無料ブログはココログ

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月29日 (日)

五月生まれ

大阪の余韻に浸っているうちに、5月が過ぎ去ろうとしていた。

そんな中で、数日前に次男が22歳の誕生日を迎えた。

大学生活のため、今は離れて暮らす次男。

小さい頃は末っ子特有の甘えん坊だった次男も、いつのまにか22歳・・・。そう思うと感慨深くもあるけれど、もう少し大学生活とラグビーに頑張ってもらおう。

くしくも同じ日は長男の次女の3歳の誕生日でもあった。

ちょうどやんちゃな盛りだけれど、どんな娘に育ってくれることやら(笑)

いろいろと思いを巡らしていたら、「私の誕生日はどうする?」と奥さんの声。

大阪に連れていっただろっ・・・と思ってはみたけれど、いくつになっても手がかかる人がいることを思い出した皐月のある日present

2016年5月28日 (土)

おかわり

大阪から東京を経由して一路津軽を目指した。

それにしても、新幹線は快適だ。長距離バスに慣れた身にはありがたい。

Img_0174

そして、住み慣れた津軽に無事戻ってきた。

大都会とは異なり、新青森駅はひっそり・・・。

まっ、こんなもんでしょ(笑)

Img_0179
駅構内に飾ってあったネブタの面だけが、中年夫婦を出迎えくれた。どーもー。

Img_0181

旅から戻ると、「やっぱり我が家はいいなぁ~」と思うことが多いけど、大阪の街の思い出が脳裏にこびりついていた。

">

再び行くことができたらいいなぁ・・・既におかわりを希望している、皐月の久々に自宅に戻った深夜night


2016年5月26日 (木)

海憂館

懲りずに浪速3日目・・・。

最終日だから、新世界や難波辺りで時間を潰しつつ、時間に余裕を持って帰路に就こうというを私の目論見とは裏腹に、奥さんが「水族館~」と叫ぶ。

うるさく言うので、連れて行った・・・。

Img_0165
海遊館・・・。デカっ・・・。

Img_0163
しかし、せっかく海遊館に着ておきながら、長蛇の列を見た奥さんが「止めようかぁ・・・」と一言。

正直、はるばる来るんじゃなかったぁ・・・。

「その代わり、あれに乗る」と奥さんが上空を指さした。

Img_0154
わざわざ怖い思いをしたくないので、今度はこっちが却下!何をしに大阪港まで来たんだか・・・。

そして、この日も朝食は粉モン。

Img_0162

そして、なぜかクリームソーダ・・・。何年ぶりだろ、クリームソーダなんて。

Img_0168
精神的にも肉体的にも疲れ、いよいよ帰路に就くことになった。

しかし、浪速の粉モン文化にとことん染まった中年二人は、ここでも最後の串揚げ~。

Img_0170
当然、「二度づけ禁止やで~」と心の中で繰り返しながら噛みしめた皐月の最終日fish

2016年5月22日 (日)

実践中

心斎橋、御堂筋と賑やかな場所を巡った浪速の二日目。

この日も難波、道頓堀で締めることにした。

Img_0153
そして、行き着いた先は昨晩行ったお店。

看板娘「昨日もおいででしたよね(笑)」

奥さん「よくお分かりでー(笑)」

私「美味しかったので、約束通り、また来ましたぁ(笑)」

Img_0152
今夜も粉モンのみ・・・。

Img_0150_2
喉が詰まるといけないので・・・。

Img_0149
Img_0148
身をもって食い倒れを実践中の皐月の晩restaurant

2016年5月21日 (土)

おーきにっ!

あべのハルカス、天王寺公園、新世界、通天閣をひととおり見終えて、少しゆっくりとしようと思ったけれど、根っから貧乏性なので、再び地下鉄で移動した。

向かった先は心斎橋、御堂筋方面。

「歌にも出てくるし、せっかくだから行ってみるべ」という安易に理由・・・。

若者がドワ―と歩いている方面に行ってみた。

なんでも、この辺一帯が「アメリカ村」と呼ぶとか・・・。

Img_0138
津軽には、こんなビルはないなぁ・・・。

再び歩きだすと、奥さんの足が止まった。

「ちょっと持って」と言ったかと思ったら、長蛇の列に並んだ。暫くして、戻ってきた。

Img_0140
それかぁ・・・。それにしても長いというか、高いというか・・・。

でも、なぜ2本も・・・。俺は一口だけでいいのにぃ・・・。

Img_0142
この後、長時間にわたって目の奥のキ~ンと格闘した私・・・。予想どおりの結末・・・。

ここで、賢い私は大阪の若者に一風変わった傘が流行っていることを発見した。

Img_0143
雨でもないのに、この子も変わった傘をさしていた。

Img_0144
綿アメでできてるらしい。本当の飴傘ってやつだな、なるほどぉ~(笑)

更に私はもう一つ賢くなった。この辺り一帯の街路灯が実にイイ~。

Img_0145
浪速のおもてなしの心を形にしたような街路灯~。

Img_0146
浪速のサービス精神に感心した皐月の午後search

2016年5月20日 (金)

串攻め

新世界は、文字通り、私を新たな世界に導いた。

Img_0123
まだ午前中だというのに、ご覧の始末だった・・・。

Img_0120
次々と並ぶ串、串、串・・・。

Img_0115
Img_0113
Img_0119
前夜も食べていたのに、12時間後もシッカリと串、串、そして串・・・。

Img_0117
Img_0114
ついでに、本場のお好み焼きもしっかりと食べましたぁ・・・。

Img_0118
ちなみにキャベツも摂取いたしましたぁ・・・。

Img_0112
午前中から、二人でパーティ状態・・・。いいのかなぁ、こんな調子で・・・。

Img_0116
とにかく、胃の中にも新しい世界が広がっていた皐月の午前beer

2016年5月19日 (木)

安心と信頼の

新世界・・・、素直にイイ。初めて訪れたけど、想像していた以上にイイ。

Img_0133
宝箱をひっくり返したような賑やかさと、界隈に暮らす人の温かさがあずましい~♫

Img_0126
奥さんもなんとなく馴染んでる様子。

Img_0127
界隈を歩いていたら、初めて遭遇した自動販売機があった。

Img_0129
日本酒の自販機だけど、免許証を読み取って年齢を確認するみたいです。

Img_0130
きっと、深夜でも早朝でも需要があるからなんだろうなぁ(笑)

Img_0132
ここも難波と同様に大きな看板が目を引く。

Img_0131
どんどん歩いていくと、さこには通天閣。

Img_0128_2
Img_0134
「安心と信頼の・・・」か、この街から昭和の匂いが感じられて、こっちが安心する・・・。

Img_0135_2
ちなみに、通天閣の真下から上を覗くと、こんな絵が・・・。

Img_0136_2
奥さんが希望した最頂部からの展望は当然のように却下させていただいた皐月の朝camera

2016年5月17日 (火)

吹~けば~飛ぶよ~な~♫

超高層ビルから逃げるようにして、この日の目的地に歩みを進めた。

4度目の浪速だけど、ここは初めて訪れた場所でもあり、実はかねてから一番訪れたかった場所だった。

Img_0110
Img_0106
Img_0109
そそっ、この感じがイイ~。

Img_0108
朝から射的で賑わってるー。

Img_0107
こっちでは、将棋かぁ~。本当に、『二人っ子』の世界だわ~♫

Img_0123
そして、この活気・・・。奥さんは目を丸くしていた・・・。

Img_0124
新世界の雑踏に身を置きながら、飛び交う関西弁さえ心地よく感じた皐月の朝event

2016年5月16日 (月)

はるか

浪速の2日目。

移動の疲れも感じることなく、朝から精力的に動いた。

地下鉄で到着した先は天王寺。

Img_0101
個人的には最も不得意な場所・・・。

Img_0093
日本一高い60階建てビルだということは事前に知っていた。ここまで高くしなくてもいいと思う、個人的には・・・。

Img_0100
何も買えないけれど、都会のデパートの雰囲気だけでも味わうつもりだったけれど、奥さんは上に行きたいらしい・・・。

途中までなら・・・という固い約束で渋々ながらエレベーターに乗った。

Img_0095
16階の空中庭園。ここでも十二分に高い。

写真を見ると、綺麗な花だ沢山咲いているけれど、実際のところ、高さばかりが気になって、ほとんど覚えていない・・・。

Img_0096
こんなにガラス越しに平気で近づける人達の気が知れない・・・。

Img_0102
「近くに大きな公園があるはずだから。公園はいいぞー。とにかく降りよっ、降りよっ、とっとと降りよっ」

強引に近くの天王寺公園を目指したぁー。

Img_0104
やっぱり地上はいいなぁ~と実感した皐月のドキドキした朝aries

2016年5月15日 (日)

二度づけ禁止やでぇ

難波を縦横無尽に歩いて大都会の賑やかさを確認したついでに、腹ごしらえタイムに突入することにした。

Img_0071
あらぁ~、旨そっ・・・。ここがイイっ!

Img_0077
お店の看板娘に促されるように、店内に入った。

田舎者の夫婦二人が無事に食べ物にありつけるかどうか最初は不安だったけれど、中年も半ばに差しかかると怖い物もない。

Img_0062
写真では分かるはずもないけど、たこ焼きの中身の大半がタコ。たこ焼きだから当然と言えば当然なんだけど、端的に言えばタコの大きさがデカッ!しかも、安くて、旨い~。

すぐに2皿目を追加。ついでに、お水も~。お水の代わりにビールでもいいんですけどぉ~。

Img_0063
2皿目も一瞬で完食~♫

Img_0065
やっと調子が出てきた。

よーし、練習終了。本番に移行させていただきます。

Img_0066
食べたかった串揚げ~♫

Img_0070
揚げたて、やっぱり旨いです・・・。

Img_0067
次々に中年夫婦のお腹に収まります・・・。

今夜ばかりは、脂肪もカロリーもコレステロールも封印っ!

Img_0169
二度づけする暇もなく次々に串だけが溜っていく皐月の晩pig

2016年5月13日 (金)

包丁い~ぽん

ついでに、ここも見せておこうと思い、横丁に入った。

Img_0091_2
難波の横丁と言えば、そそっ、法善寺。ちなみに、月は出てるかどうかは定かではない。

Img_0088
奥さんは、ここがなぜ有名なのかピンときていない。

「包丁一本~♫」とここで歌って聞かせるわけにはいかないので、詳しいことは省略した。

奥さん「あのお地蔵さん、苔だらけ・・・」

お地蔵さんじゃないんですけどぉ・・・。水掛け不動を知らないいんだもんなぁ・・・。

Img_0090
これにだけは関心を示していた皐月の板場の修業の夜chick

2016年5月12日 (木)

不夜城

突然のように浪速を訪れたのは、難波の賑やかさを見せたかったからだった。

初めて訪れた時の驚きは今でも脳裏に焼き付いているけど、この晩も凄い人、人、人だった・・・。

Img_0058
そして、この看板の数々・・・。みんな、でっかぁ・・・。

Img_0054
Img_0053
Img_0055
Img_0056
Img_0059
Img_0051
Img_0057
Img_0072
ホタテもありましたぁ・・・。

Img_0076
どれもインパクトがあるわー。

Img_0082_2
ただただ、エネルギッシュに感動さえ覚えた皐月の繁華街の夜night

2016年5月11日 (水)

行動派

浪速に到着したのも束の間、すぐに活動を開始したお蔭でお腹も減っていた。

初日はホテルの近場に手頃なお店を見つけて食事を摂る予定だった。

けれども、奥さんはまだ行動し足りない様子。歳の割には行動したがる・・・。

地下鉄を乗り継いで、さっそく連れて行った。道頓堀~。

Img_0084
私「雑誌やテレビで見たことあるだろ?」

奥さん「あっ、綺麗だぁ~」

Img_0078
何度来ても眩い街だわ~(2度しか来てないけど・・・)。

Img_0087
奥さん「ネオンの電気代って、誰が払ってるの?」

私「知らねー。看板の広告主だろ、きっと。少なくとも我が家が払えるような電気代じゃないことは確かだと思う・・・」

Img_0083
それにしても、元気な中年だと再確認した皐月の晩flair

2016年5月10日 (火)

良きに計らえ

次なる場所は大阪城。こうなると、完全に観光客状態・・・。

Img_0026
大阪城を訪れるのは4年ぶり、3度目。

相変わらず敷地も広大なら、石垣に使用している岩も巨大でございますこと・・・。

Img_0034
あの奥さんが、少しだけ小型に見えなくもない・・・。

Img_0027
天守閣を訪れる前に、城の主に仁義を通さないと・・・と言う訳で、豊国神社へ。

Img_0028
太閤さん、お久しぶりです。4年前に訪れた時は、次男達の勝利を祈願したけれど、叶えてくれなかったですね。きっと、賽銭が少なすぎたせいですか、ははは・・・。

今回は次男の就職祈願と、家出の無事をお祈りした。

目指す大阪城は、昔も今も立派っ!

Img_0039

でも、奥さんのほうが巨大に見えたりもする・・・。

Img_0040
ここで、わたしの思惑とは違う方向に話が進み出した。

奥さんが天守閣の最上段まで登るという。

4年前も登ったから、今回はいいだろ・・・。高い所はどうも苦手なんですけど・・・。別に俺だけ下で待ってても構わないんですけどぉ・・・。

そんなささやかな希望は通用するはずもなく、天守閣にIN。

Img_0041
よくもまあ、そんなに平気で外を眺められるものだぁ・・・。

Img_0045
私は三歩下がって、奥さんの影を踏まないように・・・。

あっ、ヘリポートを備えてるのは大阪府警で、その左の高いのがさっきのNHKだろーなー。

Img_0044
かすんでみえるのが通天閣ってヤツかぁ・・・。

Img_0046
高い所は嫌だけど、今までにないほど丁寧に城内を見て歩いたせいで、改めて勉強になったぁ~。

Img_0047
小さい頃から見続けた大河ドラマのいろいろな人物や場面が改めてよみがえった皐月の日本史の日eyeglass

2016年5月 9日 (月)

なにはともあれ

家出の挙句に足が向いた先は、浪速。

新大阪から大阪に移動し、そこから環状線に乗り換えてホテルを目指した。

それにしても、暑っ・・・。

ホテルに荷物を置いてから、ちょっと近場を散策しよう思い早めにチェックイン。

フロントで、いきなり缶チューハイを貰っちゃった。そんなに大酒呑みに見えたのか・・・。

缶チューハイは日頃飲まないけど、どうしても呑んでくれといわれれば、断る理由はない。堂々と昼から呑んであげましょう。

Img_0015

大阪に足を伸ばしたのは、奥さんを一度ゆっくりと浪速見物させようと思ったから。

かく申す私も4度目の大阪とはいうものの、詳しいのは花園ラグビー場程度。

大阪城と難波程度しか歩いたことはない。ここは奥さんに恩を売りつつ、行ってみたい所をゆっくり見物しよっ。

ホテルの前でソワソワしている奥さんと近場に出掛けることにした。

Img_0017
ほろ酔い気分で出掛けたのは、ホテルの向かいにデーーーンとそびえ立つビル。

Img_0018
大阪歴史博物館というらしい。

Img_0022
隣接するビルはNHK。渋谷のNHKは入ったことがあるけど、大阪は初めてだ。ここでいろんなドラマが撮られてるのかぁ・・・。

Img_0020
『おばさんといっしょ』って番組がいつできたのかは知らない・・・。

Img_0021
さぁ~て、酔いも醒めたし、もうちょっと足を伸ばそっかなぁ。

Img_0024
この時はまだ大阪城の広大さを思い出せずにいた皐月の午後camera

2016年5月 8日 (日)

西行奉仕

5月1日の初戦は残念ながら敗戦だったけれど、次男の近況も確認できたので、気持ち良く津軽に戻ればよさそうなものだけど、この『5月1日』が曲者だった。

この日は奥さんの誕生日(何度目の誕生日かは記さないけど・・・)。

一年の中で無くてもイイ日だと思うけど、今年もその『5月1日』は確実に存在した。

特に誕生日プレゼントは無し!

上京して次男に再会できたことをプレゼントだと思ってくれれば良さそうなものだけど、奥さんはそう思わない。きっと思わないようにしてる、と思う。

と言う訳で、横浜から北上せず、新幹線に飛び乗って西へ・・・。

高速バスに乗り慣れてる身にとって、新幹線は快適だぁー。

Img_0171
着いたぁー。

大きいとは聞いていたけど、ここの駅、デカッ。

Img_0009
しかも、津軽と違って、暑ちぃ~。

Img_0012
見ぃーつけたぁー。

Img_0013
暑い大型連休になりそうな皐月の流浪の日sun

2016年5月 7日 (土)

家出の目的

春季大会初戦は残念ながら敗戦だったけれど、試合の労をねぎらうため、次男と一緒に夕食を摂った。

とりあえず、「再会を祝して~&お疲れ~」

Img_0004
試合の応援もさることながら、今回の家出の最大の目的はここにあった(ただし、ビールを飲むためではない・・・)。

次男も大学4年生。順調にいけば、来年は卒業。卒業後はどうする・・・?

電話やメールでやり取りできる内容のことではないので、遠く離れた次男と直接会って、卒業後の進路を話し合うためだった。

次男は卒業後もラグビーを続けたいらしい。

就職とラグビーの両立・・・。それが叶えば、何も言うことはないのだけれど、次男の将来のことも考慮してアドバイスしてあげないと・・・。

内容は述べないけれど、ひととおり現状を聞いて少し安心した。

けれども、これからが勝負。入りたいチーム、務めたい職場に合格するよう頑張ろー。

食事後、次男は試合で消耗した体力補給。

Img_0005
なぜか、体力を消耗していない奥さんも・・・。

Img_0006
今日も見慣れた光景だと思った皐月の夜restaurant

2016年5月 5日 (木)

最後の始まり

ここからが本題。

この日のミッションは、ラグビーの応援。

家出の本来の目的でもあった。

今年初の公式試合。本番は秋から始まる対抗戦だけど、春に勝つことも大事。最後の春季大会だから頑張ろー!

チームメイトに送り出されて選手達がグラウンドに飛び出した。

Dsc03660
円陣の輪が解けて、いよいよキックオフ。

Dsc03663
試合は接戦のまま進んだ。

Dsc03670
この調子で食らいついていけば勝てる。

Dsc03677
しかし、後半に失点を重ね、残念だけれども敗戦。

Dsc03680
スタンド前に選手達が整列。選手達も無念だろうけれど、今日の敗戦を今後の試合に生かしてくれるだろう。

Dsc03684
この日の敗戦は間違いなく残念だけれど、それ以上に思わされることがあった。

大学入学時の3年前は、次男が都会の大学でやっていけるかどうか心配ばかりしていたけれど、それもいつしか大学最終シーズン。

少しでも多くのシーンを目に焼き付けておきたいと思った皐月の初戦cancer

2016年5月 1日 (日)

そ~らを押し上げる~

高速バスでの家出。

疲れることは心身ともに染みついていたので、できるだけ疲労を減らそうと努力した(こんな私でも・・・)。

まして、エコノミークラス症候群が問題視されている昨今だから、深夜バスの長旅だけど、気は遣った(金は使えないけど・・・)。

羽生サービスエリア。朝日が眩しい・・・。間もなく東京かぁ、もうちょっと我慢しよっ・・・。

1
無事に東京到着。

田園都市線に乗り換えて、ホテルに荷物だけ預けた。

私「どうする?」

奥さん「とりあえず、どっか行こうか」

私「かしこまりました・・・」

着いた。何度か足を運んだことのあるアウトレット。ここに連れてくれば、何も文句は言わないだろっ・・・。

ショップが開店するまでには、もう少し時間があるし、椅子でのんびりと休憩できるぅ~♫

2
当然、手ぶらで戻るわけもなく、奥さんは二つほど買い物袋を抱えて出てきた・・・。

見ない、聞かない、関心を示さないことにしよっ・・・。

次の目的地は小岩。まったく方角が反対。なんでも、奥さんが知人に会いたいらしい・・・。

アイスコーヒーにごまかされて、やってきました小岩駅。

6
小岩駅に降り立つのは私も初めて・・・。どうにか、知人の家に着き、久しぶりの再会。よかったですね・・・。

8

周囲はすっかり暗くなったけど、知人に会えて奥さんはますます元気。何よりでございます・・・。

それにしても、下町って何だかイイ感じ。とってもあずましい~。

どうせ、こっちに来たついでだから、という訳で押上に下車した。

3
当然、コレ。

半年ぶりのスカイツリー。

7
そして、当然、今回も上まで上ることはしないっ!

わざわざ怖い思いをするために家出したわけじゃないもん・・・。

でも、綺麗なことは認めましょう。少なくとも、コレは津軽には無いっ・・・。

移動疲れを癒すため、キーンと冷えたビールを飲んでやった。ビールは暑くても、寒くてもやっぱり旨~い。

5
「それにしても、さすがは押上。空を押し上げてる感じだよなぁ~、ハハハ~、ハ、ハ・・・」

4_2
当然、奥さんにスルーされた卯月最後の夜night

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »