した子供達は相変わらず元気。それが何よりでございます。

Dsc_0022
その晩は長女の手作り料理を囲みながら、久しぶりに長女とサシ飲みになった。

いろいろと会話するうちに、少し気分転換できたような気がした。あざーすm(__)m

今日の休日出勤はちよっと頭が重かったけれど、心の中で長女に感謝した卯月の日曜日cancer

2015年4月 4日 (土)

進捗

いつまで、この休日出勤が続くのか・・・。

後ろ向きに捉えたくはないから、その先に待っている解放感や達成感を味わうための試練だと思い込んで今朝も出勤した。無理やりに・・・(笑)

県議選の告示に伴って、朝から選挙カーが職場の前を行き交っている。ちょうど良いBGM程度で、耳障りには感じない。

俺の仕事を手伝ってくれたら1票入れてもいいんだけど~、などと心の中で軽口を叩きながら仕事を進める(つもり・・・)。

Img_0260

頑張った先にある自分への褒美をどうしようかなぁ~。

何か買ってみたいなぁ~。

何処に行こうかなぁ~。

次男には会いに行きたいなぁ・・・。

買えもしない宝くじに当たった時のことを想像するように、頑張った先のことばかり考えて、休日出勤が捗らない卯月の朝sun

2015年4月 3日 (金)

同期

大相撲の元大関・琴欧洲関。

Photo

末は横綱かと期待され、長身かつ甘いマスクで人気があった力士だった。

現役を引退した今は、鳴戸親方として後進の指導にあたっている。

と思っていたら、今日から次男と大学の同期になったぁ~(笑)

大相撲入りのため、ブルガリアから来日する前にブルガリア国立体育大学を休学していたが、大学在籍時の単位が認められ、次男の大学に編入。今日、次男が通う大学の入学式に出席したらしい。

親方稼業と大学生との両立は大変だろうけど、ふぁいとぉ~。

その元・琴欧洲関。日本国籍を取得し、本名は「安藤カロヤン」さん。

カロヤン?なんだか聞き覚えがあるような・・・(笑)。

その元琴欧洲氏のブログ(http://kotooshu.aspota.jp/)が実にイイ!

以前もチラ見したことがあるけど、文中のひらがなを中心とした文字が、温かみと真面目さを感じさせる。

親方と学生という対極にある立場を両立して、2年後には次男と一緒に無事卒業してもらいたいなぁ~。

頑張ろれー、元大関!

その前に、一緒に卒業できるよう次男の方が一層頑張ってほしいと考え直した卯月の夜school

2015年4月 2日 (木)

ささやかに

かなり欲求不満が蓄積していることは自分が一番理解しているつもり。公私ともに余裕の少ない日々を過ごしていることが主な理由。

身近な部分から何かしらアクションを起こして気分を変えようと思い、久しぶりに近所のラーメン屋さんに入った。なぜラーメン屋さんからのアクションなのかは本人もよく分かっていない・・・

Dsc_0022
細切れにした搾菜と挽肉、溶き卵・・・、美味しい・・・。そして懐しい・・・。

若い頃は平気で食べられたけれど、最近は量が多いとさえ感じるのは歳のせい?それとも気分的なものか?

何はともあれ、ささやかな部分から気分転換に着手した卯月の満腹の日noodle

2015年4月 1日 (水)

プレッシャーズ

今日から社会は新年度。

景気のいい大企業とはことなり、私の職場は今年もフレッシャ―ズもおらず、昨日までと何一つ変わる部分は何一つ無しっ!

私「今年も新人はなしかぁ・・・」

部下「まっ、しょうがないッスね」

私「ベテランばかりもいいけど、春らしくフレッシャーズがほしくないかぁ?」

部下「誰か欠員が出ていたら、新人採用もあったんじゃないっスかね?」

私「欠員って、俺のことじゃないよな?一番年配だしぃ・・・」

81ffc27j0rl__ul1500_

気持ちだけはフレッシュでいこうと新年度の仕事を開始したけれど、プレッシャーズになりかけた卯月初日new

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック