無料ブログはココログ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

援軍

リンゴ畑通いも、少しサマになりつつあった。

今日は長女が「私も行こうかぁ?」とありがたい言葉。感謝!

しかも、9歳様(娘)と7歳様(息子)も同行・・・。

ありがたく長女の手助けを受けさせていただくことにした。

さすがに小学校4年生だけあって、9歳様は良く働く。

一方、小学校2年生の7歳様はと言うと、仕事の邪魔・・・。ははは・・・。

Img_0048
まっ、そんなことは想定内だったけれど、母に長女や9歳様&7歳様を会わせて、母に元気をつけるのが目的だし、何よりもリンゴ畑が賑やかになることのほうが大事!

案の定、リンゴ畑は数十年前のような活気に満ちた。少子高齢化と過疎化が著しく進行する田舎にチビッ子の元気な声が響くのはいいことだぁ~。

母の計らいで近所の食堂で昼食を摂ることになった。

余計な出費を強いることになったけど、息子や孫、ひ孫と4代で昼食を摂るのも久しぶりだったし、チビッ子も「婆ちゃん」「婆ちゃん」となついているので、これはこれで良しといたしますかぁ~。Img_0054
今回の次男の緊急入院では、家族だけでなく、近所の方々にもいろいろとお世話になっていた。

Img_0052
周囲の方々の手助けがなければ、リンゴ農家はできないことを改めて思いながら、できる範囲のことだけはやろうと思う皐月の最後の日door

2015年5月30日 (土)

5月27日の二人

5月27日。次男の誕生日。

21歳かぁ・・・、早っ。

保護者仲間が写真を送信してくれた姿は、元気そうだった。

1432983194828
同じ日に、長男の次女も誕生日を迎えた。こちらは2歳。

かなり活発にお育ちになられたご様子で、それはそれで何よりでございます。

Dsc_0362
そして、真夏を思わせる暑さにも関わらず、今日もリンゴ畑・・・。

Img_0057
5月27日生まれの2人に励まされるようにして頑張れた皐月の土曜日apple

2015年5月29日 (金)

南へ北へ

公私ともいろいろな出来事があった5月も残り僅か。

弟が倒れる直前の出来事を書き記していなかったので、ボケの前の書き残しておくことにした(既に忘れている部分が多いけど・・・)。

ゴールデンウィークに突入したある日、思い立って福島県に行くことにした。

震災と原発事故から4年。この間、何度か福島を訪れていたけれど、今の福島を改めて目に焼き付けたいという衝動からだった。

奥さんも行くらしい・・・。まぁ、いい。大蔵省がいたほうが好都合だしぃ・・・。

福島県いわき市まで一気に南下し、Uターンして太平洋側を北上することにした。

Img_0010
放射線量の表示板。ここが福島県であることを改めて実感した。

Img_0016
道路脇に積まれた廃棄物と思われる袋。おびただしい数量だった。

Img_0015_3
そして、海手には高くそびえる煙突・・・。

Img_0008_2
いろいろと思うことがあった皐月の暑い日sandclock

2015年5月27日 (水)

さくらんぼの季節

日曜日は、長女の娘と息子が通う小学校の運動会だった。

リンゴ畑の手伝いがあったので、ちょっとだけ観に行った。

前の晩に、奥さんが「差し入れの果物を少々買って行く」というので、近所のスーパーに出掛け、値段は安くないけど、今では運動会の必須アイテムとなったサクランボを買った。小市民のくせに、中流家庭でもあるかのように。ははは・・・。

Dsc_0021_2
翌朝、小学校に行くと、白い紫陽花がビッシリと咲いていた。そうか、紫陽花の咲く時期かぁ・・・。最近はリンゴの花しか見てないもんなぁ・・・。

Dsc_0021
五月晴れの下、運動会は盛会だった。

Dsc_0374
長女の娘は、年々走るのが好きになったらしく、楽しそうだった。

Dsc_0395

長女の息子も、それなりに頑張っていた~♪

Dsc_0365
2人の走る姿を見て、運動会の会場を後にした。

来年はもっと長く見ていられたらいいなぁ・・・と思いながら、リンゴ畑に向かった皐月の日曜日run

2015年5月24日 (日)

Aplle farmer

朝から初夏を思わせる強い日差しだった。

強い日差しであろうとなかろうと、当面はリンゴづくりの手伝い。

Img_0042

徐々にリンゴ農家のブログ気味になってきたけど、しょうがないかぁ~(笑)。

Img_0033
この日の作業は見選り(みすぐり)。

花が咲き終わり、実を付けた数個のベビーリンゴの中から、1個だけを残して摘み取る。いわゆる、摘果作業だ。

この作業をしなしいと、秋に大きなリンゴに育たない。

Img_0035
Img_0038
地道な作業だけれど、リンゴ農家の仕事って昔からこんなもの(笑)。

しかも、話し相手は母親だけ・・・。まっ、こんな時でもないと、ゆっくりと話もできないかぁ・・・(笑)

Img_0032
顔の周りが塩だらけになるほど汗をかいたけれど、密かにダイエット効果にも期待している皐月の暑い日sun

2015年5月23日 (土)

年輪

今日も朝からリンゴ畑。

超~微力ながら、弟の代わりに精を出すことした。

実家には3個所のリンゴ畑があった。

けれども、弟が病床の今は全てを賄うのは無理というもの。

したがって、今年は1か所だけに集中したリンゴづくりをすることを決めていた。

1か所は他人に貸し、残る1か所は残念ながら伐採・・・。

Img_0030
伐採することに決めたリンゴ畑の木は、私が生まれて間もない頃に植えたリンゴの木。

50年以上かけたリンゴの木だけど、伐採するのは早い・・・。

Img_0029
切り株は今後、ブルドーザーで根っこから倒した後に薪になる。

しかたない事とはいえ、祖父や親父、弟が心血を注いで育てた木が切り株になった姿を見せつけられると、リンゴの木が哀れな気がした。

同行した母も少し淋しそう・・・。

Img_0028
けれども、弟が完治して再びリンゴ畑で仕事をできるまでは、やれる範囲でリンゴづくりをするしかない。やむを得ない措置とは分かっているけど、かなり複雑・・・。

Img_0027
切り株をジーと見ていたら、祖父や親父の姿を思い出した。この地に弟が戻ってくるまでは母を支えてやろうと、この歳になって思う皐月の土曜日apple

2015年5月22日 (金)

冴えない者同士

試合に敗れたのは残念だけど、この日の目的はもう一つあった。

次男のケガの具合を確認することだった。

Img_0008
試合中にスタンドで応援していた次男から試合終了後はオフだと聞き、駅前で待ち合わせをすることにした。

とりあえず、お疲れ~。

Img_0017
私「ケガの具合はどうだ?」

次男「剥離骨折だった・・・」

私「えっ?筋肉じゃなくて、骨だったの?」

剥離骨折なら長くかかるわけだぁ・・・。

春季大会は治療に専念して、夏までに治ればよしとするかぁ・・・。

ケガは残念だけど、本人が一番辛いはず。

ラグビーにケガはつきものだし、病気じゃないから、完治したらまた頑張ればいいかぁ。

4か月ぶりの対面は、お互いに冴えない近況報告になったけれど、顔を見られて少し安堵した皐月の試合後wine

2015年5月21日 (木)

久しぶりの緑

急に高速バスに乗り込んだ末の行き先は、横浜だった。

11時間という時間と、お金をかけて来たのだから、横浜に素敵な彼女がいればいいのだけれど、残念ながら(?)今回の行き先も彼氏のところだった。そう、次男のところ・・・。

今年の春季大会がゴールデンウィーク頃に開幕していたけれど、次男は足のケガのため出場できない状況を余儀なくされていた。

Img_0011
次男は出場できないけれど、チームの応援と、次男のケガの様子が気になったため、重病の弟を病院に任せて横浜に来てしまったのだった。

Img_0013
はるばる津軽から南下してきた田舎者には、関東の日差しは眩しく、気温は暑い。それはそれとして、いつ来てもグラウンドはいい。緑が綺麗だぁ・・・。

Img_0015

試合は、残念ながら予想通り(?)の敗戦。それでも、次男の高校時代のチームメイトが相手チームにいたこともあり、久しぶりに彼とも再会して近況を確認した。

残念ながら、彼も膝のケガを負っていたため、この日の試合には出場していなかったけど・・・。

Img_0016
試合には敗れ、次男も、高校時代のチームメイトも出場していなかった。それでも、長くケガに苦しんでいた先輩が復帰した姿を見られたことに加え、保護者や応援する方々とも再会できたことだし、今日のところはこれで良しとしよう・・・。

今年初の観戦は少しほろ苦いけれど、来て良かったと思った皐月の日曜日t-shirt

2015年5月20日 (水)

急がば回れ

朝から八戸で仕事があったため、朝早く出勤して、八戸に向かった。

時間に余裕をもって会場入りしようと思い、近道をするため国道を右折して県道に入った。

よぉーし、この道を進めば楽勝~♪

県道に入って300mほど進んだら、左前方にお巡りさん・・・。

しかも、手招きしてるぅ・・・。

スピード違反・・・。

スピード違反なんて何十年ぶりだろっ・・・。

反則金は1万2000円也ぃ~。

貧乏人からむしり取っていただき、ありがとうございます・・・。

ついてない時期は、何をやっても上手くいかないと思う皐月の朝dash

2015年5月19日 (火)

変化球

公私ともども不調の昨今だった・・・。

弟の緊急入院、次男のケガ、そして己の仕事も上手く回っていなかった。

きっと、日頃の行ないのせいだろう、ははは・・・。

Img_0002
何か生活に変化を!と思い、急にバスに乗った皐月の土曜日bus

2015年5月16日 (土)

複雑・・・

お陰様で、回復の兆しをみせている弟。

仕事の合間(内緒で・・・)や、仕事帰りに病院に立ち寄っていると、日々の変化が手に取るように分かった。

病院にいても役に立たないので、リンゴ畑通いをすることにした。

実家の庭で一服していたら、おふくろが一本の紅葉を指差した。

おふくろ「お前が生まれた時に爺ちゃんが植えた」

Img_0040
知らなかった。

生まれた時に桐を植えていたのは知っていたけれど、この紅葉もだったかぁ・・・。

おふくろ「今は手入れできないほど育ってしまった。秋に葉っぱが散乱して、掃除が大変だけど(笑)」

まるで俺のことを例えてるのかと思いながら、複雑な思い出作業に汗を流す皐月の朝maple

2015年5月15日 (金)

脱どん底

心身ともにいろいろと疲れていたけれど、今日は健康診断の日だった。

日程を変更しようとも思ったけれど、体調万全の日に診断をしたとしても、どうせロクな結果は出ないだろうから、どん底の日にやってやることにした。

視力、血圧、身長&体重、心電図、聴力、血液、Ⅹ線、眼底検査、問診・・・と測定は進んでいった。

今年もバリウムはパスさせていただいた。

バリウムを飲むのも苦痛だけど、それ以上にバリウムが身体から排出されない苦しさから逃れるためだった。相変わらずヘタレだった。

過去に何度も部下から下剤を掻き集めて飲んでも、大量に水分を摂取しても、順調に身体から排出され試しはない。相当な引きこもり・・・。だから、ここ数年はバリウムとは決別して、ABC検査なる血液検査で代用していた。

まっ、そんなことはともかく、最低な調子のまま、健康診断に臨んだけれど、いずれも想定内の結果だった。

身長はやや縮み、その代わりに体重はほぼ不変。まっ、最初から想像はしていたので、大きなショックはないっ!(ことにしておく・・・)

心電図などは特に異常なし。耳は聞こえるぅ~。

血圧は相変わらず高めだった。3度も測定してくれたけれど、やっぱり高い・・・。

今までは、たいして気にしていなかったけれど、クモ膜下出血で入院した弟のこともあり、今回初めて血圧にシビアに反応した。

職場に戻っても気にかかっていたので、急いでコンビニに走った。

Img_0576
まっ、私に考えられることと言えばこの程度・・・。

診断結果が届く前に、どん底から這い上がるために何か手立てを講じようと、もがいてみることにした皐月の午後empty

2015年5月13日 (水)

100-7=

クモ膜下出血で救急搬送され、緊急手術してから1週間が経過した弟。

詳しいことは控えるけれど、日増しに快復に向かっていた。

Dsc_0022
看護婦さん「お名前は?」

弟「〇〇〇〇」

看護婦さん「何歳ですか?」

弟「50歳」

看護婦さん「100-7=?」

弟「93」

言葉はさすがに聞き取りづらいけれど、すげぇ・・・。

一時はもう駄目かもしれないと覚悟し、言語や記憶に障害が残るとも思われたけれど、名前も年齢も算数も答えられるんだぁ・・・。

自分が入院した時に、二次方程式を出されたらどうしようとも思った皐月の晩memo

2015年5月12日 (火)

今年の桜

桜に固執するわけじゃないけれど、数日前に我が家の桜も今年の花を咲かせた。

Img_0003
日頃、ロクにお世話もしないのに、今年も咲いてくれて、あざーす。

Img_0004
柄にもなく、青空と桜色の対比は綺麗だと思って、我が家の桜を見つめていた。

Img_0002
そして、様々な出来事に忙殺されているうちに、誰に観取られることもなく静かに散っていった。

Img_0007_2
今年最後の桜を記憶に刻みつつ、今日も病院に通う皐月の夜cherryblossom

2015年5月10日 (日)

リンゴ追分

五月晴れの中、リンゴ畑に立っていた。

Img_0038
病床の弟に代わって、農作業に汗を流すためだった。

充実の汗を流すのか、冷や汗をかくことになるのか・・・。

今年はリンゴの開花も早い。病気の弟のことなどお構いなし。

Img_0035
Img_0043_2
Img_0032
ボーとリンゴの花を見つめてばかりもいられないので、作業開始。

この日の作業、近いうちに行なう草刈りに向けた事前作業がメーン。

日頃サボってるツケはすぐにきたけれど、黙々とやる。黙々と・・・。

かなりの疲労には違いなかったけれど、運動不足を補う意味でも、今年はリンゴ畑通いを続けよう。Img_0041
夕方の岩木山を眺めていたら、いい仕事したような錯覚に陥った皐月の休日apple

2015年5月 9日 (土)

生命力

5月5日に入院した弟。入院先が私の職場に比較的近い病院だったこともあり、連日、様子を見に行っていた。

Img_0026
Img_0028
金曜日は、話し声に反応して薄目を開けた。

そして、私の顔を見て、「うー」と発した。

正直なところ、もう目を開けることも、言葉を発することもできないのではないかとさえ思っていた。

凄い生命力だと思った。

窓の外には青森市街地の景色。

Img_0029
この景色よりも、早く家に戻って、リンゴ畑の景色を眺めたいんだろうなぁ・・・。

Img_0031
心配している母に、とりあえず様子を知らせてやった皐月の金曜日cloud

2015年5月 8日 (金)

俺がやる

7時間半に及ぶ緊急手術の末に、一命を取り留めた弟。

当面は予断を許さない状況に変わりないけれど、第一関門はくぐりぬけた。

連日、病院に通っていると、病床の次男にも変化が表れていた。

きっと、回復の兆しだろう・・・と信じることにした。

明日の土曜日を含めて、今後の休日は、病床の弟に代わって、リンゴ畑で仕事に精を出すことにした。

やれるだけやってみようと思う五月の晩hospital

追伸 ご心配下さった方々に対し、この場を借りてお礼を申し上げます。

2015年5月 5日 (火)

こどもの日・・・。

弟が、くも膜下出血で緊急入院・・・。
緊急手術中・・・。
今夜は病院泊まり・・・。
助かればいいけど、医師と天に任せるのみ・・・。
こどもの日だと言うのに、弟の子ども達が可哀想・・・。
長い夜を覚悟する皐月の夜hospital

2015年5月 2日 (土)

ペース

行ってしまった桜前線・・・。

駆け足で北上した桜前線は、祭り関係者が準備に追われる中をお構いなくやってきて、そして立ち去った。

例年ならば、今頃が桜の見頃なはずだけど・・・。

まっ、そんな年もあるかぁ・・・。

Dsc03484
近所のホームセンターではポット苗の花が売られていた。

なんだかペースが乱れているような気分が続いていたので、綺麗だとは思ったけれど、今年は買わなかった。

Img_0012
GW期間中になんとかペースを戻そうと思う五月の土曜日bud

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »