無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月31日 (月)

祭り直前

あす1日は青森ねぶた祭りの前夜祭。そして、2日からはねぶた運行。

津軽人にとっては待ち遠しい時期だし、この時期を楽しみに一年間を暮らしている人も少なくない。

当然のように私もねぶた祭りは待ち遠しいけれど、今年は事情が違っていた。

健康診断で引っかかった奥さんを伴って、先日、市民病院に連れて行った。検査入院というやつだった。

Photo
検査部位は消化器官だった。入院する奥さんが不安にならないように気をつけたつもりだったど、奥さんは案外と平静だった。むしろ、私のほうがビビリ気味だった。

Photo_2
内視鏡検査を終えた奥さんは、睡眠薬が効いているせいで眠り続けていた。

奥さんが病室で横たわっている姿は想像もしたことがなかったけれど、これも現実。冷静にうけとめないと・・・。

そして、奥さんは検査入院を終えて、いつも通りの生活に復帰した。

検査入院の結果が出るまでは、奥さんの言うことをよく聞いて、いつもよりもおとなしくしていようと思う、文月の祭り開幕直前hospital

2017年7月21日 (金)

ち~が~う~だ~ろ~

すでに夕方だというのに、まだまだ暑い。

Photo
愛車で外気温を確認したら、36℃。体温と同じかよ・・・。


地震や大雨に苦しむ人がいる中で、「このハゲ―――!」とか「バイアグラ100ml男っ!」とか、嫌な思いにさせられる話題が続く。

列島全体が暑いんだから、一服の清涼感がほしい文月の晩sun

2017年7月20日 (木)

三猿

愛車のブレーキから異音がでていたので、カーディーラーに電話した。

私「もしもし、ブレーキ辺りから異音がするので、ちょっと調べてほしいんですけど・・・」

営業担当「はい分かりました。土曜日の午後辺りでいかがでしょうかぁ?」

土曜日がやってきたので、のこのことディーラーに出掛けて行った。

カクカク、シカジカ・・・と症状を述べて、点検を依頼した。

営業マン「約1時間ぐらいで原因が分かると思います。どうぞ店内でコーヒーでも飲みながらお待ち下さい」

私「あっ、はい」

ちょうど新車発表会を行っていたことも手伝い、土曜日の店内には多くのお客さんが交渉中の様子。

店の外には試乗車と思われる新車、新車、新車・・・。

Photo_2

Photo
Chr
新車、いいなぁ・・・。

私の心を見透かしたように、営業マンが近寄ってくる。

営業マン「これ、いいでしょう。旧型に比べてココとソコとアソコが変わったんですよ~♪」

それぐらい知ってる・・・。

営業マン「最新型ですから、旧型に比べると燃費は相当良いですよ~🎶」

すみません、俺も愛車も旧型で・・・。

営業マン「今なら、●●さんのお車も高く下取りできますよぉ~♬」

高いと言ったって、たかが知れてるしぃ・・・。

営業マンは、あの手この手でセールストークを炸裂する。

まるで、新車をセースルするために1時間の点検時間を設定したかのよう・・・。

しかし、それも当然だ、彼の仕事だから。

でも、今の私に新車とは無縁の男。今日は修理に来ただけっ!

カタログぐらいは欲しいけど、これ以上の新車のことは「見ざる🙈」「聞かざる🙉」「言わざる🙊」。

後ろ髪をひかれつつ、1時間後にはカーディーラーを後にした文月の午後car

2017年7月14日 (金)

散水

高血圧を発症してから1年。食べたいものを控え、血圧測定と服薬が日課になった。

日頃の運動不足も手伝い、連日の猛暑が身体にキツーくのしかかる。

Img_00181
これだけ暑いんだから、さぞや木々も暑いだろうと思い、庭木に水をやった。

綺麗な青色を毎日見せてくれるお礼が散水で申し訳ないけど、共に猛暑を乗り切ろうと思う文月の夕方bud

2017年7月10日 (月)

徘徊

今夏最高の暑さかと思われた津軽。

夜になっても家の中の暑さが抜けきらない。

どうやら奥さんは今夏初のエアコンを稼働させたいらしい。

電気代をケチって、身体に負担がかかっては元も子もないと思い、稼働を許可した。

正確に言うと、稼働許可を下す前にスイッチを入れられてたー。

エアコンは確かに涼しいけれど、昔はエアコンなんてない生活だったんだよなぁー。確かに生活は便利になったんだけど、なんだかなぁ・・・。

稼働して暫く経つと確実に家の中が涼しくなった。さすがはエアコン様、仕事が早い・・・。

エアコンに負けたからというわけではないけれど、外の空気が吸うため家の外に出てみることにした。

私「俺、ちょっと外の空気にあたってくる」

奥さん「徘徊と間違われないようにぃー」

徘徊って言われたぁ・・・。

東の空には満月が煌々と・・・。

あらっ、以外と涼しいかも~♪

よーし、エアコンには再び休憩してもらって、窓を全開にしよっ。

Dsc04126
徘徊と間違われないよう、すぐに家の中に入った文月の57歳を迎えた日night

2017年7月 8日 (土)

7月の暮らし方

買い物に出掛けたら、今年も既にネブタ関連商品陳列されていた。

きっと、このお店に限らず、市内の殆どの店先でも関連グッズが販売されているんだろうなぁ、きっと。

浴衣、襷、鈴、足袋、草履、その他いろいろ・・・。

ネブタ囃子の音色といい、関連グッズの販売といい、これが青森の7月だもんなぁ。

毎年のこととは言え、気持ちが日々高揚するー。

Photo_2
祭本番に向けて、はやる気持ちを抑えつつ暮らす文月のこの頃cat

2017年7月 7日 (金)

18時の音色

居間の窓を明けると、毎晩、ネブタ囃子を練習する笛、太鼓の音色が聞こえる時期になった。

考えてみけば、ネブタ祭りまで一か月を切っていた・・・。

8
7
今年は祭りをあんまり楽しめないだろうなぁ・・・とは分かっていても、ネブタ囃子の音色に心が騒ぐ文月の夜night

2017年7月 3日 (月)

パスミス

突然、五所川原市の津軽金山焼(つがるかなやまやき)に出掛けてきた。

Img_0002

津軽金山焼は、溜池の底に沈んだ良質の泥を使って焼物にしたもの。窯が作られたのは約30年前と比較的新しい焼物だ。

しかし、五所川原市はもともと日本最北の須恵器の産地だったらしく、古墳時代から平安時代まで盛んに作られ各地に伝来されていたのだそうだ。

五所川原市で生まれ育っただけに、行こうと思えばいつでも行けた私だけれど、特に興味もなく、スルーを繰り返していた。

Img_0005
一個ぐらい持っててもいいなぁ。高価だけど・・・。

Img_0006
Img_0004
Img_0007
敷地内にはこんなオブジェも。

Img_0008
Img_0011_2
焼物体験コーナーもあった。作ってみたい気もしないわけじゃないけれど、ついついハマりそうだったので後ろ髪をひかれつつもパスした。

Img_0003
「せっかくのチャンスを自ら逃しやがってー」と笑われた気がする文月の日曜日bottle

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »