無料ブログはココログ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

予習

奥さんの催促を受け、田舎館村に行った。目的は『田んぼアート』。

田んぼアートは村内2か所で行われているので、今回は第1会場に当たる村役場に向かった。

第1会場のテーマは『真田丸』。当然、大河ドラマファンなら見逃せない題材。奥さんに催促されるまでもなく、今年は見ておかないとっ!

一見するとお城のような役場庁舎。ここの4階部分に相当する展望所から田んぼアートを眺めることになる。

Photo

今では全国的にも知名度が広がり、多くの観光客が来ていることは容易に察しがついた。

今日は20分待ちらしい。ヘタレの私でも20分くらいなら待てる。

Photo_2

展望所に至るエレベータを待つ間に、過去の作品を眺めることになる。懐かしい。

Photo_3
そして展望所に到着。中国人らしき観光客の多いこと、多いこと・・・。

それはともかく、作品の出来栄えは・・・。

Photo_4
す、す、すばらしい・・・。

Photo_5
右側の真田昌幸役の草刈正雄さん。稲で描いても二枚目は変わらない(笑)。

Photo_6
そして、左側は石田三成役の山本耕史君。よく特徴が出ています。

展望所から下に降り、地面レベルから眺めるとこんな感じ・・・。
Photo_7
とりあえず、今晩の大河ドラマの予習を済ませた文月の日曜日tv

2016年7月30日 (土)

親は無くとも~その2~

「ただいまー」

帰宅したら居間にお菓子の箱。

2泊3日の出張から戻った長男の東京土産だろうなぁ、とピンときた。

出張の合間にスカイツリーにでも行ったんだろなぁ(笑)。

Dsc03800
きっと、奥さんが喜ぶはずだ・・・と思ったら、「バウムクーヘンだった」と奥さん。

もう中身を見たんかいっ!

続けざまに、「もう一つ、お土産があるみたいだよ」と奥さん。

Dsc03801ん?

靖国神社?

ひょっとして?Dsc03802
「あんたの病気が早く治るように、ってことでしょ」と奥さん。

「俺が療養してることを知ってるんのか・・・。はぁ・・・、余計な気遣いをさせたなぁ・・・」

「親は無くとも子は育つ」を確信した文月の週末bullettrain




2016年7月29日 (金)

親は無くとも

長男夫婦が家を建てることになった。しかも、我が家の近所にぃ・・・。

我々と同居はしないけれど、せめて親の近所に住んでやるかぁ・・・ということなのか、その理由は明らかではない。

Photo

その長男宅の新築工事が最近本格化した。年内には完成するらしい。現在はマスオさん状態の長男だけど、一大決心をしたらしい。

来春は長女が小学校に入学するので、このタイミングにしたのだろう。
Photo_2
我が家と同様、けして生活が楽なわけではないだろうから、親として応援したいところだけれど、私ができる応援といえば「頑張れー」「ファイトー」の掛け声だけっ。情けない・・・。

本来、親としてなすべき金銭的応援があてにならないことは、当の長男がよーく理解しているらしく、「俺たちがなんとかするから、別にいいよ」

すみません、いつか俺の保険金でお手伝いいたしますぅ・・・。

我が家の場合は、「子供は親の背中を見て育つ」ではなくて、「親は無くとも子は育つ」のほうなんだろうなぁ・・・と実感した文月のある日house

2016年7月28日 (木)

距離感

伯母が急逝した。享年93歳。

先月も89歳になる叔母が急逝したばかりだというのに、今度はその姉にあたる叔母の逝去だった。

Img_0027
高校時代に1年間だけ下宿させてもらったなぁ(正確には、強制的に下宿させられたんだけどぉ・・・)。

勉強もせずに音楽ばかり聞いてて、心配もかけたよなぁ、ははは・・・。

なんだか、お世話になった人々が先を争うようにして旅立っていくけれど、その子供たちである俺たち従兄弟の世代の距離感がこの先どうなっていくんだろうと、ぼんやり思ってみた文月の月末mist

2016年7月20日 (水)

在宅

いつもの7月なら、お尻に火がつくほど仕事に追われる時期なのに、あれ以来、自宅で休養に明け暮れる日々が続く・・・。

部下達には済まないと思いつつ、今はストレスの排除に務めることが最優先。

そう言い聞かせながら、自宅で少し仕事を片付けながら、職場にいる部下にメール等で指示を出していた。

話し相手がいないせいで、すっかり血圧計とは仲良くなった。

Img_1498
とは言いつつ、家に居るのもちょっとストレスかもしれないと感じ始めた文月の午後house

2016年7月14日 (木)

感謝~

勤務中に再び頭痛に見舞われたため、職場を抜け出して、生まれて初めてMRI検査なるものを受診した。意に反してというか、予想通りというか、立派な病気に見舞われていた(笑)

治療しながら更新できないわけでもないし、心の張りも必要だとは思うけれど、暫くこの場所での活動は休養しようと決断。もっとも、最近は十分に休養気味でしたけどぉ(笑)

俺のことだから案外、すぐに復帰したくなるかもなぁ~(笑)とは思いつつも、まずはケジメをつけないと・・・。5年5か月間にわたってお付き合いいただき、ありがとうございました。『俺がやらきゃ、誰かやる』をいったん休止することといたします。

当面、自分の健康回復を最優先に生きてみることにした文月の14日cancer

2016年7月12日 (火)

スターダスト

また昭和が遠くなった。

やむを得ないこととは知っていても、子供の頃から親しんだ人の訃報に接するのは辛い。

時の流れと、頭の中で理解はしていても、心がなかなか追い付かない。

永六輔氏が逝去した。83歳らしい。

ラジオから流れる軽妙洒脱な語りに、毎日聞き入っていた頃もあった。

放送中にBGMとして流れていた『アルハンブラの思い出』が今となっては懐かしい・・・。

">

そして、もう一人懐かしい人の訃報にも接した。

「恋のバカンス」や「恋のフーガ」などのヒット曲で知られる双子のデュオ『ザ・ピーナッツ』の伊藤ユミさんも・・・。75歳らしい。

小さい頃はあんまり好きではなかったけれど、自分が40代半ばに差しかかった頃から再び聞き直した。

大人の歌の良さは、やっばり大人になって初めて分かるものだと痛感したことを鮮明に覚えている。

">

『シャボン玉ホリデー』を毎週日曜日に見るのが子供の頃の楽しみの一つだった。

そういえば、エンディングの曲『スターダスト』を聞いていると、寂しさをなぜか感じたなぁ・・・。

">

昭和を懐かしむ夜が続く文月の12日night

2016年7月10日 (日)

56回目の1歩

早めに休日出勤を切り上げて帰宅した。

奥さん「まだ明るいから、どっか行きたい所はないの?」

私「特にないけど、気分転換も兼ねて、どっか行くかぁ」

1時間ほど運転して、大きな池のある公園に着いた。行きたかったわけじゃないけど、なんとなく気が向いた・・・。

池には小さなマグロ級の鯉、鯉、鯉・・・。

人影が見えると集まってきて、パク、パク、パク・・・、カポッ、カポッ、カポッと口を開く・・・。

鯉の世界も競争が激しいんだろうなぁ、きっと・・・。俺と同じかぁ・・・。

Img_0010
池のほとりに足湯があった。せっかくだから、失礼してチャポッ、チャポッと足を入れた。

あぁ・・・、気持ちいい・・・。いろいろなことを思い出しながら、足の疲れを癒した。なんだか、心の方が癒えた気がした・・・。

Img_0017
まだ明るかったので゛、帰宅後に家の周りを見回した。

庭の紫陽花が咲いていた。咲き始めてからどれぐらい経っているのか分からない。花を見る心の余裕もない日々をおくっていたことが、今さらながら恥ずかしい・・・。

Img_0018
Img_0019
Img_0020
ロクに世話もしていないのに、今年も咲いてくれてドーモ。

人知れず咲いてくれる紫陽花のように、俺も今後の生き方を見習わないと・・・。

自宅に入ると、居間にプレゼントが置いてあった。

Img_0022
長男夫婦からだった。せっかくだから頂戴しとくけど、なんだか毎年気を使わせちゃうなぁ・・・。とりあえず、どーもー。

最近はロクなことがなかったから、久しぶりにちょっと嬉しいかもぉ・・・。

Img_0004

そういえば、出掛けようと誘ってくれたのも、奥さんの気遣いかぁ・・・。

いろいろな思いを抱えつつも、今日から56年目の人生を歩きだした文月の10日cancer

2016年7月 3日 (日)

煩悩

好むと好まざるとに関わらず、付き合い始めて半月・・・。

できることなら、お付き合いたくはなかったけれど、これも自分のなせる業。しょうがないと思いつつも、何かと滅入ることが多い日々が続いていた・・・。

激しい目まいに端を発して、高血圧を抑制するための治療が始まって半月が経過した。

朝晩の血圧チェックと食後の服薬がメーンだけど、制限させられた食べ物もあった。

卵、魚卵、イカ、そしてグレープフルーツ・・・。

グレープフルーツはともかく、卵は痛い。

そして、魚卵も大痛手だった。

あの、タラコの塩味が味わえない。

03
そして、筋子のプチプチ感も無し。

Gallery09
もちろん、大好きな卵焼きは御法度。

B02b124a97a660fb8a2a4888ea436149
従って、食料品の買い物に出掛けても、何も楽しみなど無し!

ひたすら、奥さんの影を踏まぬよう、三歩下がって歩くだけ。

Dsc_0022
時々、「コレ要らないから、売り場に戻してきてっ!」と指示されては、「かしこまりましたぁ・・・」と命令通りに動くだけ。

魚売り場を通る時に、魚卵系の赤が目にしみる文月の日曜日fish

2016年7月 2日 (土)

229

先月の話・・・、田子町まで出掛けた。

岩手県と秋田県に接する本県最南端の町。とはいっても、山間部の町なので、農林畜産業がメーンの町だった。

今回も目的は特に無し。なんとなく、行ってみよっかなぁ・・・、という程度のもの。

街路灯に町の特徴が表れている。

Img_0046
明らかに町特産品のニンニク・・・。

Img_0045
物産センター内にもニンニク関連商品。まずは、ニンニクとコーラのコラボ商品である『タッコーラ』。これが爆発的に売れているということは聞いたことがある。300円・・・。

Img_0048
ニンニクと赤ワインをブレンドしたお酒『クロッシュ』。

Img_0050
その他、いろいろ・・・。

Img_0051

ちなみに、店内の照明もニンニク。

Img_0054
Img_0055
遅いお昼ごはんは『ニンニク醤油ラーメン』。確かにニンニク風味でした・・・。

Img_0053
奥さんは『ニンニクソフトクリーム』で別腹を満たしていた・・・。

Img_0056
アレでますますパワーアップするんだろうなぁ・・・と密かに思った水無月の休日punch

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック