無料ブログはココログ

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月30日 (火)

ハーフタイム

家族、兄弟、自分自身のこと・・・。いろいろなことがあった今年の前半戦も、ひとまず今日で終了。

なんとか更新はしているけれど、次男の話題を敢えて取り上げないでいた。

次男も低空飛行しているからだった。

春先に左足を剥離骨折した次男。

どうにか治りかけて練習を再開した日に、今度は左手の不全骨折。

春シーズンをすべて棒に振って、治療に明け暮れていた。

ラグビーをしたくてもできないことは気の毒だけど、焦りは禁物。

秋のシーズンをにらみながら骨折を完治させて、戦力に復帰してくれることを信じよっ・・・。

Dsc_0122
かく言う自分も視界良好とは言えないけれど、明日からの後半戦は光明を目指して頑張ろうと思う水無月最終日cloud

2015年6月29日 (月)

おめでとう&ありがとう

いろいろと苦悩して過ごした6月。

その6月もいよいよ大詰め。

来月は少しいいことがあればいいな・・・と思いつつ帰宅した。

Img_0021
ただいまー。

帰宅するなり、奥さんが「今日は○○○の誕生日だから、ケーキを届けよう」と言った。

今日は長女の娘の誕生日だった。

長女の娘も今日からは10歳。月日が経つ早さを改めて思い知った。

誕生日のプレゼントは先日届けていたけれど、奥さんの言いつけに従ってケーキを買いに走り、そのまま長女宅へ。

長女の娘は喜んでくれた。行ってよかったぁ・・・。

プレゼントといえば、先日、私もプレゼントを頂戴していた。

リンゴ畑に手伝いに行っていたため、不在にしていたけれど、長男、長男のお嫁さん、長女からそれぞれいただいた。どーもー。

Img_0694
ご多分に漏れず、熟成中につき、まだ開封していない水無月の夜present

2015年6月27日 (土)

近況

病床にある弟が昨日、51歳になった。

クモ膜下出血という大きな病に冒されつつ迎えた誕生日だったけれど、いろいろな人の手助けのお陰で、弟は今月30日に地元の病院に転院できるところまで回復した。

転院先の病院には、弟の長女も勤務しているし、今後、安心してリハビリに励むことになるだろう。

Img_0678
ひとまずは胸を撫で下ろしつつ、この場をお借りしてお礼を申し述べる水無月の土曜日hospital

2015年6月24日 (水)

夏至らしく

一年のうち、最も昼が長い一日。それが夏至。

この日は下北半島に出かけなければならなかった。

週に一度のペースで下北半島に出かける生活が続いていたので、特段大したことじゃないと思ったけれど、相手の話を聞くと「朝9時前までに来てほしいんですけどぉ~(笑)」

青森を6時過ぎに出発しないと間に合わない・・・。いくら夏至だからといっても朝6時出発はキツイ・・・。

奥さんに叩き起こされること数度。ようやく目が覚めた。

奥さん「何度も起こしたんだけど」

夢の中で悪魔が叫んでいるのかと思った・・・。

以下、下北半島の写真で道中紹介。

縫道石山。標高626mの山だけど、なぜか行くたびに惹かれる・・・。

Dsc_0114
奇岩が立ち並ぶ仏ケ浦。

Dsc_0118
日本最古のアーチ式ダムの旧大湊水源地水道施設。

Dsc_0065
そして、古くからの軍港・大湊湊。海上自衛隊大湊基地として主要艦艇が停泊中。

Dsc_0069_2
下北半島を縦横無尽に走行し、どうにか任務完了。朝早かったので、道の駅で少々休憩した。

気が付いたら、長~い時間をかけて1回まばたきをしたらしい・・・。ほんの1時間ほどかけて・・・。

「あっ、既にこんな時間かぁ・・・」と思ったけれど、「どうせ夏至だし、日暮れまでに戻ればいっかぁ・・・。」と思い直した水無月の働き尽くめの日clock

2015年6月23日 (火)

虎の穴

奥さんや長女達を伴ってリンゴ畑の手伝いをした土曜日。

日暮れが遅くなったので、時間を忘れていたけれど、あっという間に時刻は6時を過ぎていた。

ちびっ子達のこともあるし、そろそろ今日の作業を終えようと思ったけれど、なかなか女性陣の輪が解けない。

「おーい、まだかぁ?」と言いたかったけれど、言い出せずにいた。

母も奥さんも長女も寅年。

ネズミ年の私が、3頭の寅にかなうはずはない・・・。

Dsc_0021
寅達のサークルが解けるのをジーと待った水無月の夕方cancer

2015年6月22日 (月)

プレイボール

更新頻度は低下気味だけど、書き記しておきたい出来事は連日山盛りだった。

あれから何日ぐらい経過したのかは忘れたけれど、数週間前の土曜日にプロ野球の試合を見る機会があった。

プロ野球の試合を見るのは、まだ王選手が現役時代でホームランをガンガン打ってた頃以来だから、何と40年ぶり・・・。もうちょっとで半世紀になるところだったぁ・・・。

今回はあくまでもお仕事の一環。

二軍戦の楽天VSロッテの前に、弘前市のイベント(セレモニー)にお邪魔しなければならなかった。Dsc_0005

(お断り)私が仕事でこの中に私が入っている場合ではありません。念のため・・・。

二軍とはいえ、プロ野球の公式戦が行われるだけに、弘前市運動公園野球場は多くのファンが詰めかけていた。

Dsc_0006
こんなにプロ野球選手を間近に見るのは初めてだった。身長では勝ってるけど、筋肉と若さでは当然負けた・・・。

Dsc_0027
試合開始前の華やかなセレモニーが繰り広げられ、始球式などが始まった。

Dsc_0024
Dsc_0031
そして、プレイボール!

Dsc_0038
プレイボールとともに、この日の私の仕事は終了。

本当は肝心の試合を観戦したかったけど、この日もリンゴ畑が待っていた。

今度はちゃんとプロ野球を観られたらいいなと思ったけれど、それよりも次男達の試合のほうがやっぱり気になった水無月の土曜日baseball

2015年6月21日 (日)

77

澄み渡る青空。

Img_0669
清々しい空気。

Img_0673
ちょっと暑いけど、今日もリンゴ畑での摘果作業。

Img_0677
ニワトリの卵ぐらいの大きさまで育ってくれた。

Img_0670
偶然にも、この日が母の77歳の誕生日だった。

Img_0683
何もプレゼントを用意できなかった分、作業を頑張った(自分なりに・・・)水無月の休日apple

2015年6月20日 (土)

計らい

いつものように、今日もリンゴ畑通い。

Img_0673
しかも今日は奥さん、長女、その娘と息子のオマケ付き・・・。

リンゴ畑での仕事は地道で、肉体的に疲れるけれど、青空の下で家族で仕事をするのは爽快。日頃の憂さ晴らしにもなる。

そして、ちびっ子達にとっては社会勉強にもなるし、健康にもいいはず。

そう思い込むようにして、リンゴ畑に向かった。

リンゴ畑に到着すると、一人で仕事をしていた母が出迎えてくれた。

よっしゃ~、今日の作業を開始するかぁ~、とハシゴに登ろうとしたら、母が「苺が食べ頃なんだけど、採ってる暇がないから、苺を採ろう」と言った。

Img_0660_2
えっ?リンゴ作業はどうするぅ・・・?と思ったのは私一人。

私以外の全員が賛成~♪

Img_0658
Img_0656
まっ、退屈させないための母の計らいだろ・・・。今は、その計らいに便乗するかぁ(笑)

いきなり6人で苺狩りになった。奥さんと長女は喜び勇んで採る、食べる、採る、食べる、採る、そして食べる・・・。

す、す、すげぇ・・・。これが血筋ってやつか・・・。

Img_0661
あっという間に数箱分に膨れ上がった。その力を、今度は是非、他のことにも活かしてみようか、ははは・・・。

Img_0662
お店で売ってるような粒揃いじゃないけど、これはこれで格別な味。
Img_0664
かなり腰が痛くなったけれど、全員が楽しそうだったので「もう、いいんじゃない?」とは言い出せなかった水無月の昼sun

2015年6月19日 (金)

地元開催だしぃ・・・

突然ですけど、グラウンドの脇に立っていた。

Img_0652
Img_0646
第66回東北高校ラグビー選手権大会兼NHK杯。

4年ぶりに県内で開かれていた。

しかも、会場は青森市内。行くなというほうが無理というもの・・・。

盛岡工業、黒沢尻工業、黒沢尻北、仙台育英、秋田中央、秋田工業・・・。東北の強豪が勢ぞろい~。懐かしいジャージばかり~。

先ごろ開かれた高校総体で優勝したため、次男の後輩たちは今年も本県代表として出場していた。

昨日の試合に競り勝って、今日は準決勝。

しかも、相手は優勝候補と目される仙台育英高校(宮城県)。

Img_0650
勝利すれば決勝戦進出。そして東北NO1。

地元開催ということもあって、平日にも関わらず応援する保護者も多い。

Img_0652_2
試合は、仙台育英が勝利。

後輩たちも頑張っていたけれど、現時点での実力差は如何ともし難いところかぁ・・・。

Img_0645
次男達が高校3年生の時は、同じ大会で仙台育英から数年ぶりに勝利していたんだよなぁ・・・と思うと、あの頃が昨日のことのような気がした。

Img_0647

でも、本番はこれから。花園大会の本番で対戦する機会があったらリベンジできるよう精進あるのみ。

Img_0649
強引にグラウンドに近い場所に仕事を入れるのを懐かしく思いつつ、急いで職場に戻った水無月の金曜日run

2015年6月17日 (水)

元気に・・・

一週間ほど前の話になるけれど、県内に『セブンイレブン』が初出店した。

テレビも新聞も大きくニュースで取り上げていた。

ニュースによると、どの店も人出、人出、人出の波だったらしい。

同業他社のコンビニにとっては、結構な脅威なんだろうなぁ・・・ということ以外に特別な思いは抱かなかった私。

Img_0642

そんな私も昨日、仕事の途中で試しに入ってみた。何か欲しいものがあったわけでもないのに・・・。

入店すると、「いらっしゃいませ~」と大きな声のスタッフに驚いた。

Dsc_0021
次の瞬間、「うっ、混んでる・・・」。(想像はしていたけれど・・・)

申し訳ないと思ったけれど、何も購入することもなく店を出た。

元気の良い挨拶をされたので、何も購入することなく店を後にするのは、なおさら申し訳なかったけれど、今度利用させていただきます。すみません・・・。

通常は、自動ドアが開き、キンコンキンコンと感知センサーらしきものが鳴りだすと、アルバイトと思われるレジの兄ちゃん(姉ちゃん)が「いらっしゃいませ・・・」と義務的に言うところだけれど、出店したばかりのコンビニはさすがに違う。

このコンビニも時間の経過とともに義務的な挨拶へと変わっていくのかもしれないけれど、周囲のコンビニにも声掛けの良さが波及すれば、もう少し元気な街になるのになぁ…と思いながら、そういう自分も元気を出す方法を模索中だった水無月の木曜日24hours

追伸 想定外の数のコメントに困惑いたしましたが、感謝の一言を添えて返信とさせていただきます。暑さが本格化いたしますが、皆様ご自愛ください。

2015年6月11日 (木)

転機

今年に入ってからというもの、身の回りの環境が大きく変わり、それらに対処するため、当面、ブログの更新を休止しようと思います。

Dsc_0045
クダラナイ内容であることは当の本人が一番承知しておりますが、これまで御高覧いただき、ありがとうございました。

復活の日がいつになるのか想像もつかない水無月の夜pen

2015年6月 9日 (火)

海峡、その先

長女と、その娘と息子、奥さん、ついでに私の5人で海に出かけた。

もう一か月半も前の出来事だった。

Img_0568
途中で『奥津軽駅』に立ち寄った。本州最北の新幹線駅。

来年3月の北海道新幹線開業に間に合うよう、仕上げ工事が急ピッチで進められていた。

Img_0549
隣接する道の駅でイベントがあり、地元のゆるキャラに長女の息子は大喜びしていた。幼いと言えば幼いけれど、中年の私から見ればその純真さが羨ましい・・・。

Img_0554
目指す岬に着いた。灯台まで走って競争しようと言った。私が・・・。

Img_0557
すぐに後悔した・・・。ゼーゼー・・・。

言わなきゃ良かった・・・。

Img_0560
津軽海峡の風はこの日も強かったけれど、快晴の下で久しぶりに海を眺めることができた。

Img_0563
Img_0569
海の向こうに広がる北海道まで新幹線が延伸されたら、連れていきたいと思いつつ、小銭がたまるかどうか自信が持てない水無月(当時の卯月)の海に行った日bullettrain

2015年6月 8日 (月)

詠み人知らず

毎年楽しみにしているものの一つが先日発表された。

第一生命の『サラリーマン川柳コンクール』。

通称・サラ川も今年で28回。

上位には漏れたけれど、10位以下にもいい句が多数あった。

「あっ、この気持ち分かるわー(笑)」

「いい味わいがあるぅー(笑)」

「我が家と似てるかもぉ・・・」

以下、第一生命の第28回サラリーマン川柳コンクールの上位100選より。

1位 皮下脂肪 資源にできれば ノーベル賞

2位 湧きました 妻よりやさしい 風呂の声

3位 妖怪か ヨー出る ヨー出る 妻の愚痴

4位 壁ドンを 妻にやったら 平手打ち

5位 記念日に 「今日は何の日?」「燃えるゴミ!!」

6位 増えていく 暗証番号 減る記憶

7位 あゝ定年 これから妻が 我が上司

8位 オレオレと アレアレ増える 高齢化

9位 ひどい妻 寝ている俺に ファブリーズ

10位 充電器 あったらいいな 人間用

11位 アナとユキ わたしゃ胃にアナ 医者にユキ

12位 本当の 子にも孫にも 振り込めず

13位 どうやって 禁煙するかで 一服し

14位 子は妖怪 嫁も妖怪 俺 限界

15位 「ついて来い!」 昔ニッコリ♡ 今「なんで?」

16位 マヨネーズ カロリーハーフ 倍使う

17位 うちの妻 マツコよりも デラックス

18位 部屋がない ローン組むのは 俺なのに

19位 スッピンは ダメヨダメダメ ママじゃない

20位 来世でね めぐり逢ったら ほっといて

21位 M着れる? ダメよ~ダメダメ L着てる

22位 年老いて モトがとれない 飲み放題

23位 妻の声 AEDより 効果あり

24位 おつぼねを レジェンドと呼ぶ 給茶室

24位 ダイエット ありのままでと 諦める

26位 ありのまま 結婚してから 見せるのよ

27位 ありのまま メイク落とせば どこのママ?

28位 『まかせたぞ』 できない上司の 逃げ言葉

29位 里帰り 孫が来るたび 諭吉去り

30位 方法は 山ほど知ってる ダイエット

31位 がんばれば がんばったほど 仕事ふえ

32位 愛犬の 同情した目に 癒される

33位 8%(ハチパー)で 暗算できぬ 料金に
 
34位 フナッシー 人気のない俺 ムナッシー

35位 休みます LINEの文字は 元気そう

36位 壁ドンは ダメよ ダメダメ 借家でしょ!!

37位 嫁出かけ ネコはカルカン 俺サバ缶

38位 子は飲み会 妻はお茶会 オレ自治会

39位 出迎えは 妻のハグから 犬のパグ

40位 父だけが LINEのグループ 外されて

41位 おい!おれを メタボと呼ぶな ゆるキャラだ

42位 妻なのか… 妖怪なのか… ウォッチする

43位 ゆるキャラに ママならなれる そのまんま

44位 こたつから 嫁が出すのは 顔と指示

45位 ありのまま 食欲のままに 雪だるま

46位 シニアだが リニア乗るまで 生きてやる

47位 今でしょが 続いてばかりで しんどいわ

48位 「あなた来てー」 唯一の出番 虫退治

49位 夫婦愛 いつの間にやら エコモード

50位 出張を 伝えて喜ぶ 嫁娘

51位 世界遺産 なって初めて 知る歴史

52位 嫁LINE スタンプだけで 指示が来る

53位 新米の 味は職場の 水しだい

54位 帰り道 スマホと私 電池切れ

55位 部長より 遠くが埋まる 飲みの席

56位 意思疎通 昔だんらん 今スマホ

57位 丸投げの 上司の肩の 強さ知る

58位 ダイエット あれから三年 5キロ増え

59位 レジェンドと 呼ばれる事なく 定年に

59位 値が上がる 物価に主婦が 音を上げる

61位 子ども達 「いいじゃないの~」と 片付けず

62位 リタイヤで 妻の偉大さ 今 わかる

63位 美味しいと たまに褒めたら 「レトルトよ」

64位 見せません 我が家のママの ありのまま

65位 『カミ減らせ』 俺の頭は 実施済み

66位 長生きは オリンピックが 生がいに

67位 上司より きびしい査定が 家で待つ

68位 あの上司 記憶の容量 フロッピー

69位 もう帰る 電話したのに 用意なし

70位 正月は 箱根と決める 入浴剤

71位 言い逃れ 「妖怪のせい」 「ありのまま」

72位 コレだめよ アレもだめだめ 髙血圧

73位 ナチュラルな メイクに見せる 厚化粧

74位 是非欲しい 家庭内での 自衛権

75位 アナ雪を 歌う妻見て 寒くなり

76位 もう10日 妻とのライン 既読なし

76位 気付いてよ 既読スルーも 返事なの

78位 知恵を出せ 出したら上司の 案となり

79位 運動会 娘はいつも カメラ越し

80位 音沙汰の ない子既読に 安心し

81位 課長留守 仕事スムーズ 気はルーズ

82位 パパお願い♪ ゴーストライター 子の宿題

83位 Let it go 私ら世代は Let it be

84位 火の用心 タバコにストーブ ツイッター

85位 妻ニイサ 私貧乏 金ナイサ

86位 ハードルが 年々上がる 縁相場

87位 夢でみた 妻の笑顔に うなされる

88位 人類の 進化の果てか スマ歩行

89位 ウシの日は 牛丼なのと 子に教え

90位 会議中 パソコン見るな オレを見ろ!

91位 小遣いの 異次元緩和 未だなし

92位 定年後 アウェイとなった うちの家

93位 気が付けば 楽しみすべて ワンコイン

94位 小遣いを! わが家の軍師 あかんべえ

95位 化け学が あればかみさん ノーベル賞

96位 合コンを 重ねて今や ワイン通

97位 夜通しで ウォッチに並ぶ サンタたち

98位 もう一軒  いいじゃないのと 言う上司

99位 共有化 悪い話は 今日言うか

100位 先輩と 言うな婚活 会場で

Img_0018

サラリーマンの悲哀と、家庭での立場を共有する水無月の夜pen

2015年6月 6日 (土)

高原にて

今では土日恒例となったリンゴ畑の手伝い。

けれども、今日は仕事のため弘前市に向かわなければならなかった。

期待していたら悪いなぁ・・・と思い、前の晩に母に連絡した。

母「あすは手伝いに来てくれる人が大勢いるからいいよ。たまには休んでいいから」

あざーすm(__)m(でも、休みじゃなくて、仕事なんですどぉ・・・)

母から了解をもらったこともあり(ただし、この歳になってだけどぉ・・・)、朝から弘前市に向かった。

本当ならば、仕事はお昼から・・・。なのに、朝から出かけた。しかも保護者(奥さん)も同行・・・。

行き先は高原のラグビー場・・・。今日から高校総体が開幕したからだった。

仕事の前に後輩たちの試合を観てから、スッキリと仕事に入ろうという算段。なんという親不孝な、ははは・・・。

高校ラグビーを観戦するのは、なんと8か月ぶり。毎週のように試合だ、練習だ、と言っていた数年前が懐かしい。

おっ、応援の幟旗と横断幕・・・。あぁ、懐かしい・・・。

Img_0633
顔見知りの現役選手は数名。当然、父兄も殆ど知らない人ばかり。ウロウロしていたら、恩師の先生(監督)に見つかった。

監督さんと次男の話や今の状況などについて話していたら、何だか次男が高校時代に戻ったような錯覚に陥った。

Img_0623

そしてグラウンドには、次男の1学年上の先輩達も大勢いた。大学4年生なので、この時期恒例の教育実習を行いながら、母校の後輩達をコーチしているのだった。おぉ、永真、オガ、タックン、飯田、タケ・・・、懐かしい。

Img_0622

永澤君、いつもラグビー協会のお手伝いご苦労さん(笑)。

Img_0624
懐かしい保護者仲間とも再会し、近況報告しているうちにキックオフ。

奥さんは、正面中央にドッカリと座っていた。周囲のラグビー姫(マネージャー)を統率しているかのようだ・・・。さすがだ・・・。

Img_0626

後輩たちは試合開始早々から圧倒していた。予想はしていたけれど、今年も花園出場が期待できそう。Img_0628
Img_0635
Img_0636
試合を観られたのは最初の15分だけ。後ろ髪をひかれつつも、この日の仕事が待っているため弘前市に急いだ。

大学ラグビーとは一味違う熱さを少し思い出した水無月の土曜日t-shirt

2015年6月 4日 (木)

2か月後

平日は仕事に追われ、休日にはリンゴ畑通いを続けているうちに、今年の青森ねぶた祭りでちょうど2か月を迎えていた1。

そろそろ、今年のねぶたが気になってきた。

仕事で、ねぶた小屋の付近まで行く機会があったので、小屋の様子をチラ見してきた。

骨組の段階から、紙貼り、書き割りへと作業は進んでいた。

2015_shitae_540_313
A27422d2f3ce07ad734a9e3b5435f682684
既にそんな時期かぁ・・・。もう6月だもんなぁ~、ははは・・・。

その頃には弟も地元の病院に転院できてる頃だろうなぁ、きっと。

">

忙しさに追われる日々だけれど、2か月後に開幕するねぶた祭を心待ちにしていれば頑張れる気がする水無月の木曜日sprinkle

2015年6月 3日 (水)

帰路

夕暮れが日増しに遅くなっていることを日々実感した。

退社時刻を過ぎてもまだ明るい。

今が一番いい時期なんだろうなぁ・・・と部下と話しながら会社を出た。

時刻も早かったので、弟が入院している病院に立ち寄った。

弟は術後が順調だったこともあり、集中治療室から4人部屋に移され、今はリハビリ期に入っていた。

今週末には、外していた頭蓋骨を入れなおす手術を受けることになっていた。

感染症さえ発症しなければ、1カ月ほどで娘が勤務する地元の病院に転院できるところまで見通しが立っていた。

リンゴ畑の様子を教えながら、帰り際に「がんばれ・・・」と手を握った。

弟の手を握るなんて、子供の時以来だった。

気丈な弟が涙を流した。

ちょっと驚いた・・・。

Img_0023

">

今度の土日もやっぱり畑通いを続けようと思いながら、帰路についた水無月の夕方apple

2015年6月 2日 (火)

開封直前

届いたぁ・・・。

先日行った健康診断の結果が・・・。

Dsc_0021
例年ならば、数週間かけて熟成させてから開封していた。

熟成させればきっと良い結果になるはずだから・・・と信じてのことだったけれど、全然良い結果にならない・・・。

今年は弟が急病に倒れたこともあり、熟成させるのをやめて、潔く結果を受け入れよっ・・・。

開封するだけでドキドキする水無月の晩chick

2015年6月 1日 (月)

格安

暑い・・・。

まだ5月だというのに、この暑さ・・・。

まさに猛暑だと思った。

リンゴ畑にいると涼しい風が吹き抜けるけれど、それとこれとは別・・・。

暑い・・・。

ということで、床屋さんに行った。

襟足がスッキリすれば、暑さも和らぐだろう・・・という単純な発想。

Img_0058
行き先は、いつもの〝格安〟床屋さん。

私の頭だから、中身に合わせて床屋さんも格安で十分だけれど、この日は混んでたぁ・・・。先客が20人ぐらい。

(これは、俺の番が来るまでにはかなりの時間を要するなぁ・・・)と思い、「後で出直します」と言おうとしたら、「どうぞ、順番にお座り下さい」と先に言われた。

「あ、はい」とついつい言ってしまった。

(言わなきゃ良かった・・・。何時間待たされるんだろっ・・・)と後悔しながら、ジーと待っていた。

しかし、散髪、洗髪・・・と数人が手分けしながら行なうせいか、意外と早い。回転率が高いってやつか・・・。

1時間半ほどで、私の散髪が終わった。

お陰様で涼しくなり、さっぱりして帰宅すると、奥さんが開口一番、「白髪が増えた?」と言った。

言われなくても分かってるのに、念を押しやがって・・・。

デリカシーに欠けるヤツだと思ったけど、襟足がスースーして気持ちいいので今回は許してやることにした皐月の日曜日hairsalon

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »