無料ブログはココログ

« クールダウン | トップページ | 津軽の゛もつけ〟 »

2018年8月 3日 (金)

チャンピオン

ついに開幕した『青森ねぶた祭2018』。

午後7時10分の運行開始を前にして、観客たちは各々腹ごしらえをする。沿道でネブタを観るのも腹がへるのだ。

自宅で作ったご馳走を持参する家族、スーパーやコンビニから買って来る人、沿道に立ち並ぶ夜店で現地調達する人。当然、真夏の暑さに加えて、ねぶた祭独特の熱気も加わるため、この時とばかりにビールを堪能する大人たちも多い。

Dsc04425
まだ明るさが残る中、ネブタに参加する者も、それを観る者も運行開始が待ちきれない。

そして、7時10分のスタートを待ち切れない運行団体がフライング気味にネブタ囃子の演奏を始める。

夕暮れの空に響き渡るネブタ囃子は、勇壮な反面で、短い津軽の夏をいっそう盛り立てる。そして、少し切ない・・・。

Dsc04427
8月2日と3日は大型ネブタ(企業や団体単位のネブタ)に混じって、子供ネブタ(町内会や学校単位のネブタ)も出陣するのだけれど、子供ネブタの運行が妙にほほえましくて、なんともイイ。

Dsc04441_3
Dsc04448

大型ネブタに比べると、ネブタ本体の規模は明らかに小さいけれど、子供ネブタは地域ごとの手作り感が満載で、町内会の一体感がいい。

「おっ、いよいよ大型ネブタかな」と見間違うほどのネブタが1台近づいてきた。

「あらっ、うちの町内会のネブタだー。今年の子供ネブタの中ではチャンピオンだな。ふふふ・・・」と不敵な笑いをかみ殺しながら、大型ネブタの登場を待った。

Dsc04432
いよいよ来ました、今年の大型ネブタがー。
Dsc04466
Dsc04493
あらかじめ出陣団体ごとのネブタ題材は予習済みだけれど、実際に明かりが灯ったネブタを観ると、その勇壮さと美しさは何物にも代えがたい。

Dsc04474
Dsc04513
Dsc04485
Dsc04481
Dsc04503
明日は久しぶりに一眼レフを持ち出そうと思う葉月の晩fuji

« クールダウン | トップページ | 津軽の゛もつけ〟 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1467405/73971162

この記事へのトラックバック一覧です: チャンピオン:

« クールダウン | トップページ | 津軽の゛もつけ〟 »