無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

18回目

家出した末に、着いた場所は今回も東京。

今回の家出の目的は、やはり次男の大学ラグビーの応援。

Img_0010
しかも、今回は今季の最終試合であり、次男にとって大学生活最後の試合。

けれども、ケガの回復が遅れている次男は、最終試合も出場メンバーに名を連ねることはなかった。

試合に出場しないことは事前にわかっていたけれど、チームの最終試合を応援しなきゃ、ということで津軽からはるばるやって来たのだけれど、東京は暑かった・・・。

厚着をしていたこともあり、試合会場に到着するころには汗だく・・・。津軽は今朝も一面真っ白だったのに、こうも気温が違うか・・・

Img_0007
肝心の試合は前半リード。その調子~。絶対に勝って、今シーズンを締め括ろ~。

Img_0007_2
Img_0008
Img_0011
Img_0009
Img_0012
後半は一転して一進一退。

Img_0014
Img_0016
なんとかリードを保って、ノーサイド。最終戦を勝利~♬

Img_0017
Img_0022
Img_0020
Img_0021_2
グラウンドから引き揚げる選手の中に次男の姿はないけれど、勝って良かったぁ。

最後の晴れ姿を見たくないと言えば嘘になるけれど、4年間に及ぶ次男の大学ラグビー生活もこの試合で一区切り。

そのことは、私の家出も一区切りであることを示唆していた。

この4年間で何度目の家出になるんだっけ・・・。

記憶が正しかったら、きっと18回ぐらいかなぁ・・・。

それにしても、よく通ったなぁ、俺・・・。

試合後は少しぼんやりしていた霜月の最終戦t-shirt

2016年11月29日 (火)

冷気を裂いて

プチ家出を決行するため、土曜の朝に津軽を発った。

何度目の家出かは忘れたぁ・・・。

家出の目的も今までと同じ。

けれども、家出の手段が違う。

なんと、移動手段が夜行バスから新幹線に格上げ~♬(ただし、今回だけ・・・)

高ぶる気持ちを抑えることもなく、新青森駅へ。

Img_0001
いいねぇ、駅の雑踏~。まっ、そんなに人は多くないけどぉ・・・。

Img_0002
「はやぶさ48号」のエメラルドグリーンの鮮やかなこと~。

Img_0003
やっぱり新幹線は夜行バスとは違う~。

早く東京に到着してほしいような、ちょっとゆっくり走ってもらって新幹線の乗り心地を堪能したいような・・・。

冷たい空気を切り裂くようにして一路東京へ向かった霜月の朝bullettrain

2016年11月24日 (木)

お父の休日倶楽部

ついに入会した。大人の休日倶楽部・・・。

Dsc03907
「旅行に行くなら圧倒的にお得だから」という奥さんのお墨付きを得て、このほど入会し、念願のカードが手元に届いた。

家出のお供が深夜バスという私にとって、どの程度のメリットがあり、どの程度の使用頻度になるかは甚だ疑わしいけれど、兎に角、入会したからには、私も今日から大人の仲間入り~。

スイカ機能付きだから、家出の際に都内の駅でチマチマ買っていた切符もこれからは無縁。自動改札でピッとタッチすればいい。それだけでいい~。

電車やバスを乗り降りするたびにオロオロしていたけれど、もう田舎者をさらけ出さなくて済むのは精神的にイイ。ただし、青森に居ても全く使えないけれど・・・。

Dsc_0004

入会したからには、やっぱり京都に行かなきゃなぁ。

いやいや、今が旬の上田城でしょ。

おっと、金沢も捨てがたい~。

カードを手にした途端に妄想だけはどんどん広がる~。

">

突然、「どうせ、後で支払いがあるんだから、使用は必要最低限で!」と奥さん。

電車の隣の席が吉永小百合さんじゃないことだけが悔やまれる、霜月の大人になった日bullettrain

2016年11月23日 (水)

合意の末

起床すると再び一面の銀世界。

雪かきをするほどではないけれど、朝から気が滅入る。

こんな日は温泉がいいなぁ・・・。珍しく奥さんと意見が一致し、郊外の温泉に出掛けた。

Img_0004
当然だけれど、館内は暖か~い。

Img_0005
そして、湯船はもっと暖か~い。春までココに居座ってもいいかも・・・。

露天風呂に浸かりながら、降り注ぐ雪を見上げていたら、明日のことは考えられなかった霜月の午後spa

2016年11月19日 (土)

感性見学会

我が家の近所に新築中だった、長男の家がいよいよ完成間近になってきた(実際に新築したのは大工さん達だけど・・・)。

今日と明日は完成見学会だというので、奥さんとチラ見に行くことにした。

完成見学会は一般の消費者向け。建築主や親が行くべきものではないので、あくまでもチラ見・・・。他人のふり、他人のふり・・・。

しかし、奥さんがいきなりやらかした。

奥さん「このたびはお世話になりました」

はっ?誰に言ってんの?

慌てて振り返ると、奥さんは受け付けをしていた工務店の営業マンに挨拶をしていた・・・。礼儀としては分かるけど、今日は隠密行動のはずだったのにぃ・・・。

バレたものはしょうがない。開き直って堂々と見学させていただくことにした。

お邪魔しまーす。

Img_0006

入口のドアが木製っぽいけど、敢えてこの風合いにしたらしい・・・。なるほどねぇ・・・。

Img_0016

ポーチの照明はコレかぁ、ほほお~。

Img_0017
ダイニングの照明。ふーん、そうきたかぁ・・・。

Img_0012

階段は間接照明・・・。転ばないように気を付けないと・・・。

Img_0010

肝心の内部写真は、日を追って後日・・・(笑)


長男と嫁さんが二人であれこれ考えたマイホーム。こじんまりとしてはいるけれど、その分だけ濃密な家庭を築き上げてほしいなぁと願いつつ見学会場を後にした。

帰宅後はさすがに我が家がボロ屋に見えた霜月の土曜日house

2016年11月17日 (木)

できるだけ

今春の健康診断で高血圧を指摘されたことをきっかけに、血圧のお薬を服用しながら、塩分摂取を控えるよう務める日々・・・。

しょっぱい味付けに慣れ親しんだ生粋の津軽人だから、重要なこととは理解しつつも塩分控え目の食事は少々物足りない。どうも、味がピリッとしない。

とある休日に、奥さんと久しぶりにラーメン屋さんに入った。

血圧を気にして、暫くラーメンを控えていたため、久しぶりのラーメンに高揚感~♫

入店後に、この店ではノーマルと思われるラーメンを注文したところまでは良かった。

突然、向かい側の席に座った奥さんが言った。

「スープはできるだけ飲まないことッ!」

すぐには「うん」とは返せなかった。ラーメンはスープも含めて味わうものだと思う。まして、敢えてスープを残すなんてもったいない・・・。食品残渣も問題になってるしぃ・・・。

とは思いつつも、これも「血圧のためかぁ」と思い直し、「できるだけ・・・」という条件付きで了解した。

暫く経ってラーメンが運ばれてきた。ややこってり系か、たまにはいいな。

Img_0010
食べ進めていたら、再び向かい側の席から声がかかった。

「はいっ、スト~ップ!」

自分の尺度ではまだまだこれからなんだけど、泣く泣く「できるだけ・・・」を守ることにした。

これも血圧のため・・・と理解はするけれど、ガッカリ感が半端なかった霜月の休日noodle

2016年11月15日 (火)

取り付く島

予約を入れていたマイカーの車検に出掛けてきた。

走行距離も10万kmを超えると、法定費用の他に、いろいろと修理を要する個所が散見されていた。

それは全てが財布に響くことになる。

福沢諭吉とはますます疎遠になる一方。

それでも渋々ながらも車検を取るためディーラーに出向くと、知り合いの若いセールスマンが笑顔で出迎えた。

セールス「●●さん、今日は車検ですね」

私「はい、福沢諭吉が心もとないので、安~くお願いします(笑)」

セールス「走行距離が伸びているので、以前もお伝えした通り、●●万円ぐらいかかります。それよりも、どうですか、ここで新車に乗り換えませんか~。今なら、下取りも高価格ですよ~」

私「ははは・・・、買い替えは無理だと思うから車検なんですけどぉ・・・」

それでも、若いセールスは諦めようとせず、勝手に新車の見積書を机の上に置き、乗り換えを勧めてきた。

いつの間に見積書を作成したんだ・・・。今日は商談しに来たんじゃなくて、車検なんですけどぉ・・・。

多少は後ろ髪をひかれつつも、当初の予定どおりに車検を取ることで一件落着。

Dsc_0002_2
無事に車検が終わり、愛車を引き取った。

帰宅後、奥さんに「実は車検に出した時に、またまた新車への買い換えを勧められちゃってさ~(笑)。でも、ちゃんと車検にしたから」と伝えた。

奥さん「当然っ!乗れるうちは乗るっ!」

新車のカタログをもらってきたことは伏せておいた霜月の晩rvcar

2016年11月14日 (月)

後光

東の空に特大の満月。

Dsc_0104
満月を愛でるには季節外れだけど、それにしてもデカっ。

ニュースによると、68年ぶりのスーパームーンだとか・・・。

こんなに大きな月を生きているうちに見られてよかった。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏・・・。

帰宅すると、我が家を見守るように背後から煌々と、そして燦々と月の光が照り付ける。これは何か良いことがあるかもぉ~♬まっ、後光が射してるのは我が家だけじゃないけどぉ~。

空気は冷え込んでいるけれど、暫くの間、月夜を堪能した。

Img_0003
いいもん見たなぁ~と思った一方で、間違いなく明朝は冷え込むだろうなぁ・・・と現実に戻った霜月の68年ぶりの夜fullmoon

2016年11月10日 (木)

思考回路

朝、外に出るのが辛かった・・・。

Img_0010
それでも、この程度で済んでくれてよかったけど、降り始めの時期だから渋滞するんだろうなぁ。

これからは毎朝、数十センチの積雪が乗っかってるんだろうなぁ。

ガソリンの消費も早いし、財布にとって優しくない時期になるよなぁ。

ネガティブなことばかりが頭の中を占める霜月の朝gasstation

2016年11月 9日 (水)

到来

天気予報・・・、見事に的中しました。

Img_0001
午前から徐々に降り始めた雪は衰えしらず。ますますのご清栄、何よりでございます・・・。

Img_0003
隣の車が紅白のツートンに。おめでたいことでございます・・・。

Img_0009
路面は今冬初のシャーベット状。タイヤ交換しといてよかったぁ・・・。

でも、ワイパーが雪を拭ききれない。運転に気を遣うため、肩も凝るぅ・・・。

いよいよ到来したかぁ・・・と覚悟を決めた霜月の水曜日snow

2016年11月 7日 (月)

日和

今朝、フェイスブックに投稿があった。それは長男だった。

親友に待望の第一子が生まれたことを我が事のように喜んでいた。

長男夫婦と親友夫婦は同級生で、4人とも20年来の友達同士だった。

結婚以来、子供を授かれなかった親友夫婦の苦悩を知っているから、我が事のように嬉しい様子。

友達の喜びを素直に喜べる人間になってくれてありがとう。

Dsc_0098_2
自分としては、けっこう嬉しかった霜月の日penguin

2016年11月 5日 (土)

水曜どうでしょう

週間天気予報に目を通した。

水曜日は最高気温4℃。最低気温に至っては0℃。

ついに雪が降る。確実に降る。間違いなく降る。

こうしちゃいられないと思い、長男に電話した。

私「もしもし、おはよー。俺だけど・・・。タイヤ交換した?」

長男「今からやろうと思ってるから、今からそっちに行く」

ほっ、良かったぁ~。俺も久しぶりに自分でやろーっと。

Img_0007
タイヤ交換の時期と愛車の点検時期が重なる、近年は一緒にタイヤ交換もお願いしていた。今年も15日に点検整備の予約を入れていたけれど、それまで雪は待ってはくれそうもない・・・。

長男は我が家の物置に冬タイヤを置いているため、毎年、我が家の庭でタイヤ交換を済ませている。そのタイミングに便乗して久しぶりにタイヤ交換を行おうという魂胆だ。

10年前は、タイヤ交換の仕方から教えたものだけど、その甲斐あって今は長男の方が手慣れたもの。

Img_0011
一方は私は、身体が動かない、タイヤが重い、お腹が邪魔の3点セット。久しぶりのタイヤ交換がこれほど難儀するとは・・・。

一緒にスタートしたのに、長男に負けたぁ。ちょっと無念。

まっ、仲良くタイヤ交換できたことだし、めでたし、めでたし・・・。

Img_0015
タイヤ交換が済み、空を見上げたら今日も弱々しい太陽。

週間天気予報どおりに雪が降るのか、はたまた降らないでくれるのか。最低限の準備だけは間に合った霜月の土曜日run

2016年11月 4日 (金)

一枚のハガキ

郵便ポストに一枚のハガキ。

Img_0006
差出人の名を見ると、いとこの名前。

今年7月に母親が亡くなったんだもんなぁ・・・。

そんな感慨とともに思ったのは、喪中ハガキが届く時期に入ったという焦り・・・。

無論、年賀状は未だに未購入。

今年は何枚買うべきかなぁ・・・。

デザインはどうしよっ・・・。

ところで、・・。

たしか、昔は7円とか10円だったよなぁ。昔のことはよく覚えてるって、ちょっとヤバくね?

さて、来年の干支ってなんだっけ?その前に、今年の干支は何だった?

ところで、夕べは何を食べたっけ?

関ケ原の戦いは西暦1600年で間違いないよな。

子供たちの生年月日は全部言えたっけ?

円周率って、3・14159265358979323846・・・でいいんだよな?

ところで、年賀状って一枚何円?

あぁ・・・。

一枚の喪中ハガキが自分から自信を奪っていく霜月の帰宅後mail

2016年11月 2日 (水)

more power

11月に突入し、朝晩の冷え込みが一層本格化し、いつ平地に雪が降ったとしても、けっして驚かない季節になった。

珍しく顔をみせた太陽だけど、一面の雲にさえぎられ、その存在感は遠慮気味・・・。

Img_0005
1時間後、雲が去るのを待っていたかのようにして精一杯の存在感をアピール。でも、弱々しく光るのが精いっぱい・・・。

Img_0006_2
お互いにもっと力があったらなぁ・・・と思う霜月の日cloud

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »