無料ブログはココログ

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

一過

各地に大きな被害をもたらしながら、津軽を直撃した台風10号。

青森市内の一部でも一時的に冠水被害が発生するなど、緊張の一昼夜が続いた。

窓の外の強風が気になり、なかなか寝付けぬ夜を過ごす私とは異なり、奥さんは爆睡の極み。この辺りのズ太さが実に羨ましい・・・。

一夜開け、起床後に家の周囲を見回った結果、特に被害はなし。まずはめでたし、めでたし・・・。

そして、朝から真夏を思わせるような青空。

奥さん「うわー、朝から暑っ・・・」

私「もう一度、ねぶたまつりができそうだな」

奥さん「それはないっ」

Img_0062
昨夜心配した分だけ、少しは晴がましいことを言っても許されると思う葉月の朝sun

2016年8月30日 (火)

備え

少し以前からパソコンの不具合が発生していた。

騙し騙し使っていたけれど、そろそろ限界かぁ・・・。

そう思っていた矢先に、今度はスマートフォンが言うことを聞かなくなった。

画面にタッチしても無反応・・・。

タッチの仕方が悪いのか、タッチを拒んでいるのか、タッチに気づかないのか。

パソコンもスマートフォンも普段は便利だけれど、いったん故障すると厄介・・・。

自分のスキルではどうしようもないので、携帯電話屋さんに出向いた。

私「あのぉ、タッチしても動かないんですけどぉ」

対応してくれた若い定員さんによると、その症状は希に発生するらしい。

とりあえず修理を依頼して、代わりのスマートフォンを借りてきた。

Img_0046
よく見ると、なんだか無骨。

まっ、どうせ通話とメール程度の使用だから、当面はこれで十分だけど・・・。

結果的に、台風接近に備えて情報伝達機器の確保に努めたと思うことにした葉月の午後mobilephone

2016年8月25日 (木)

前科者

ついに堪忍袋の緒が切れかかったらしい。

夕飯の支度をしていた奥さんが呟いた。

「いつまで冷蔵庫を占拠するんだろ」

そう言いながら、冷蔵庫から取り出したものがあった。

Img_0035
あらまっ?

どう見てもチョコレート。しかもバレンタインデーの際にもらったのは明白・・・。

Img_0036
きっと長男の嫁さんからもらったやつだなぁ。

いや、長女がくれたやつだったっけ?

とにかく、奥さんじゃないことだけは確かだ。間違いない。

Img_0037

とにかく、すみません。今年も長期熟成させちゃいましたぁ・・・。

今年もやらかしてしまったことに気付いた葉月の晩chick

2016年8月22日 (月)

残暑

お盆期間中に、日本海側の西海岸に出かけてみた。いつものように計画性も目的もなく、なんとなく・・・。

生憎の曇り空だけれど、夏休み中とあって千畳敷(深浦町)は今日も行楽客で賑わい。

Img_0005
いつもなら混雑しているはずの道の駅だけれど、幸か不幸か今日はまずまずの人出。

Img_0006
しばらく走行して着いた先は、ウエスパ椿山。海沿いのリゾート地だけれど、今回は何も目的はなし。1年ぶりに、なんとなく来てみただけ~。

Img_0009
とりあえず、レストランで食事。深浦牛、美味しかったです。空腹に負けたおかげで、写真撮り忘れましたぁ・・・。


なんとなく出かけ、なんとなく記憶に残った葉月の西海岸wave

2016年8月19日 (金)

実感

高校野球、スイカ、海水浴、蚊取り線香、扇風機、キャンプファイヤー・・・。

夏を実感するものは人それぞれ・・・。

夕食後、とうもろこしがテーブルの上に出てきたぁ~。

Photo
俺の場合はコレかなぁ・・・と思う葉月の夜wave

2016年8月16日 (火)

ミッション遂行

次男の高校時代の恩師が第一線を退かれたので、50年間に及ぶラグビー人生に対する慰労会が開かれた。

何度となく母校を花園高校ラグビー出場に導いた恩師。多くのラガーマンを育て上げ、大学でラグビーを続けている次男の今があるのも、その恩師のお蔭。

病気療養中の身ではあるけれど、夏季合宿中の次男に代わって出席することにした。しかも、記録係の大役まで仰せつかってしまっていた。

本心は「療養中のブザマな姿を皆さんにさらすのはちょっと嫌だなぁ・・・。最近はビデオ撮影もしていないしぃ・・・。せっかくの記録係を拝命したのはとても光栄だけど、失敗したらどうしよう・・・」。

直前まで悩んだ末に出した結論は、「いったん引き受けてしまったたからには、多少の無理は覚悟の上で皆さんのお役に立てるようやってみるかぁ。みなさんのお役に立つのもこれで最後になるかもしれないしぃ・・・」。

前日、次男の高校時代を思い出しながら、当時使用したビデオとカメラの準備を整えた。果たして上手くビデオ撮影できるかなぁ・・・?

Dsc03896
一夜明けて会場に着くと、勇退する先生をはじめ、懐かしい父母仲間、そして当時のチームメイトの面々・・・。どうも、ご無沙汰いたしておりますm(_ _)m

嬉し過ぎて血圧が上がるといけないので、できるだけ冷静に、冷静に・・・。それにしても、懐かしい〜。そして、嬉しい〜。

Photo
けして満足に役目を果たしたわけではないけれど、記念写真が無事に写っててホッとしている葉月のお盆movie

2016年8月14日 (日)

動員

仕事が入っている長女の旦那と、帰省できない次男の二人は不在だけれど、ほぼ全員が揃ってお盆を迎えられた。

今年の前半は長男一家も長女一家も生活環境の変化があったけれど、後半も健やかに仲良く暮らしていってくれればありがたいなぁ。

Dsc_0082
来年は完璧に全員揃ってくれたら嬉しいと思いつつも、今は一年後のことを考えるのはやめて、みんなの笑った顔を眺めている葉月のお盆bud

2016年8月13日 (土)

悪だくみ

夏休み中の小5様(長女の娘)と小3様(長女の息子)が来襲した。

おとなしく夏休みの宿題でもしてれば良いものを、小3様が「宿題疲れる・・・」と言い出した。

悪だくみは意思統一が早い。私「宿題は後にして、海にでも行くか(笑)」

比較的近い海水浴場に連れて行くことにした。

ひととおり海水浴を楽しんだけれど、戻って宿題するには時間が早い。

というわけで、津軽半島を北上して龍飛崎までドライブした。

Img_0015
おぉ、今日の津軽海峡は綺麗だー。しかもベタ凪。イイ時に来たわぁ~。

Img_0020
Img_0013
手前が本州(竜飛崎)、津軽海峡をはさんで向こう側が松前(北海道)。

Img_0022
展望台に登ると言い出したので、ヘタレの私は「俺、下から写真撮るから、行ってこい」。

Img_0025
子供は疲れ知らずだ。瞬く間に登り切った。電池も入っていないのに、早っ・・・。

Img_0024
小泊の「七つ滝」に立ち寄った。

Img_0026
海もいいけど、冷たい川の水も格別。しばらくクールダウンして帰路につくことにした。

Img_0028
何事もなかったように帰宅した。幸いにも長女はまだ戻っていない。よしっ、猛スパートで宿題片付けないと!

まもなく長女が帰宅。しかし、小3様が「泳いで疲れたから、眠い・・・」

長女「泳いだ?家で宿題してたはず・・・。はぁ?」

悪だくみは、やはりバレる・・・。

Img_0002
しっかり口止めしておくべきだったと悔やんだ、葉月の悪だくみを実践した日wave

2016年8月11日 (木)

睡眠妨害中

ねぶた祭りが終わった脱力感から抜けきれないままに、突入したリオデジャネイロオリンピック。日本選手団の活躍はご存知の通り。

血圧の上昇を防ぐ意味からも、さっさと寝ればいいものを、ついつい深夜までテレビにかじりついて、一喜一憂する日々。時々、テレビの前で大声を発するものだから、奥さんから「睡眠妨害」の苦情が多数・・・。

柔道、水泳、体操・・・とメダル獲得の様子を食い入るように観戦する一方で、もう一つ注目したものがあった。リオ五輪放送テーマ曲「Hero」だった。

">

安室奈美恵ちゃんが元気づけてくれてるのかぁ・・・。久しぶりに歌声を聞いたような気がするけど、安室ちゃん御本人もお元気そうでなによりです。

この先も何度となく耳にする曲だろうけれど、今回のオリンピックで日本人アスリートの中から一人でも多くのアスリートがHEROになればいいなぁ。まっ、その分だけ睡眠不足は増えるんですけど・・・(笑)。

せっかくの「山の日」なのに、睡眠不足でウトウトした一日を過ごす葉月の日sun

2016年8月 7日 (日)

静寂

熱狂に包まれたネブタ祭りも昨夜が夜間最終運行。

8
7
6_2
3
10
4
2
極彩色の武者に酔いしれ、祭の熱狂を感じられるのも今夜で最後。

1
0
来年のネブタ祭まで、あと一年かぁ・・・。長っ・・・。

9
11
リオ五輪と高校野球が開幕したけれど、祭りの後の静寂感はいつも特別だと思う葉月の夜sun























2016年8月 6日 (土)

城下町

弘前市まで出かけた。

こんなに暑い中をわざわざ出掛ける必要もなさそうだけど、半分仕事で半分行楽。正確には3割仕事で7割行楽。

3割の仕事を早々に片付けて、あとは7割に集中するのみ。

その7割は、2~3年ぶりに観る『弘前ねぷた祭』。

3_2
青森ネブタの武者人形に対して、弘前ネプタのほとんどは扇型。

7
囃子もリズムも掛け声も青森とは異なり、弘前は城下町らしい情緒の中にも勇ましさがある。

4_2
運航形態も、青森が企業・団体中心なのに対して、弘前は町内会単位が主。地域の老若男女が一つになって日々の運航を行う。

0_2
地域の誇りが次々に目の前を通り過ぎる。

1
11
2
8
6
9
10
極彩色の中にも、墨の勢いがいい・・・。

12
さて、明日はどこに出没しようかなぁ・・・と思案し始めた葉月の晩sun

2016年8月 5日 (金)

かぶりつき

夏の夜空を焦がす極彩色の武者。

1
2
もう言葉は不要と思われるほどに勇ましく、そして誇らしい。

5
4
3
往く夏を惜しむように、ねぶたにかぶりつく葉月の夜sun

2016年8月 4日 (木)

発散中

青森ねぶた祭も今夜で三日目。

0
今夜は、明晩の審査に向けて、徐々に盛り上がりが佳境に差し掛かる夜。

2
お天気にも恵まれ、観光客は無論のこと、主役のネブタも嬉しそうに見える。

3_2
囃子方も、跳人も、短い津軽の夏を謳歌する。

5
9
8
今夜のネブタ祭りの熱気を感じつつも、「明日はどこらへんで見ようかな~」と少し気が早い私。

「もう明晩のことを考えてるの?」と奥さんに呆れられる始末。

闇に浮かび上がる武者に再び目を転じるけど、やっぱり明日のことも少し気になる・・・。

7
4
10_2

震災復旧に追われる熊本の人々にも、津軽の元気が届いてくれるだろう、きっと・・・。
1
短い夏を堪能しながらストレス発散を実践する葉月の晩sun

2016年8月 3日 (水)

帰省人

昨夜から始まった『青森ねぶた祭り2016』。

今年も多くの帰省客や観光客が青森に降り立っていた。

Dsc03884
日中は、夏休み中の小5様と小3様のお守り(正確には、小学生2人に相手していただく立場・・・)。Dsc03830
去年までなら、次男も束の間の部活オフ期間を利用して帰省をしている時期だけれど、「今年は戻らない」とメールが届いていた。

ラグビー中心の大学生活を送っているせいで、本業の単位取得がヤバいらしい。

Dsc011831
加えて、卒業後のリクルート活動にも精を出さなきゃいけないとも言われると、帰省できないのもやむを得ない・・・。

お中元として頂戴した倉石牛も麦酒も、次男の口に入ることはないのかぁ、と思うと気の毒でもあり、残念無念・・・。

Photo
Dsc03804
「晴れて単位取得の目途がつき、就職先が決まったその時はささやかにお祝いするかぁ」と奥さんに強がってみた。

「大丈夫!今回の倉石牛の消費は私が担当するから」と奥さん。

そこかよっ・・・。

なんだか、いっそうむなしくなった葉月の祭り開幕日taurus

2016年8月 2日 (火)

直前

8月と言えば、言わずと知れた夏祭りの季節。

一足先に7月30日から黒石ネプタが開幕し、きのう1日からは弘前ネプタ祭りも始まった。

そして、きょう2日からは青森ねぶた祭り。

津軽人が待ちに待った季節が到来。

まして、今年は4年に1度のオリンピックも開催されるとあって、療養中の身とはいえ、興奮するなというのが無理というもの。

今年は静かに過ごせば?という周囲の気遣いをよそに、ふつふつと一人で興奮しまくっていた。

きょうの開幕を前に、昨夜開かれた前夜祭にノコノコ出かけてきた。夏休み中の、長女の娘(小5)と息子(小3)、ついでに私の保護者役の奥さんを伴って・・・。

2_2
会場にはネブタ祭りを待ちきれない多くの市民や観光客が徐々に詰めかけてきた。その気持ち、痛いほど分かりますぅ~。

今年もバックスタンドにドーンと陣取ることにした。後ろ姿だけど、ステージに一番近い(笑)。

0
前夜祭を盛り上げる若者のパフォーマンスや地元アイドルの歌を聴きながら、日が暮れていくのを見つめるのはいいもんだ。

辺りが薄暗くなり、ネブタ囃子が奏でられると、会場は既にネブタ祭り一色。

1
勇ましい囃子なのに、今年もなぜかジーンとした。一年間待っててよかった・・・。

周囲の人もきっと同じ気持ちだろうなぁ・・・。

3
肝心のネブタもなかなかの出来栄えです。

6
5
4

1台、1台を見定めるほど身体中にアドレナリンが満ちる感覚・・・。

9
7
8

「興奮すると、血圧が上がるよ」と奥さんに言われて我に返った葉月の開幕直前sun

2016年8月 1日 (月)

相性

五所川原市内にある大型ショッピングセンター「ELM(エルム)」の中にある『津軽ラーメン街道』。

横浜のラーメン博物館ほどではないけれど、全国の有名ラーメン店が4~5店舗入居し、訪れた人の舌を楽しませているらしい。

Dsc_0028
開設されてから10年以上も経つのに、私の舌は未だにそのラーメンの味を楽しんだことがなかった。

ショッピングセンター自体は何度も訪れるのだけれど、ラーメン屋さんの前に長蛇の列をつくってまで食べたいとは思わないのが主な理由。要は忍耐力がないだけだ・・・。

用事があって、先日そのショッピングセンターに出向いた。

ちょうど夕食時期だったこともあり、何度かラーメンの味を堪能したことのある奥さんが「せっかく来たんだから、ラーメン食べようか?」と言った。

渡りに船。

魚心あれば水心。

以心伝心・・・。

幸いにも全く混んでない。ついに、私の舌もラーメン街道を突っ走る時が訪れたー。

気が変わらぬうちに、と思い街道に突入した。

どこのラーメン屋さんがいいかな。

んっ?

混んでない理由が判明した。

明日からラーメン屋さんが入れ替わるため、殆どのお店が閉店準備・・・。

その中で1店舗だけが開いていた。ここで手を打とう。

「金澤濃厚味噌ラーメン『神仙』かぁ。金沢と言えば、前田(又左衛門)利家。ちょうどいい(笑)」。

Dsc_0027
暫く待つと、頼んだラーメンが運ばれてきた~。

Dsc_0025

見た目は濃厚そう・・・。

その味は、見た目を超える超濃厚な味・・・。

隣の席で、奥さんが「おいしいね」と言って箸を進める。

「う、うん」

とは言ってみたものの、青森特有の煮干し系ラーメンに慣れた私の舌は正直だった。濃厚さを拒絶していた。

けっして不味いわけじゃなくて、私の舌と相性が合わない。


店を出て、奥さんに「俺の舌には合わなかったわ。若い人の味覚とは違いすぎる。歳だわ・・・、ははは・・・」と正直に告げた。

「スープを飲まないから、病気かと思った」と奥さん。

いちおう、病気療養中なんですけど・・・。

濃厚な味を経験した上で、やっぱりラーメンは煮干しに限る、と密かに思った文月の夜noodle

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック