無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

年忘れ

公私とも良い年とはいえなかった2016年。

そんな一年だったけれど、泣いても笑っても今日が最終日。

Photo_2
今年一年間を振り返り、新しい年のことに思いを巡らしてみるけれど、せわしない大晦日では考えることが全て半端・・・。

このまま宴会に突入して一年の幕を引きそうな2016年大晦日wine

追伸ではございますが、皆様よいお年をお迎え下さいませ。

2016年12月29日 (木)

endless

次男が帰省したので、いつ新年を迎えてもいいとは思ったけれど、何かとせわしないのが年の瀬。

幸いにも少雪だし、このままのペースで正月を迎えたいと淡い期待を抱きつつも、貧乏人の性は悲しいものがある。

Img_0029
今日は特段することもなかったので、長女の部屋の大掃除に着手することにした。

以前から乱雑ぶりが気になっていたからだった。

嫁に行って今は使用していないとは言っても、このまま新年を迎えるわけにはいかない。

私「●●(長女)の部屋を掃除するっ」

奥さん「・・・」

本当は手伝ってほしいけれど、どうやら奥さんは忙しそうだ。

最初のうちは鼻息も荒く掃除を開始したけれど、小さい頃の写真や嫁入り前の写真が懐かしすぎて、掃除が捗るどころか終わらない・・・。

また明日も頑張らなきゃいけなくなった師走の29日chair

2016年12月28日 (水)

帰還

次男が帰省した。お盆に帰省できなかったから、1年ぶり・・・。

帰省を歓迎するように、今朝の津軽は冷え込んだけれど、なんだか心は温かい。

帰省手段は、我が家らしく高速バス(笑)。

あっ、これだー。お待ちしてましたぁー。

Dsc_0004
真っ赤なボディが心憎い~。雪の東北路を無事に次男を連れ帰ってくれてど~も~。

Dsc_0005
1年ぶりに津軽の地に足を下した次男。ん?髪切った?

Dsc_0006
やっと年を越す準備ができたような気がする師走の朝bus

2016年12月24日 (土)

代用品

日本全国、北から南までクリスマスイプ。

クリスマスケーキやチキンを囲んで団らんする姿が目に浮かぶ。

次男が帰省していない我が家は中年二人ぼっち。

まっ、そんなクリスマスが6~7年続いている我が家だから、クリスマスのメニューを用意することもなく、ツリーやイルミネーションも押入れの中で出番を失っていた。

買い物途中で、奥さんが「今夜はうどんにしよっか?」

近所の●亀製麺さんが今日から3日間、釜揚げうどん半額

クリスマス特別メニューも用意していないことだし、これを見逃す手はないという結論に当然のように至った。

ケーキ代わりの釜揚げうどん。どっちも白いし、丸い形だから・・・とコジツケてみた。

Photo
チキンの代わりは、かしわ天。三角のおいなりは、クリスマスツリーの代わり・・・。

Photo_2
こんなクリスマスもあっていいと思うことにした師走の聖夜xmas

2016年12月22日 (木)

ノスタルジー

駅前にある小さな菓子店は、昔からその場所にあった。

この店にあるポンポコ(左)とサバラン(右)。

シンプルで嫌いじゃなかった。

むしろ、中年の私の舌には合っていた。

Dsc03905
クリスマスには少し早いことなど承知の上で買ってみた師走の日cake

2016年12月19日 (月)

味よ~しの瓜、召され候へ~

一年間楽しませてもらった大河ドラマ「真田丸」。

「黙れ、小童!」

「大博打の始まりじぁ」

「各々、抜かりなく」                   

「塙団右衛門でござる」

そして、「ナレ死」

ファンにはたまらないフレーズばかり。

最終回でも「逃げ恥」を彷彿させる場面も(笑)

思い起こせば、やはり一年間は早かった。30日放送の総集編は見逃せないなぁ。

Img_0041
またまた大阪に行きたくなった師走の真田丸ロスの日tv

2016年12月18日 (日)

暮れのサ高住

十和田市内にあるサービス付き高齢者向け住宅。

要介護認定を受けた義父が入居している。

Photo
奥さんと二人で面会に行ってきた。

面会と言うには少しよそよそしいけれど、適当な単語が思いつかない。

間もなく年末年始が訪れるけれど、義父は新年の正月をここで迎えることになる。

自宅に戻りたいと一言も言わない。やっと、ここでの暮らしに慣れたのだろう。

その分だけ、俺たちが面会に来ようと思った師走の午後hospital

2016年12月15日 (木)

タイムスリップ

数日前のこと。高校時代に通っていた町に行ってみた。

駅前通りが廃れていた。この町に限ったことじゃないけれど、青春がますます遠いものに感じた・・・。Dsc_0007
木造平屋だった駅舎だけは立派になった。

Dsc_0003
駅正面にあるのは、遮光器土偶。

Dsc_0004
ご当地の亀ヶ岡遺跡から出土した遮光器土偶がドッカリと町を見下ろしていた。電車が近づくと、この細い目が光って、電車近し!をお知らせするらしい・・・。

そして、高校時代に毎日通っていた食堂。

Dsc_0006
ここだけは40年前と同じ。

この店で毎日のようにラーメンを食べてから帰宅したなぁ・・・。

Dsc_0005
入りたかったけど、時間の都合でこの日はパス。当時は毎日お世話になりました。今度ゆっくりと来ます。

40年の月日を経たにも関わらず、変わらない存在に安堵した師走のとある日sandclock

2016年12月11日 (日)

千秋楽

関東大学ラグビー対抗戦の今季全日程が終了した。

0005340
7位だった次男達のチームは今日の入替戦に臨んだ。

0005340_2
無事に勝利を収め、Aグループ残留を成し遂げた。

0005351
4年生の次男達にとっては、正真正銘の引退試合だったけれど、後輩達に来季もAグループで戦うための席を残してくれてありがとう。

1481377400602

そして、4年間にわたるキツイ部活動を最後までやり遂げてくれて本当にお疲れさま。

気の早い話だけれど、1年ぶりの帰省が今から待ち遠しい師走の節目の日bell

2016年12月 5日 (月)

ロス

プチ家出のスピンオフ話もあるにはあるんだけど、心の張りを失った昨今・・・。

Dsc03921
来年以降をどう過ごそうか・・・、そればかり考える師走の日pencil

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »